スウェーデン式 アイデア・ブック

  • 960人登録
  • 3.70評価
    • (84)
    • (123)
    • (168)
    • (11)
    • (4)
  • 133レビュー
  • ダイヤモンド社 (2005年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (90ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478760963

スウェーデン式 アイデア・ブックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発想力のトレーニングになりそう。
    しかも、かわいい。

  • 『アイデア・ブック』? 

    タイトルに惹かれて購入してみました。思考パターンやら、そんな安っぽいノウハウ物だったら、ヤダなぁと思いながら読み続けていくと、アイデアの元になるそうなネタのオンパレードで、飽きる間もなくあっという間に完読してしまいました。

    『とりあえず常識は疑ってみよう』っていうケーススタディが満載で、物事を他の視点からみることの重要性を教えてくれます。

    第二次世界大戦時、優秀なパイロットは、実はマニュアルに従うことを心地良く思わなかった人たちであり、結果的に予測不能な動きをすることで墜落のリスクが減っていた。

    とか、

    学生がハメを外して留置場に放り込まれても、かえって留置場で夜を明かすのはカッコいいと仲間に自慢するので後を絶たない状況に、あえてベビーフードを与えることで、一人前の大人として扱うのでなく、子供として扱うことで件数が激減した。

    など、

    ちょっと目線を変えることで、状況を大きく変えることのできた話が、多く紹介されています。少しだけ勇気をもって見方を変えるだけで、世の中まったく違って見えると痛感させられます。さらっと10分くらいで完読できるので、ちょと行き詰まったりしたときのために、書庫の手に届きやすいところに置いておきたいと思います。

  • 新たな視点を30個。

  • スウェーデン式かなあ?という疑問はありつつ、アイデアづくりの骨組みを分かりやすく解説した本。

  • 手元に置いて何度も見るのが吉。何かひねり出さなくちゃ!というときすぐにはあまり役立たないw

  • 天秤の問題が面白かった。あとは……まあ、よくある本。最小限のエッセンスだけを書いていて、余計なものがないのは好印象。

  • おすすめされてたので、特に期待せず読んだら意外とおもしろかった。忘れてる初心がいくつもあった。

  • 6年前から本棚に突っ込んでいた本を短時間でさらっと。針が全部見つかるまで探し続ける、人一倍多く考える、イライラのもとを見つける、子供にも分かるように説明する、暗黙の掟を破る、批判はアイデアを磨く。

  • ひととおり目を通した。
    でもこの本はただ読むだけのものでなく、ここに書いてあるアイデア発掘のステップをひとつひとつ踏む必要がある。
    読み終わった今、早くステップに進みたくてワクワクしています。

  • とてもとっつきやすく発想法について正しい事が書かれています。しかし残念ながら良書とは言えません。それはクリエイティブな分野の方にとってあまり新しい気づきを得られない内容だからではありません。他の方のレビューを見ていると皆さん判で押したように同じことを書かれています。それは皮肉にも著者がこの本で意図していることと明らかに反します。

全133件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

スウェーデン式 アイデア・ブックに関連する談話室の質問

スウェーデン式 アイデア・ブックを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スウェーデン式 アイデア・ブックを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スウェーデン式 アイデア・ブックを本棚に「積読」で登録しているひと

スウェーデン式 アイデア・ブックの作品紹介

北欧デザイン、ポップカルチャー、絵本…アイデアとセンスの国、スウェーデンからやってきた創造性を育む小さな本。

ツイートする