海のはてまで連れてって

  • 435人登録
  • 3.75評価
    • (49)
    • (65)
    • (78)
    • (9)
    • (1)
  • 44レビュー
制作 : Alex Shearer  金原 瑞人 
  • ダイヤモンド社 (2004年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478930526

海のはてまで連れてっての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アレックス・シアラーの本が好きなので読んでみました
    とても読みやすかったです☆
    夏に読みたくなるさわやかな一冊♪

  • ■書名

    書名:海のはてまで連れてって
    著者:アレックス・シアラー

    ■概要

    豪華客船で働いている父さんが、これを最後に船の仕事をやめるかも。
    ぼくと双子の弟クライヴは、父さんの船に忍び込んで、内緒で航海
    についていくことにした。思いきり笑えて、思いきり感動できる冒
    険の物語。
    (From amazon)

    ■感想

    原文が悪いのか、役が悪いのか分からないけど、とにかく文章が
    読みにくい。
    一つ一つの説明がくどすぎて、読んでいてイライラします。

    恐らく、弟の知能の遅れを強調するため、わざとやっているのだと
    思うのですが、加減というものがあると思います。

    ということで、文章がくどすぎて、船に乗り込んで少しで読むのを
    ギブアップしました。

    この方の他の作品では、こういう事は無かったので、この作品だけ
    わざとやっているのでしょう。

  • ネタバレもあるので、これから本書を読もうと思っている方は、よろしければまた後で感想記事を読んでくださいませ。



    アレックス・シアラーさんは一風変わった児童文学の作家さんだと私は認識しています。

    どこかうすら寒い怖いお話もあれば、華やかでキラキラしたお話もあるので、幅の広いお話を読むことができます。



    今回読んだ『海のはてまで連れてって』は、お母さんのいない双子の男の子がシチュワードをしているお父さんの船に密航して冒険をするお話です。

    3分の2までは、物語は単調なので、読むのに努力が必要だと思います。海外文学の特徴のひとつである例えの説明がとても多く、単調に感じる場面も多いです。



    しかし、その例えも文化の違いを感じたり、ユーモアを含ませたものであることがほとんどです。日本語になるとこの説明はいるのかな? と疑問に思う箇所もありますが、子供が主人公なので妄想も含んだ説明に冒険心が掻き立てられるのではと思います。



    どんな手段を使って豪華客船に子供だけでじょうせんするのでしょうか?

    毎日の歯磨きや身支度はどうするのでしょうか?

    寝るところはどうするのでしょうか?

    ごはんはどうやって食べるのか?

    おやつは?

    喉が乾いたらどうするの?

    毎日どうやって遊ぶの?

    お父さんに見つかったらどうするの?



    疑問点がいっぱいですが、心配ご無用。

    二人で知恵を使って全てクリアしていきます。

    また、どうして密航しようと思ったのかの理由も実に微笑ましく、本気で怒ることができません。



    豪華客船という現実離れした娯楽施設の中の生活描写や、そこで働くお父さんたちの姿、飲み物や食べ物が食べ放題のシステムなど、普段触れられない世界も楽しいしポイントだと思います。



    そしてなんと、後半には驚きの展開が待ち受けているのです。双子の男の子の大活躍にはらはらドキドキの展開に最後は本を読む手を止めることは不可能でしょう。



    子供が読めば、めくるめく冒険が楽しくて仕方ない一冊ですが、大人が読めばこんなに危ないことをしてと心配で仕方なくなったり、小さい頃夢に見た冒険だと心躍らせることでしょう。



    驚きの程度は普通で、アレックス・シアラーさんの著書にしては真っ当な冒険小説だと感じました。

    とても面白いものがたくさんあるので、機会がありましたら、アレックス・シアラーさんの著書をぜひ読んでみてくださいね。

  • 双子の兄弟の冒険話。お父さんと離れたくない…その一心で豪華客船へ。双子の勇気と兄が弟を貶す文章が最高に面白い!!

  • 本棚さぐってたら出てきたからまたいずれ

  •  爽やかでそれでいて人間的な温もりが感じられる冒険小説です。家族の絆を題材にしている作品は個人的には好きですね。

     登場人物は、父さんとふたごの兄弟の3人が中心です。母さんは兄弟が小さい頃に亡くなっていて、男3人の家族です。それでいて汗臭くなく爽やかなのは、父さんの背筋をピンと伸ばした姿勢のおかげでしょう。父さんは豪華客船で働いていて、シニア・スチュワードとして一等船室客向けにサービスを提供する仕事をしています。高級ホテルのホテルマンのように、品位溢れる態度で周囲に接します。

     小説の舞台は、父さんの働いている豪華客船です。長期の航海の時にはいつもおばあちゃんの家に預けられて寂しい思いをしている二人の兄弟が、父さんと一緒にいたいという真っ直ぐな思いから、豪華客船に忍び込もうと計画します。豪華客船で繰り広げられるエキサイティングな雰囲気に、たちまち惹きこまれます。

     ふたごの兄弟の兄の方が主人公のぼくで、ちょっと変わっている弟との掛け合いがまた微笑ましくていい味を出しています。男の兄弟って、いつもはお前はここが悪いと駄目だししてケンカばかりしているけど、いざとなった時はチカラを合わせて協力し合うのです。

     この小説で全体を通して伝わってくるのが、兄弟の父さんへの尊敬の念です。「仕事をしている父さんはめちゃくちゃかっこいい」と主人公のぼくがつぶやきます。子どもに働いている姿を見せるって、子どもにとっても親にとってもいいことだと感じました。

     兄弟で家族でチカラを合わせて壁を乗り越えてゆく、現実の人生もまさに同じです。それには、家族同士の信頼感が必要です。信頼し合える家族を築くことって、何気ないようでもしかするとすごい貴重なことかもしれません。

  • 主人公の名前が出てこなかったところが不思議だった。
    いくらなんでも『ぼく』も、クライヴをいじめ過ぎなんじゃないか?
    お父さんに密航していることがバレた時も
    クライヴにしか怒っていなかったし
    さすがにかわいそうだと思った。けど・・・
    性格はちょっと問題かも!?   
    密航するなんて考える2人も”やるときはやる”というか、
    こわいもの知らずのところがすごい!
    クライヴはさきに生まれてても結局性格は変わってなかった(^_^

  • シアラーの作品は大好きですが、これが一番好きかも。
    豪華客船で働く父親のそばにいたくて、密航するふたご。

    バレないように大人をだしぬき(欺く、というようなタチの悪いのじゃないのがいい)ちゃっかり豪華客船ライフを満喫しちゃう。
    でも、そういう冒険に事件はつきもの。
    どうなるふたご!父親にバレてしまうのか?

    とまあ、子どもが喜ぶ要素がぎっちり。
    でも大人が読んだってわくわくするし、家族愛にほろりとするし。
    読めば元気になれること間違いなし!

    画像は本の帯がないけど、帯こみでおしゃれな装丁ですよー

  • ドキドキ!

  • とってもおもしろかった。アレックス・シアラーの本、一気読みの5冊目だけど、今のところこれが私の中で1位。読んでいる間の感覚は「魔法があるなら」に似た感じでした。双子の弟の「クライヴ」にイライラしながら、みつからないかとドキドキして。でも読後感はずいぶん違うかな。 児童文学では重要な「行って帰ってきて成長している」ってところが、本当によくでていて、いい作品だと思いました。子供が面白がる要素も満載で、うちの息子(小5)も2時間くらいで一気に読んじゃいました。オチも面白かった。ダジャレが多いので、原作がどんな表現をしているのかも気になりました。いつか読んでみたい。

全44件中 1 - 10件を表示

アレックス・シアラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
アレックス・シア...
瀬尾 まいこ
アレックス シア...
ジェリー・スピネ...
ZOO
乙一
アレックス・シア...
アレックス シア...
森 絵都
瀬尾 まいこ
劇団ひとり
アレックス・シア...
有効な右矢印 無効な右矢印

海のはてまで連れてってに関連する談話室の質問

海のはてまで連れてってを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海のはてまで連れてってを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海のはてまで連れてってを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする