株価操縦

  • 33人登録
  • 3.23評価
    • (3)
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 相場英雄
  • ダイヤモンド社 (2006年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478930779

株価操縦の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もう少しシンプルな方がいいと思う。
    プロレスをストーリーに入れているけど意味があるかな。
    自分はプロレスファンだから中途半端に入れて欲しくない。

  • 著者の得意分野である経済小説。ネットを利用した詐欺など身近で起こりそうな犯罪がリアリティがあり読み応えがあった。小難しい話だけにならないようプロレスラーの登場人物やプロレス団体をエッセンスとしてくわえられており、興味深く読むことができた。

  • 登場人物出しすぎ
    話は面白いがちょっとだけだらだらする感じ

  • 会社経営に欠かせない存在となっている“株”を
    もし悪用したらどうなるのか。
    電車に乗る時に使うICカード(ICOCAやPITAPA)から
    情報を引き出せたとしたら、悪用したら…

    現代社会のあちこちに見られる
    他人の意見に翻弄される、マスコミを含む人々と
    個人情報に対する認識の甘さに痛烈な批判を浴びせている一冊

    経済ジャーナリストの作者による、
    証券取引所の混乱などの描写がとても面白く、
    知らない世界をのぞき見ることができる。

    だが一方で、数名の人物描写や犯行動機が不明な点が心に引っ掛かり、
    読んだ後に、釈然としない思いを与えられることもまた事実な一冊

    変わった推理小説が読みたい人にお勧め。

  • 仕手筋の暗躍、風説の流布。巨万の富に群がる違法なる仕手戦の舞台裏に迫る金融犯罪小説。

全6件中 1 - 6件を表示

相場英雄の作品

株価操縦はこんな本です

株価操縦のKindle版

ツイートする