ロドマニア伝説―シカゴブルズたちの勝利への軌跡と証言

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 梅田香子
  • ダイヤモンド社 (1997年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478960578

ロドマニア伝説―シカゴブルズたちの勝利への軌跡と証言の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第1章 デニス・ロッドマン

    「MVPはマイケルでいいんだよ。涙を流していたマイケルのことをオレは今日、心からいとおしいと思った。セクシャル・ディザイア(性的欲望)と呼べるものだったのかもしれない」

    第2章 マドンナ

    「今までデートした黒人で、私にたいしてこんなに無遠慮なことをした人はいないわ」

    第3章 マイケル・ジョーダン

    「ロッドマンとバックス・バニーのどちらがチームメイトとして楽かって?・・・・・・バックス・バニーだね」

    第4章 トニー・クーコッチ

    「けっこう気があうんだ。僕もあんあふうに髪を染めてみようかな・・・・・・なんてね」

    第5章 デビッド・ロビンソン

    「ロッドマンがいたときのうちはまるで動物園だった。これで元のとおりのバスケットボールチームに戻ることができる」

    第6章 フィル・ジャクソン

    「デニスは試合前シャワーを浴びてからタオルを頭にターバンのように巻いて瞑想のポーズに入る。それは私が今までに見た誰よりも熱心な姿で、そうやって彼はよりハードなプレイへと気持ちを高めていくのだろう」

    第7章 ロン・ハーパー

    「デニスは去年だってオールスターゲームに出るに値する活躍をしていたし、今年だって当然出場すべき選手だよ。ヤツは素晴らしいバスケットボール・プレイヤーだ。でも、リーグの上層部は頭が腐った人間ばかりだからな」

    第8章 ビル・クリントン大統領

    「私はデニス・ロッドマンのファンだ。それだけに彼を尊敬している子供たちのためにも非を認めて、新たな気持ちでこれからも頑張ってもらいたい」

    第9章 スコッティー・ピッペン

    「たぶんマイケルも同じ意見だろうけれど、僕はもう試合中に審判の笛が鳴るたびにデニスの居場所を確認したり、デニスのリアクションを心配するのには疲れてしまっているんだ。僕はデニス・ロッドマンのベビーシッターをやるつもりはない」

    第10章 デニス・ロッドマン

    レフリーもNBAも地獄に落ちろ。スターンはオレのやることは気にくわないだろうが、ヤツがどう思ってもオレは気にしない。

    あとがき

  • シカゴブルズが強かった

    1995-1996シーズンと

    1996-1997シーズンが

    ロッドマンの行動を軸に書かれています。

    ブルズ2回目のスリーピートを見てる人なら

    読んでみる価値はあると思いますよ。

    裏話が満載だから

    純粋に読んでて楽しかったです。

    ロッドマンって

    奇抜だけど

    凄く繊細なんだなぁって

    思いました。

    ホワイトハウスに

    何を着ていけばいいの?

    なんて、監督に聞くところなんて

    なんかいいですよね。

    あのロッドマンが

    聞いてるシーンを思い浮かべるだけで

    笑っちゃいます。

    フィルジャクソン

    マイケルジョーダン

    スッコッティーピッペン

    クーコッチ

    などのブルズの面々から

    過去に関係のあった

    マドンナ

    ライバルの

    マローン

    バークレー

    パットライリー

    敵の

    デビットロビンソン

    など

    少しNBAにくわしくないと分からないかな

    ・アンソニーメイソン

    この人が分かれば

    読んでみても良いと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

梅田香子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ロドマニア伝説―シカゴブルズたちの勝利への軌跡と証言を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロドマニア伝説―シカゴブルズたちの勝利への軌跡と証言を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロドマニア伝説―シカゴブルズたちの勝利への軌跡と証言を本棚に「積読」で登録しているひと

ロドマニア伝説―シカゴブルズたちの勝利への軌跡と証言はこんな本です

ツイートする