やればできるんよ

  • 15人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 山廣康子
  • ダイヤモンド社 (2005年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478970591

やればできるんよの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平成17年に同僚から借りて読んだ本。

  • 荒んだ高校のモラルをあるレベルまで引き上げた校長の奮闘記。
    これを読むと、教師の怠慢さや、親の怠慢さ故に、子供が荒れる・・・という構図を思い知らされる。それと荒れる理由の一つに、あれる本人が、他人から認められないという思いが重なるのを見る。人間、社会性があるわけで、やはり社会や学校で本人を認めてあげる・・・そういう教育ができる土壌をつくるべきなのだろう。

  • 2007/3/17

  • 荒れた高校に赴任した新任女性教頭(のちに校長へ)の学校改革を自身が振り返った本(2007.2.27)

  • 16/100
    母校の国語の先生が、母校の次に教頭として赴任した高校での「実録スクールウォーズ」。熱心な良い先生だった。

  • トイレ掃除によって学校改革をした事例。女性管理職になったばかりの女性教頭による学校改革記。主題は現状の体制に甘んじている教員への強烈な批判だと思います。教員必見。

全6件中 1 - 6件を表示

やればできるんよの作品紹介

平成のスクールウォーズ!荒れ果てていた高校を再生させた熱血女性教諭の汗と涙の記録。

ツイートする