グダグダの種

  • 72人登録
  • 3.26評価
    • (3)
    • (7)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 阿川佐和子
  • 大和書房 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479011958

グダグダの種の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりの阿川さん。
    相変わらず、面白い。
    値引き交渉してる姿とか、ね。
    想像するだけで笑えてくる。

  • 阿川さんのエッセイは、外れがないですなあ。中でも、食べ物についてのエッセイが特に良い!と感じるのは、私の食い意地が張ってるからやろうかねえ。チコリ、エンダイブ、アンディーブについて、しらべてみたくなった!

  • 面白いー

  • ご自身の人生を自虐的に表現するあたりに好感が持てる。また人生の先輩から楽しく学べるエッセイ。才女。

  •  いつもながら面白くて、読みやすい。

  • 飄々とした文体で気軽に読めるが
    後に残るものもないかな。

    【図書館・初読・2/26読了】

  • 何を隠そう、俺はエッセイが好きである。
    『ちびまる子ちゃん』は見たこと無いけど、さくらももこのエッセイはすべて読んでいる。
    …とまぁ、そのくらいエッセイが好きな訳である。
    基本、1つの話が短いし、笑えるし、書いている人の意外な一面が見れるし。

    そして、今回の阿川佐和子のエッセイも最高だった。
    俺が阿川佐和子と同じ時代を生きていたら、惚れてたと思う。
    でも、実際の阿川佐和子の未婚って状態をみると、さくらももこの離婚といい…、俺が気に入る女の人は社会的にはちょっと寂しい方々かもしれない…。

    とりあえず、54歳という年にしては若いと思うし、エッセイを読んだ限りでは憧れるような生活をしている。
    俺もいつかエッセイ集とか出せるくらいの人になりたいものである。

  • 誰でも書けそうで、実は難しいのがエッセイ。
    初っ端の「音痴な感動」でKOされました。佐和子さんでなければ書けないエッセイ集です。

全9件中 1 - 9件を表示

阿川佐和子の作品

グダグダの種を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グダグダの種を本棚に「積読」で登録しているひと

グダグダの種はこんな本です

グダグダの種の文庫

グダグダの種のKindle版

ツイートする