個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)

  • 126人登録
  • 3.38評価
    • (5)
    • (13)
    • (17)
    • (7)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 三田紀房
  • 大和書房 (2009年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479302490

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近の個性重視の考え方と対極にある考え方のように書かれているが、決してそうではない。
    当たり前のことができることも個性であり、個性という考え方を違った目線で語っている。
    学ぶはまねることであることを考えると型にはまる事は自然と受け入れられる。
    一読の価値はあると思います

  • タイトルの「個性を捨てろ!型にはまれ!」を自身の漫画家としての経験、知識でもって力説されている本でした。
    漫画家としての経験から漫画のアイディアはコピーから作り出す「アイディア=A+B」、漫画雑誌の空席を見つ出し、新しい型を探すなど納得できる部分が多かった。
    少しキツめの文章で鬱陶しさを感じる。

  • 著者の"「ここ一番」に強くなれ!"が面白かったので買ってみたが、、
    型が大事なのは分かったが、それができれば苦労しないのでは?という内容に終始。具体性に欠くと思った。
    著者らしく、随所にちりばめられた鮮烈な表現は面白く読めたが、「ここ一番」程の共感は得られなかった。残念。

  • 乱暴なタイトルなようですが、当たり前のことや先人の知恵をなぞってようやく、個性を輝かせることが出来るのです。

  • よく共感できる。
    才能がないやつほど、自分の秘められた才能を信じている。あほだよね。
    真のオリジナルになれる人なんていない。その通り。
    ダメな上司の下になったら、それを反面教師にすればよい。こういう人の元でしか学べない型を学べる。
    型はフレームワークと同じだから、思考とも同じ。

  • 読書備忘録

    ・個性も才能もいらない
    →ただ、用意された型にはまればいい
    →型があってこそ、「型破り」になれる

    ・本当の個性は他人と同じことをやっていく中でこそ明らかになってくるもの

    ・「普通」ほど難しいものは無い

    ・アイデア=A+B

    ・仕事=「他人の需要に応えるもの」

  • 「ドラゴン桜」「エンゼルバンク」などで好きな漫画家である三田紀房の著書。
    「ドラゴン桜」の桜木並みに生き方の真理をスバッと言い抜くので、本当に気持ち良い。
    とにかくドッグイヤーばかりが出来た本なのだが、結局、著者が言いたかったのは、本の題名の如く、最初は個性や才能なんて捨てしまい、成功するための「型」にハマれ!と言い放っている。
    確かに。ノーベル賞を受賞した利根川進先生もこうおっしゃっていた。
    「創造と模倣は異なる。しかし、創造は模倣からはじまる。」
    成功の型を知り、他人からパクってそれを応用する。
    元来、日本人はそれを実践してきたじゃないか。漢字などの文化然り、ラーメンやカレーなどの食事然り。
    俺もそれを今後意識して生きていこう。それを教えられた名著だった。

  • ドラゴン桜の作者の書いた本。

    心に残った文章を書き留めておく

    ・合格点が取れる70点の仕事をコンスタントにこなす

    ・どこかを修正することで消えてしまう個性なんて所詮その程度の個性

    ・自分だけのつまらない「こだわり」を捨てて、周囲の意見を柔軟に取り入れることができるか。他人の目は自分を輝かせてくれる光り

    ・いいチームはそれぞれのメンバーが適材適所で配置されている

    ・第三者からの提案に柔軟に対応するだけの適応能力を示すことでこそ、その人の実力が如実にあらわれる。

    ・島国根性を磨け!


    就活生である自分には大変響く言葉が多かった。
    自身の強みである、他者の意見を柔軟に取り入れる力を伸ばしていきたいと思った。

  • 本の内容を要約すればタイトルの通り、個性的ではなく型にはまることを進める本。ただ、個性は不要というのではなく、基礎もなく最初から個性を求めることが愚かだと語っています。

    また、著者が漫画家の視点から語っている点も興味深く面白いです。

    「守・破・離」の考え方にも納得。この言葉を意識してはいませんでしたが、自分自身イラストを描くようにするために、まずは模写からはじめました。描き続けることでいつの間にか画風がかわり・・・。離の域までは達せてませんが、物事すべてこの流れなんだろうなと感じます。

    ただ今の自分の仕事で、生活で、この考え方に基づいて、型を見つけられているかどうか。日常過ぎて、普通に流れに乗ってしまい、見つけられていません。まずは型を探すところからはじめます。

  • 確かに型は重要。「守破離」の考え方は何事にも通じると思う。が、守をゴールと錯覚させるような教え方が世の中にはびこっている気がする。

全13件中 1 - 10件を表示

三田紀房の作品

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)の作品紹介

世の中には、成功するための『型』がある!社会現象を巻き起こした東大合格請負漫画『ドラゴン桜』の著者が教える人生必勝の鉄則。これが人生を変えるプラチナチケットだ。

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)はこんな本です

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)の単行本(ソフトカバー)

個性を捨てろ! 型にはまれ! (だいわ文庫)のKindle版

ツイートする