インナーマザー ~あなたを責めつづける心の中の「お母さん」~ (だいわ文庫)

  • 73人登録
  • 4.10評価
    • (8)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 斎藤学
  • 大和書房 (2012年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479303763

インナーマザー ~あなたを責めつづける心の中の「お母さん」~ (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもを持つ前に出会えてよかったと思う本。自分の母親に読ませてやりたい。親と子はそれぞれ個人。家族の要は夫婦の絆。結婚観とか子育て観とか、曖昧にあったけどこの本読んで「それでいいんだよ」と確立された感じ。
    本当、すべての母親が読めば、不幸は少しでも防げるのではないのか、と思う。でも、それでも難しいのが家族なんだろな、と思う。

  • 一時期、この手の家族問題絡みの本ばかり読んでいたことがある。
    ACの概念もインナーチャイルドの概念もそこで知った。自分がどうやらACであるらしきこともわかった。
    私の中にも強烈なインナーマザーがいる。いつもいつも私を批判しダメだしする。私を認めない。肯定しない。
    昔はそれがインナーマザーだと知らなかったのでとても苦しかった。今は知っているけど、それでもその声を聞かないでいるのはとても難しい。
    いまだに「世界は敵だらけだ」とどこかで思っているし、「人間は信用できない」と思うことをやめられないでいる。
    そういうことを、ずっと考えていると苦しいので見ないふりをしていたのだが、久しぶりにこのジャンルの本に手を出してしまって、またぶり返してしまった。
    それでも、わかってやっているのとわからないまま苦しむのでは前者の方がまだ楽なのだ。
    結局どうにもできないままここまで来てしまったなあ、としみじみ思う。

  • 星5つ!
    子育てに悩んでいても、悩んでいなくても読んで欲しい
    全ての親、必読の本

  •  心理学の本を読んでいると、(よくあることなのですが)自分に当てはまることが多く感じます。本書は、母親の支配から抜け出せない心理を説いたものですが、自分のアダルト・チルドレン性を強く認識しました。解決法もいくつか書いてあったので、参考にしたいと思います。

  • 人の心理は複雑だ。
    親子はゆるく繋がった状態で切り分けて生きるのがいちばん生きやすいのかなと思った。
    good enough mother。人格に矛盾のないほどほどに良い親になりたいなぁ。ハハハ。
    2017/03/07読了

  • そのことで苦しんでる自覚のある人みんなに読んで欲しい。

  • 2012年3月31日購入。
    2013年2月2日読了。

全8件中 1 - 8件を表示

斎藤学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
フランツ・カフカ
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

インナーマザー ~あなたを責めつづける心の中の「お母さん」~ (だいわ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インナーマザー ~あなたを責めつづける心の中の「お母さん」~ (だいわ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

インナーマザー ~あなたを責めつづける心の中の「お母さん」~ (だいわ文庫)はこんな本です

ツイートする