「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)

  • 212人登録
  • 3.40評価
    • (4)
    • (16)
    • (20)
    • (4)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 和田秀樹
  • 大和書房 (2014年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479304630

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分では動けない方だとは思っていないが、あれこれ考えてしまう方だ。あれこれ考えて、うまくいかない時が多いので、読んでみた。
    なるほどなぁと思うところがあった。自己流で動くことが多いが、「マネをする」ということも重要だということに気が付かされた。うまくいった人のまねをしてみよう。(蔵書)

  • この本読んだことある。たぶん昔買って読んでbookoffに売った。4年は前だろう。ずいぶん昔から私は同じことに悩んでるんだなw
    心に残ったところだけ

    ・考えるのをやめる
     →「でも考えるのをやめるなんてできっこない…」という自分がいる。これも完全主義の別形態。別に完璧にやめなくてもいい。とりあえずやめる。
    ・まとまった時間を作ろうと思わない。とにかくやる
    ・自分の立てたスケジュールに押しつぶされるなんてばかばかしい
    ・よく寝る
    ・楽しい時間を優先
    ・苦手なことでは勝負しない。勝てる土俵で競争する(笑った)
    ・その行動がもたらす結果は考えないでアクションする。そういうのを1日1つやる。
    ・選択しなければ次に進めない。だったら悩んでいるよりさっさと決めればいい

    書いていて私はとにかく「でもそんなの完璧にできそうにない。きっと失敗してしまう」と心が言っていることに気付く。もうそれこそが完全主義。ばかばかしい。できたときはできたでいいし、できなかったら次でいい。

  • 仕事のために読んだ本。
    同著者の『先延ばしをやめる本』と読むと、より心に浸透する効果がある気がしている。
    会社員であれ、自営業であれ、意識を変えたいときに読むといい本。
    特に、資格試験のコツは為になった。
    精神科医だからこその説得力があります。

  • 動くとにかく動く!

  • 2016.11.14

  • 優しい文章でさらっと読めました
    以下気に入ったキーワード
    ・「完全」はない。「安全」なら、動く
    ・何はともあれ、まず動く
    ・得意なところから頑張る
    ・甘え上手は、トクである
    ・コマ時間でも積もれば山となる
    ・マニュアルが実行できなければ改善する
    ・本当に自分だけ浮いていたっていい
    ・優秀な人ほど人のマネをする
    ・何かを選択すればゴールに近づく
    ・一番大きな差は0と1

  • うーん、いいはずの、お、い、い、う。え、あた。あ、いお、あ、ぁ、ういう、い、いいいはずのあい、ああ!!うーん、ぁイアがあ、伊、あぁあ、、えあ、う、伊あ、イアがぁあ、う、伊あ、うーん、伊ーあ、、イアがぁあ、う、伊あ、ぁあ、う、伊ぁう、伊あ、イアがあ、ぁあ、う、伊伊ーあ、あ、イアがあ、ぁあ、う、伊え、イアが伊ーイアがあ

  • すごく興味ある題名ですね!

    私は、和田秀樹さんの本が大好きです。
    確実にやる気が出てモチベーションがアップします。
    しかも、効率の良さを身につけたい方にはとてもオススメです。

    私の息子(高1)は、この著者の別の本『「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣』(題名がそっくり(笑))という本を読んで、効率の良さを心がけるようになりました。
    なので、学生さんにも、とても良い本だと思います

    息子は、ブログでも紹介させていただいてるのですが、
    youtubeに動画をアップしている「ピアノ大好き星人」です。
    しかも高校が進学校なので、勉強も手を抜けません。
    若者らしく(?)ゲームもしたいし、友達と遊びもしたい。

    彼の一番の関心事項は、
    どれだけ効率よく物事をこなし、
    ピアノを弾く時間を多く捻出するか、ということです。

    youtubeでは人気者になりたいらしく(笑)、演奏の向上に余念がありません。最近は作曲もしています。

    和田さんの本を読んで、彼なりに、ものすごく効率的な時間の使い方をしています。

    苦手なことに時間をかけすぎない、とか、
    勉強は通学の電車の中で出来ることを終わらせて、
    朝早く学校に行って集中して勉強をし、家ではあまりやらない、とか。

    著者のプロフィールが息子に火をつけたようです。

    著者の和田秀樹さんは、
    本業は精神科医、お医者さんで、東大医学部を出ておられます。
    若い時から映画が大好きで、映画監督をやりたいという夢も持っていたそうです。

    ですから、どれだけ効率よく受験勉強をして、
    映画をたくさん見るか、という工夫をたくさんして実績をあげたそうです。
    勉強法についての著書も多く出されています。

    その後、執筆活動、本業のお医者さん、塾の経営など充分忙しい中、47歳の時、初めての映画を撮ったそう。
    しかも一億円以上の自腹を切ってやったとのこと。

    この方の効率の良い時間の使い方は、
    本当に折り紙付きですね。

    目次は
    ●習慣1.とにかく動く
    ●習慣2。できることだけ、やる
    ●習慣3.他人に頼る
    ●習慣4.計画しない
    ●習慣5.休む
    ●習慣6.失敗してみる
    ●習慣7.感情にしたがう
    ●習慣8.マネする
    ●習慣9.法則を見つける

    本の中にはイラストも多く、楽しく分かりやすく書かれています。

    おわりに、にあるように、全部やらなければいけない気にならず、「1つでも2つでも」試せることがあればいいのです。

    いちばん大きな差は0と1。

    なんでもそうですよね。

    全くやらないより、
    一でもやったら何かが変わるのです。

    何よりも大事なのは、
    意識して過ごす、ことではないでしょうか。
    漠然と過ごさず意識的に過ごすことが大切だと思います。

    モチベーションがアップする楽しい本です。

  • 思い立ったら即行動、ができてなくて悩む今日この頃。

    ふらっと立ち寄った本屋で本書を見つけ、何となく買ってみました。

    読み終えて思ったのが、私はただひたすら「考えすぎ」なんだろうなということ。前までは、もっとシンプルに「とりあえずやってみよう!」と思っていたことが、ここにきてひよってるんだなと思いました。

    そんなきっかけをつかめる本です。読みやすいので皆さんも如何?

  • 悩むんだったら行動したもの勝ち。

全13件中 1 - 10件を表示

和田秀樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
佐々木 圭一
古川 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)を本棚に登録しているひと

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)の作品紹介

小さな悩みに、大きくふりまわされていませんか?仕事、恋愛、人間関係…ほんのちょっとの「一歩」で、驚くほど変わる!こころにたまったストレスがスーッと消える毎日の習慣。

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)はこんな本です

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)のKindle版

「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣 (だいわ文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする