暮らしの中にある日本の伝統色 (ビジュアルだいわ文庫)

  • 82人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 大和書房 (2014年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479305149

暮らしの中にある日本の伝統色 (ビジュアルだいわ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わったときにはきっと、
    周りの色が今までと違って見えるはずです。

  • 鮮やかな写真が綺麗。写真を眺めるだけでも楽しい。

  • 源氏物語や枕草子など古典を読む時の座右の書。色が浮かばないと情景も浮かびにくい。日本の色は美しい。

  • 美しい色見本と写真に惹かれて購入。
    伝統色の種類がこんなにも存在していた事に驚き。
    「甕覗」という名前の由来の粋。
    在原業平の詠んだ「韓紅」のあざやかさ。
    それぞれの色の由来や、微妙な色彩の違いを捉えていた昔の人の感性の鋭さ・豊かさに敬服。

  • それぞれの色に関する写真が見開きに1枚以上載っていて、目にも楽しい一冊。

  • こんなに色があることを知らなかった。何より色の名前がそれぞれ素敵だなあと思った。名前に色の名称をつける人の気持ちがわかる。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

暮らしの中にある日本の伝統色 (ビジュアルだいわ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暮らしの中にある日本の伝統色 (ビジュアルだいわ文庫)の作品紹介

一般の人にも許された「一斤染」、紫の上も着ていた「山吹色」、歌舞伎の定式幕に使われる「萌黄」、縁起のよさに好まれた「千歳茶」。日本人の美意識が詰まった173色。

ツイートする