99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)

  • 8人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉沢久子
  • 大和書房 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479306290

99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 89歳の母が転んで腕を骨折して意気消沈しているから、この本を買って読ませました。
    そして私も読んでみました。

    なんてポジティヴで生き生きとした感覚の持ち主なんでしょう。
    99歳でこの気持ちでいられることがうらやましいです。

    母はネガティブ、私はどちらかというとポジティヴかなぁ。

    読んでいて一つ思い出したことがありました。

    著者さんが、下着だけは毎日その日の夜に手洗いしている、汚れ物を残して、夜中に死んだら恥ずかしいからと。

    昔息子がバイクで信号を渡ったとたん、路地からチャリで飛び出してきたおばあさんとぶつかった事故。
    日を変えて蒲田署に出かけたとき、担当してくれたお巡りさん、白バイに乗っている方みたいでしたが、
    「あのおばあさんはしっかり叱っておいたから。
    僕はね、白バイで出動するときは必ず新しい下着を着けていくんだよ。」
    著者さんと違う意味ではありますが、どちらも命を考えていらっしゃること。
    息子にもしっかり覚悟を持ちなさいと教えてくれたのでしょう。
    そんなことを思い出しました。

    私も自分がこの年になってわかったこといっぱいあります。
    去年まではわからなかったことです。
    毎年毎年、毎日毎日新しい発見があるということですね。
    この方も素敵な感覚の持ち主ですが、さらにお姑さんがまた素晴らしい!!

    同じようにはできないけど、気持ちは真似したいです。

    母も戦中派ですから、いろんな経験もしていつも話すのは「食料がなくなったら私はすぐに餓死するだろうけど、お母さんは草花や虫(イナゴとか蜂の子とか)食べられるものをよく知ってるから長生きするかもねぇ」って(笑)
    やはり昔の人の知恵はすごいと思います。
    便利な世の中で生きてきたものは、いざというときは弱いだろうなぁ・・としみじみ思いました。

  • 人生の先輩の一言一言には説得力がある。幸せには近道はないが、結局のところ自分の気持ち、考え方次第なのだと思い知らされる。自分らしい長生きとは何か、そのための方法論のヒントがある。

全2件中 1 - 2件を表示

吉沢久子の作品

99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)を本棚に登録しているひと

99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

99歳、いくつになっても いまがいちばん幸せ(だいわ文庫 D 340-1)はこんな本です

ツイートする