知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4)

  • 93人登録
  • 3.47評価
    • (1)
    • (10)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 外山滋比古
  • 大和書房 (2017年2月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479306368

知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やはり外山さんはいい。

  • やはり、凄い本でした。気持ちいいです。

  • 楽をせず新しいことに挑戦することがアンチエイジングにつながる。人に奢って社交を楽しむ、いろいろな分野の人と勉強会を立ち上げる、などなど。いろんなもの(時間、労力、お金)を出し惜しみ(節約)しないことで自分が豊かになる。少し嫌味に感じられるところもあるけれど、老いとはそういうものなのかな。全てに共感はできないけれども、 著者の老いてなおの闊達さ、新しい事を積極的に行っていく意気軒高さ、若々しさなど、見習いたいと思う部分が沢山感じられた。 恐るべき93歳の青年が実在するのだと感じた一冊。

  • 『思考の整理学』の著者も、すでに93歳!
    矍鑠とした老人の生き方指南。といっても訓戒を垂れるというよりは、エッセイ。
    株投資は危ないが、会社経営、老後の働き方、参考になる。

  • こんな本を読むのは、ぼく自身年寄りの仲間にはいりつつある(すでに入っている?)と自覚するようになったからからもしれない。滋比古先生はすでに95になるのに、まだまだ本を出している。たいしたエネルギーである。もちろん、これはどこかで聞いたことがあるという話もあるが、それなりに新鮮さを感じさせるからたいしたものだ。本書はこの夏北京へ行く前の日に空港の書店で買ったもので、飛行機の中で読み終えたが面白かった。滋比古先生はこの年になっても出版社をつくったり(もともと編集の仕事をながくしていた)、株をやったりする。株はお金を儲けるためで、老後年金だけではこころもとない。お金が必要だと堂々という。お金を口にするのは恥ずかしいという考えを日本人はもっているが、中国人などはお正月のあいさつに「お金がもうかりますように」と祈る。「金」が三つもついた漢字を店の名前や人間の名前に入れたりする。関西人もお金を口にするのをはばからない。滋比古先生は生命保険は人が死んでからお金が入るので、本人にとっていいところがないと入らない。滋比古先生は年をとってからおしゃれをするようになった。それを代表する俳句が、瓢水の「浜までは海女も蓑着る時雨かな」である。海女はどうせ海にはいるのだから、そこへ行くまで雨がふっていようとそのまま行けばいいのに蓑を着る。たしなみは忘れないということである。味わい深い俳句である。滋比古先生は年をとって、人にご馳走することを進んでやるようになったという。これはいいことだが、人にご馳走するということは自分の配下に入れようとすることでもある。メディア関係者が政治家にご馳走になって、自由にものが書けないと批判されることがある。割り勘がいやなら、ご馳走したり、してもらったりすればいい。その方が変な借りをつくらなくていい。一方で、お山の大将になって(本人が言っている)いっぱいしゃべって聞いてもらって満足しているわけだから、その聞き料と思えばいいのかもしれない。あと、蔵書の始末に困った場合はゴミとしてだせばいいというのは名言だ。

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • 年をとるもの悪くない。そこそこ楽しそうだと思えた。

  • 適度な運動が大事です根

  • 20170318 タイトル通り。90才を超えている作者の意見なので清聴するしかない。楽しく生きる老人が普通に過ごせる世の中になれば良いが。

全9件中 1 - 9件を表示

外山滋比古の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石原 慎太郎
ジャレド・ダイア...
百田 尚樹
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4)を本棚に登録しているひと

知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4)を本棚に「積読」で登録しているひと

知的な老い方 (だいわ文庫 E 289-4)の作品紹介

93歳「知の巨人」が語る、「賢く、かっこよく年をとる方法」。日本一パワフルで好奇心旺盛な93歳に、人生の後半戦を楽しみつくす術を学ぶ。

ツイートする