死にカタログ

  • 1247人登録
  • 3.78評価
    • (157)
    • (175)
    • (262)
    • (11)
    • (3)
  • 219レビュー
著者 : 寄藤文平
  • 大和書房 (2005年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479391272

死にカタログの感想・レビュー・書評

  • 「死」に関する漠然とした知識をシンプルに図化。世界各国・時代における死の捉え方、死に関する統計、偉人の死に至るチャート、死のある物語のチャートなど、簡素な線と凝縮された情報が頭の中にするりと入り込んでくる。

  • 死に関して、いろんな国、色んな死に方に注目し、ちょっと考えてみたくなる一冊です。

  • 「死」にシリアスではなく「普通の顔をして」向き合う為の本。
    「死」をいろんな切り口からイラスト化。
    オトナの絵本的ジャンルながら、非常に読まされ考えさせられる。

  • 大人の絵本というべきこの人の本、今回は死について。

    死について各地の宗教・風俗によって様々な考えがあることを紹介していて、非常に勉強になった。

  • JTの広告とかのイラストレーターさんです。世界各国のさまざまな死の形をイラストで解説してくれます。可愛いです。

  • 本気で向き合ったらとっても大変なテーマも、ポップなイラストとともに絵本のように読むとすんなり読めます。
    小難しい話が嫌いな人はこれだけちょっと読むと「生き方」が変わるかもしれませんね。

    「死」を目の前に提示された時に、否定する人、怒る人、受け入れる人、諦める人、色々いると思うのだけど、やっぱり予め「死」を意識して生きるほうが良いと思います。
    それは、毎日意識しろ、っていうのじゃなくて、ゴールを見据えて歩いて行ってるんだ、という実感を持って生活する感じ。
    この本にも乗っていたけど、終点の扉があったら、そこに向かって一本の絨毯(もしくはシート)が引かれていて、それが無限に伸びていくのではなくて、少しずつたたみながら先に進んでいく。
    そのたたみ方が変だとかさばるし、それを意識していれば一定期間たったらちゃんと整理して綺麗にたたみ直せる。それが人生ですよ~的な。
    それで、最期綺麗に全部たたみ終わったら扉の中に入っていってオシマイ。

    この例えはとってもわかり易かったです。決して後ろ向きに進め、というのではなくて一定の間隔で自分の過去を見つめて方向性を確認していけばゴールまでの道もより具体的に価値あるものになるんじゃないかなということです。

    なかなかおもしろかった。

  • 読書部課題図書その31

  • 死をポジティブにとらえる民族もいるなど
    面白い

  • 死を見つめることで,生を考えるきっかけになります.『自殺マニュアル』とは違って明るい雰囲気なので,若者にも気軽に勧めることができると思います.

  • 最後の方までちゃんと読むといい。
    最後のページの文章がなかなか内容がある。

  • 今までに無いタイプの本で面白かった。
    「死」をテーマにした本は重たくなる事が多いが、挿絵の効果か、軽く読めた。

    各国の「死」に対する考え方が興味深かった。

  • 「死」という概念が、事実や意味合い、心理的な受容、宗教・民族ごとの捉え方を軸に整理されている。それがまた相変わらずのみごとなインフォグラフィックぶり!参考文献も数多にわたり紹介されていて、実に見応え読み応えたっぷりでありました。

  • こんなにレビュー書かれてるとは思わなかったな。

    自分の中の死に関する考えをまとめるきっかけには役に立つと思います。ただ、答えは自分でみつけるしかないですけどね。

  • 「死」についてぼんやりと考えて、ぼんやりとそのまま本になった感じ。最初、イラストは本文を補足するイラストだと思っていたが、途中から本文に書いてないことがイラストに描いてある変な本だと気づいて、もう一度イラストを見たりしたのだが、やっぱりぼんやり。まあ、ぼんやりをそのまま書くには、イラストというのは正しい選択なのかもしれない。
    子供の頃にふと「ぼくもそのうち死ぬんだ」と気づいてショックを受けたことを思い出した。今は、死はもう少し親しいものになっている。

  • 文化や民族の考え方が面白かった。

    「人が死なない国では、物語の中で人が死ぬ。」
    「死=物語ではない。」
    『今の自分が死ぬと、どういう物語になるか。それは別の話かな、という気がします。』

  • 考えたこともなかった視点を与えてくれた本
    死は生の隣りにいるんだっけ

  • 「死」について、タブーを破ってアウトプットして頂き、わかっているようで曖昧な情報だった事やもっと意識しなくてはいけない事等に気付かせてもらった。

  • ゆるくっていい

  • イラストがかわいい。死に方とか人の一生のイメージってこういうのもあるんだなって感じ。芥川龍之介の死に方のイメージ図が面白い。
    何か学ぶものは別にない。

  • 「死」ってなんだろうということを作者と一緒に考えていくような本。結論はでないけれどイラストもほんわかしていて内容は全然重くないし、誰かに紹介したい。で、一緒に感想言い合いたいなー。

    でもタイトルだけ見ると結構びっくりされる。

  • 年齢、性別、国籍に関係なく、すべての人類が行き着く果て『死』。テレビや映画で脚色された"死に方"に理想が反映されていますね。死生感や統計を交えてイラストで図解したのが本書です。不愉快さを感じず客観的に読めました。死に対しての興味を持つ事は、生きている人間としてごく当たり前の欲求。だから手に取った一冊であります。真っ正直な直球で三振を取られました。

全219件中 1 - 25件を表示

死にカタログを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死にカタログを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死にカタログを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする