人並みといふこと

  • 74人登録
  • 3.45評価
    • (7)
    • (6)
    • (11)
    • (3)
    • (2)
  • 11レビュー
  • 大和書房 (2008年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479391777

人並みといふことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大まじめにかんがえないと
    大ばかなことってできないんだな

  • 作者の考える人並み=「世間、平均」に対して、比較的自由に考えたことを綴った一冊。
    一貫した思想があるわけではなく、数年にわたり収集された詩のようなゆるい文面が、なんとも肩の力を抜いてくれる。
    大人になって、家庭ができて、それでも心は自由だ。なんくるないさー!みたいな感じが受け入れられる、現代に生きていることは素敵だと思いました。

  • 文化について
    人並みはあたたかい

  • 2/20 人並み とはなんなのか? 著者が、考えたことをとりとめなく書き連ねた感じだか面白かった。
    漫画家には独自の世界観を持っていて考えることがおもしろい人が多い。

  • 独特の絵を描く漫画家。そんなイメージでこの本に入るとやけどします。
    簡単なことばで、「人並み」についてしっかりと。
    簡単な言葉ゆえに、気になったフレーズも多かった気がいたします。
    年末にいい本に出会え、人並みにシアワセを感じました。

  • しりあがり寿さんて思ったより普通の人だった('ε'*)フムフム

  • 自分には合わなかった。
    途中まで読んだけど何も響かず。
    読了できなかった。

  • ネガティブだけどどこかあったかい…というかぬくい。
    Sweet Negative。

  •  この人の言うことなら、素直に聞き入れられる、

     と言うようなお気に入りの作家さん、て人は何人かいる、と思うのですが

     私にとってはこの人はそのうちの一人かな。





     初めて買った本は「髭のOL薮内笹子」だった・・・という出合いもいかがなもんかとおもうんですが、「ア○ス」とか・・・共著の女の人について描いた漫画とか・・・ 「ジャンゴ」とか・・・

     折にふれて「あぁ、そっか。」という納得をわたしに優しく与えてくれる人な気がします。


     そんな私も、自身のいる環境の辺境のあたりにいる人間なのかもしれません。

  • 好きやな〜ちょうど良いあったかさやな。
    チチ松村さんとか、かせきさいだぁ≡みたいに、人そのものを好きになりそう。

    しょうがないのよ。Sweet Negative. って。

全11件中 1 - 10件を表示

しりあがり寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
安部 公房
リリー・フランキ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人並みといふことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人並みといふことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人並みといふことを本棚に「積読」で登録しているひと

人並みといふことはこんな本です

ツイートする