むかしまち地名事典

  • 19人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 森まゆみ
  • 大和書房 (2013年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392385

むかしまち地名事典の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぎっしり詰まっている。充実している。
    初出2002年から2012年までの、東京の昔ながらの地名を持つ土地を廻った、散歩と歴史の本。
    著者の実際の思い出なども交えながら。

    江戸散歩の本は時々読むが、やはり、災害などで失われてしまったものは仕方がないとして、今あるもので、歴史的に価値のあるものはなるべく残して欲しいと思うのである。
    壊してしまったら元に戻らない。
    その、「歴史的価値」が、壊す方には分からないのか、歴史の価値よりも今の儲けの価値が優先するのか…
    今の東京は栄えているかもしれないが、歴史を大切にできないあたり、成金の街になってしまったのだろう。
    残念だ。

  • 先輩・・・懐かしい名前に出会いましたぜ~築地・新橋・銀座・深川・日本橋・早稲田・千住・王子・三田・両国・入谷・鳥越・本所石原・茗荷谷・増上寺・田町・目白・雑司ヶ谷・池袋・大久保・久が原・勝どき・動坂町・駒込・根津・谷中・大観音光源寺・根岸・西ヶ原・駒込神明町・道玄坂・芝白金・千駄木林町・西日暮里・団子坂・上野・谷中・上野動物園・神楽坂・向島・荒木町・浅草・へび道・十条・谷中・洋食や・朝倉彫塑館・浅草・汐入・江戸・粟島馬~懐かしいのは,藤原先生。彼女は1~2年先輩で,姉と同い年。歯医者の家系に生まれて,早稲田で政治学を学び,文京区動坂下に住み,三人の子を連れて離婚している。それにしても,よく歩き回っていて感心させられる。大和書房は頑張っているなあと思うのは,こども時代に祖父母の家の周りを遊び歩いていて,小さな出版社として覚えているからだけど,ベースボールマガジンなんかを出しているんじゃなかったかな。どうやら,お茶の水大学付属中高に学んだ様子で,早稲田から東京大学新聞研究所を修了し,出版社勤務を経て作家になったらしい。どちらの出版社でしょう。大和書房って事はないよねえ。昨日は後輩,今日は先輩の書いたものを読む。早稲田の地図では,大隈通り商店街が都営住宅を貫いていて笑っちゃう

全2件中 1 - 2件を表示

森まゆみの作品

むかしまち地名事典の作品紹介

山の手は坂の名で覚え、下町は橋の名で覚える-とはよく言ったもの。昔日の栄華の名残り、心ほどける古い町、粋な隣人との出会いを求めて歩く歩く。値千金の東京エッセイ。

むかしまち地名事典はこんな本です

ツイートする