東京を生きる

  • 338人登録
  • 3.59評価
    • (20)
    • (24)
    • (22)
    • (11)
    • (3)
  • 31レビュー
著者 : 雨宮まみ
  • 大和書房 (2015年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479392743

東京を生きるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「若さ」と「幸せ」が印象的だった。
    年をとることに、もう少し希望を持ってもいいのかもしれない。幸せの形なんて人それぞれだし、思う存分幸せを望んでも良いのだと、胸を張れるような気がする。

  • 故郷を恨みながらも頼るというの、わかりすぎる。
    愛したいけどどこか恨めしい。
    なんだろうね。田舎出身だと自然の良さよりも
    何もないという意味ではないつまらなさが
    コンプレックスになる。
    それをそのせいにしてしまう自分のことも嫌に思ったり。

  • 見て見て病こじらせすぎ…36才なのにイタい。
    7万円のワンピ買った帰りに立ち食いソバを食べる、とか
    王室御用達のシャンプーを冷たいタイルの風呂で使う、などが印象的。
    物欲に溺れてひたすら苦しがってる。きっとこの人、永遠に夢見る少女なんだと思う。

  • 呼吸が難しくなる街東京で生きながら、この文章に呼吸を助けてもらっているような感覚を覚えた 雨宮さんが亡くなっている事実に実感がわかない。

  • 痛い、昏い、深淵。
    初めての雨宮まみ。こんなかんじか。
    と思っていたら、、亡くなられていたのですね…なんか、やっぱりなという気持ちになってしまった。
    この感性ではな、と。本当のところはわからないけれど。
    読んでる途中で亡くなったことを知ったことでフィルターがかかった感じで読んでしまうんじゃないかと思ったけど、案外大丈夫だった。

    東京に焦がれる。台風のような。

  • 普通 よくある いいんじゃない もう一度は読まないけど かる〜〜い感じ そうねぇ東京を生きるね

  • こじらせ女子。
    作中の「居場所」と「若さ」が良かった。

    年齢を重ねるごとに失われるハリや潤い。
    自分も、賞味期限はとっくに切れている。

    でも自分より年上の魅了的な女性は、東京にたくさんいて。その先輩たちの後に続きたい、生き方を真似たいと、本当に思う。

  • 私も「東京の女の子」になることを子どもの頃から夢見て上京してきたけれど、なれなかったよ、雨宮さん。きっと近い将来、故郷に帰ります。雨宮さんは私からすると充分「東京の人」に見えました。
    今まで、雨宮さんが書く文章には反発心を持つことも少なくなかったけれど、これは良かった。雨宮さん天才!って思った。もういないなんて信じられません。
    生前にこの本を読まなかった自分を、雨宮さんとお話しする機会があったのに無駄にした自分を、恨みます。
    とても響く本でした。
    雨宮さん、ありがとう。

  • 福岡から上京し、東京で生きる日々を綴った、筆者のエッセイ。

    “東京”という磁場に惹きつけられる筆者の心模様と故郷に対する複雑な思い。

  • 雨宮まみ『東京を生きる』2015年, 大和書房 読了。
    故・雨宮まみ氏が、福岡から上京し、東京で生きる日々を綴った私小説エッセイです。
    *
    ”九州で過ごした年月を、東京で過ごした年月が超えてゆく。
    「都会の人」に憧れたわけではない。
    故郷に錦を飾りたいわけでもない。
    ああやって、恥ずかしいことをして逃げ出してきた故郷に、帰りたくないだけなのだ。
    そして、故郷から逃げ出して行く先は、東京しか思いつかない。”
    ーP.5 L.7-11「はじめに」より引用
    東京への憧れ・愛着、故郷の居心地の悪さ、刺激の多い日々の中で、何かが麻痺していくような感覚…。
    地方出身で東京に暮らす人には、誰しも思い当たる節はあるかと思います。
    上京して10年、東京で働く私には、グサッと刺さるエッセイでした。
    *
    以下の文章で、雨宮氏は、このエッセイを締めくくっています。
    ”いつまで経ってもうまく言えない東京への愛着、住んでもなお満たされることのない渇望を書いていたら、自分の中の行き場のない気持ちがずるずると出てきた。
    東京は、私を開かせ、叩きのめし、苦しいほどの強い力で抱きしめてくれる。
    これから、どうなるのだろう。
    東京も、私も、絶え間なく変わってゆく。”
    ーP.221 L.7-10「おわりに」より引用
    絶え間なく変わっていく東京を、東京と共に生きる人生を、書き続けて欲しかった…。
    遅ればせながら、ご冥福をお祈りいたします。

全31件中 1 - 10件を表示

雨宮まみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京を生きるを本棚に登録しているひと

東京を生きるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

東京を生きるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京を生きるを本棚に「積読」で登録しているひと

東京を生きるの作品紹介

九州で過ごした年月を、東京で過ごした年月が越えてゆく-地方出身者すべての胸を打つ、著者初の私小説エッセイ!

ツイートする