格差病社会―日本人の心理構造

  • 33人登録
  • 3.38評価
    • (5)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 5レビュー
著者 : 加藤諦三
  • 大和書房 (2006年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479640349

格差病社会―日本人の心理構造の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この手の本を理解するには前提となる知識が
    欠如しているのか、あまり面白くない、
    と感じっぱなしの1冊。

    「心」が足りないのか!?

    主張の論拠も述べているけど、それも弱く、
    う~ん、どうなんだろう、と感じるところ
    が多かった。

    主張が正しく聞こえる部分もあれば、
    それは一部分の話でしょって。

    発行された2006年。

    そういう時代だったのかな、良くも悪くも。

  • メディア論のレポートで引用。日本人の心理をうまく描いていると思う。根拠はあやしいけど。

  • アメリカより日本の方が、格差が大きい。

    最近の日本では、トップの人が徳のない人であることが多い。
    お金持ちでも人柄が悪い。
    権力を持っていても品がない。

    日本には日本のやり方がある。
    アメリカで年功序列制にしたら、社会が成立しなくなる。

    経済的繁栄より心や文化に目を向けなければならない。

    家族といるときに生きがいを感じる子供 
    アメリカは77.8%なのに、日本は21.3%しかいない。
    近所付き合いに満足している
    マレーシアは88%なのに、日本は33%だけ。

  • 年功序列と終身雇用が日本に根付いた理由が、日本人の競争意識が非常に高いためというのに驚いた。過剰な競争意識があるということを踏まえるとそういう施策がいいのか?運動会のかけっこでは1位を決めない・・・これでいい?

  • 「さすが加藤先生」な一冊。心理的な洞察、分析がすばらしい。

    格差そのものは以前からあった、問題は格差そのものを神経症的に意識しすぎる格差病社会である―これは至言である。

    身近な個人レベルから国家、国際レベルまで論じられる議論の幅がすばらしい。

    経済的繁栄一辺倒でなく、日本らしい日本、すなわちアイデンティティを確立せよと説く。他と比べなくても良い、世界第○位であることにこだわらなくてよい。ぼくも、心からそう思う。

    また成果主義の日本での取り入れ方に疑問を呈している。成果主義そのものが悪いのではなく、日本の心理的状態が非常に悪い状態で成果主義を導入することが悪いのである。これも素晴らしい分析だと思う。

    今日本に求められているのはアイデンティティ。それはひどく時間がかかる作業だろう。日本人の美徳である「献身価値」、そのあたりがキーポイントなのではと感じる。

全5件中 1 - 5件を表示

加藤諦三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
デール カーネギ...
ジェフリー・ムー...
有効な右矢印 無効な右矢印

格差病社会―日本人の心理構造の作品紹介

日本人を蝕む神経症的格差。人間は経済最優先では幸せになれない。

格差病社会―日本人の心理構造はこんな本です

格差病社会―日本人の心理構造のKindle版

ツイートする