おかあさんとあたし。1&2

  • 162人登録
  • 4.07評価
    • (17)
    • (13)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : k.m.p.
  • 大和書房 (2014年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479670810

おかあさんとあたし。1&2の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こどもが4.5歳になるとこんなかんじなのかなぁと。

  • 昔の私を見ているようでした。
    懐かしいエピソードばかり。

  • これ、大好きなんだー。
    ほっこりするし、もうこんな風には甘えられない自分の年齢、年をとってこの絵本程には元気のない母親のことを考えると寂しくて、涙が出そうになる。

  • お母さんと子どもの日常の一コマを描いたイラストが、なんだかほんわかした気持ちにさせてくれます。
    「ねえねえ、おかあさーん」と言ってた頃、こんないたずらしてたなぁと思い出してみたり。あなたの「あるある!」が見つかるかもしれません。(平取)

  • おかあさんと幼い子どもの様々な日常の1シーンを、主にほのぼのとしたイラストで再現。
    かけがえのない一瞬一瞬の積み重ね。ほんわかした愛に包まれた日常。幸せ。
    子どものかわいさを再認識する。母親としての我が身を振り返る。自分の母親へも思いをはせる。
    イラストがメインで、読むのに時間はかからない。
    この1&2は、「おかあさんとあたし。」と「おかあさんとあたし。2」を加筆、再構成したもの。
    再構成にあたり、ページ数の都合でいくつかのエピソードを削る予定だったが、結局全て収録。

  • なっ  泣くもんかあぁぁぁああああ(ノД`)・゜・。

  • 小さい頃の私がちらほらいて、ほっこり。
    でも、懐かしくてウルっときたり。
    ねーおかーさん、ねーねーおかーさーん(笑)人生で一番言っている言葉はお母さんかもしれない。

  • 母の日前に読めてよかった

  • 「あたし」と「おかあさん」の話。

    バナナについてるシールをほっぺにつけて、
    ふたりで鏡を見ながら遊んでるシーンが一番好きでした。

    あとイラストだけのページ。
    その横に自分のエピソードを考えられるようになっていて、
    自分の子供の頃の記憶と、子どもとの記憶がよりリアルに感じられた。

  • おかあさんだいすき。

全14件中 1 - 10件を表示

k.m.p.の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
恩田 陸
村田 沙耶香
西 加奈子
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

おかあさんとあたし。1&2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おかあさんとあたし。1&2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おかあさんとあたし。1&2の作品紹介

子育て真っ最中の人、子育てが遠いむかしの人、親元をはなれ、ひとり暮らしの人、これから母になる人、子の親であり、親にとっては子である人、今もおかあさんと仲良しな人、会いたくても会えない人、おかあさんとの思い出がある人もほかの大切な方との思い出がある人も…あの日々がなつかしい、すべての人へ。10年以上版を重ねるロングセラーの2冊が1冊になって新登場!!

おかあさんとあたし。1&2はこんな本です

ツイートする