恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいい

  • 147人登録
  • 3.23評価
    • (7)
    • (16)
    • (57)
    • (6)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 唯川恵
  • 大和書房 (2004年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479681540

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女の子は、唯川恵さんの本を、中学生ぐらいの間に全部読んでおくべきだと思う。処世術として。自分がとんでもない馬鹿な生き物として生まれたんだって、なるべく早いうちに知っておくべき。

  • 少し不幸ってところがミソ☆どっぷり不幸な人はどうするのよ?!とツッコミたくなるけど、唯川さんらしい内容でした。

  • 失恋する前に読みたい本。

    読んで、元気が出ました。

  • 大人の夢とはさめるのを覚悟して見る…共感できる箇所が幾つかありました 

  • 嫌なことがあったらもう1回読もうと思う。

  • たまには恋愛ものの、エッセーも悪くないんじゃないかと思って、タイトルが素敵なこの本を手に取った。
    でもやっぱり私はこういうエッセーは、気持ちが悪くて、読めなかった。いや、一応最後までは読んだんだけど、こういう本って、読んだ後に何も残らないな、と感じた。生産というより消費。別にこういう軽いエッセーを悪く言うつもりはないけれど、根本的に、「女性っぽい考え方」に共感できない私にしてみれば、ストレスが溜まるだけだった。これがもし小説なら話はまた別なのだろうけど。

  • 「『ありのままの自分』というのは 本当は『ありのままではいけない』と努力している自分を指しているに違いない」って言葉が響いた本。

  • 最近、ジャケ借りにはまっておりまして、蜷川実花の写真が<br>
    好みだったので手に取りました。(アマゾンで採用されている<br>
    装丁の写真は真っ白なのですが、借りたものは真っ青な空に<br>
    真っ赤な花が写っているのです。そのコントラストがパキッとして<br>
    気持ちいいのです。)<br>
    <br>
    しかし・・・大崎善生のジャケ借りの如く、毎回成功するとは限らず。。。<br>
    <br>
    <br>
    <br>
    「読んでも読まんでもいいエッセイ」という評価は、あまりに辛辣か。<br>
    いやしかし、でもしかし。<br>
    <br>
    恋愛小説家が書くエッセイはもうこれで読まないだろうなぁ。<br>
    いかんせん、「人から聞いた恋愛話」が多すぎる。<br>
    <br>
    「恋愛について徒然と書け」といわれた場合、己の経験で<br>
    補えないものは人の恋愛話で補っちゃえ!というのは、<br>
    文筆家としてあまりにお粗末。<br>
    <br>
    <br>
    <br>
    やや話はそれますが・・・<br>
    <br>
    女性の方は割りと簡単に想像が出来るかもしれませんが、<br>
    女友達って、2つあるのですよ。<br>
    <br>
    一緒に居て、自分が伸びていく友と、伸びていかない友。<br>
    <br>
    前者は、友達自体が魅力的な場合もあるし、とっても聞き上手で<br>
    話をしているうちに己の鏡になってくれる友。<br>
    <br>
    後者は、会えば愚痴ばかり、もしくは人から聞いた話ばかりな友。<br>
    <br>
    読んでるうちに後者の友と話している気分になります。

  • 恋愛に対してちょっとがんばってみようと思えるかもしれない。恋愛でつらいときとか読むといいかもしれない。

  • 唯川さんのエッセイ集。
    好きなひとの好きなところをただただ褒めると、相手の人は自信をもったいい男になっていく。
    なるほどぉ〜!!

全24件中 1 - 10件を表示

唯川恵の作品

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいを本棚に登録しているひと

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいを本棚に「積読」で登録しているひと

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいの作品紹介

恋の痛みをリアルに綴る、スーパー・エッセイ。恋するチカラ、もらえます。

恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいいはこんな本です

ツイートする