ニューヨークを探して

  • 85人登録
  • 3.71評価
    • (7)
    • (5)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 岡田光世
  • 大和書房 (2013年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479681731

ニューヨークを探しての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ニューヨークに生きる普通の人々の横顔がほっとする文体で書かれています。ニューヨークで生きる人々が、他人なのに、お互い気遣ったり声を掛け合っている様子が目に浮かんできます。豪華で、きらびやかなニューヨークの違ったまた素敵な一面が見えてきます。

  • 旅行記、として分類してあったけれど、これはエッセイの棚に入れてやる方がいいのでは?と思った。

  • 学生時代にニューヨークへ2回行ったけど、また行きたいと思った。
    NYの何がそんなに良かったのか。
    雰囲気?都会だから?世界中の人がいるから?
    言葉にできなかったものをこの本が代弁してくれた!っていうスッキリ感(^ ^)

    孤独で厳しい街。でもとても暖かくもある街。

    道で地図を見ている私に、大雪の中足を止めて
    "Do you need help?"
    と言ってくれた黒人女性。

    マクドナルドで次はどこに行こうかなーと考えていると
    "Where are you from? Welcome to NY!"
    と話しかけてきた若い男子学生さん?。

    別に普通のことなのかも知れないけど
    みーんな "NYって良いとこでしょ!?"
    とでも言いたげな雰囲気があったなー笑

    ちょっと寂しい時、毎日に疲れたときに
    スタバとかでコーヒーを飲みながら読むと
    元気がでます。ちょっと前向き気分になれる。

  • 図書館より。

    さらりと読了。読みやすかった。

    ニューヨーク。
    行ったことは無いけど、一度はいってみたいかも。

  • 全体のトーンが静か。季節でいうと冬のよう。
    著者がとてもマジメな方なのだろうな。
    ただ、読んでいてあまり気持ちが晴れない。
    心温まるお話がいくつもあったのに。

  • 295.3

  • 大好きな岡田さんの新しいエッセイ
    こちらもニューヨークが舞台になっています
    今までのニューヨークシリーズ同様、心がホッコリするエピソードばかり・・・
    寝る前に読んでは、ちょっと涙したり、笑顔になったり
    またまた私の大好きな本になりました!

    最後に書かれてある映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」について
    私もこの映画を観たけど、やっぱり人それぞれ受け止め方が違う
    岡田さんの場合、ニューヨークに住んでるし、そこはやっぱりもっと身近な内容なんだろうな

    ニューヨークシリーズを読んだ後にいつも思う
    自分とすれ違うだけの人も、もっと大事にしたいなぁって・・・
    岡田さんのエッセイに出てくるような人たちのように、近すぎず、離れすぎず
    そっと手を出したり、言葉をかけられるような・・・
    もしかしたらこれが一期一会なのかも知れないなぁ

    あまりにも楽しみすぎて一気に読んでしまったので、今度はゆっくり味わいながら
    寝る前に読みたいなぁ~

全7件中 1 - 7件を表示

岡田光世の作品

ニューヨークを探してに関連するまとめ

ニューヨークを探してを本棚に登録しているひと

ニューヨークを探してを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニューヨークを探してを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニューヨークを探しての作品紹介

お節介なほど親切に、手を差し出してくれる。見知らぬ人との会話に救われることもある。孤独さえも、温かく包んでくれる。誰もがありのままでいられる街の、出会いと出来事。累計24万部『ニューヨークの魔法』シリーズの著者、最新エッセイ集。

ニューヨークを探してはこんな本です

ツイートする