英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法

  • 49人登録
  • 3.32評価
    • (2)
    • (7)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 佐藤よし子
  • 大和書房 (2005年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479781356

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【配架場所】 図・2F開架 
    【請求記号】 590||SA
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=141826

  • 実家に会った本。
    お母さん、この本参考にしてください。

  • まとめて行うのではなくスキマ時間を上手に利用して家事をすることをすすめ、
    そのポイントもさくっと紹介。

    親元を離れる時に、
    どのあたりの家事はどの程度手を抜いても大丈夫なのか? の目安にしたかったのと、
    イギリスが大好きなので英国式だと考えることでテンションを上げるという目的で読んでみた。
    日頃の暮らしでそこまで徹底出来るのだろうかという部分もあったが、そのあたりは柔軟にして無理なくしていけば良いのだろうし、
    何より著者と「家事をなるべく楽しむ、お洒落にする」「イギリスアンティークの家具が好み」というように考え方が近かったので、非常に参考になった。

    実際に親元を離れて「家事」の実態がわかってからもう一度読み返したい。

  • •15分だけと思って取り掛かると気楽に始められ、家事がはかどるようになった!
    •一日、一週間、一ヶ月毎やることを書き出すとよいみたい!イギリスでは大掃除をする必要がないみたい!電気や冷蔵庫の掃除などこのサイクルの中に取り入れたいと思う。
    •シンク汚れ…重層&レモン、オレンジの皮、切れ端で取る
    薄めたお酢でグラス、鍋、やかんの汚れを取る
    25.6.1

  • 15分というちょっとした時間で効率よく家事をすませる「考え方」と「具体的な方法」が満載。

  • 英国式の家事の考え方が新鮮でした。終わり時間を決めて、そこまでのスケジュールを考えて家事をこなしていく。家政学って、今の主婦にこそ必要かもしれない。

  • 家事に限らず、習慣にすること、隙間時間を活用することが重要。

    週・月サイクルで行うことを決めておくというのは部分的に実行中。
    とりあえずは週サイクルで冷蔵庫チェック、月サイクルでストック品のチェックしていこう。

  • 基本的に15分一日一回集中してやって、その中でどれだけ効率的に家事をすすめられるかなので効率厨の私大歓喜。洗剤も、家庭用洗剤一種類用意するというスタンスで、コーヒーやレモンなどの自然食材も併せて紹介という感じ。すっきりしてていい。

  • 英国式と名がついていますが
    英国テイストが感じられなかったことが残念。
    内容も新しさはありませんでした。

  • 24JAN2009
    17JAN2009 1番目
    11JAN2009 1番目/11冊

全13件中 1 - 10件を表示

佐藤よし子の作品

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法はこんな本です

英国式15分家事術―少ない手間でスッキリきれいに暮らす方法の文庫

ツイートする