休む技術

  • 449人登録
  • 3.08評価
    • (3)
    • (32)
    • (80)
    • (17)
    • (5)
  • 53レビュー
著者 : 西多昌規
  • 大和書房 (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479782605

休む技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良書。休むことを自分に言い聞かせるために読みたい。

  • ・生活リズムを崩さないことが大切

    ・休みの日は朝、昼、晩で時間を区切ってやることを決める!

    ・平日に自分の「好きなこと」をする時間を、ちょっとだけ取り入れる

    ・気合いをいれてやるよりも「とりあえず」何かをすることが仕事を終える秘訣

    ・休みに対する期待感を一年通して持ち続けることが大切

    ・他人のプランに乗っかり、新鮮な休日をプランニングする

    ・体は動かした方が疲れない

    ・四肢を複雑に動かすスポーツは、自動車でいうギアを切り替えるトランスミッションの働きを高める

    ・腹式呼吸でやる気を出す

    ・一時間に5~10は休憩する

    ・社交的な友達をキーにしてそこから広げていく。

    ・「休憩する勇気」を持つ。

  • 1日を午前、午後、夜に区切る。
    夜好きな時間を。
    14時までカフェ読書タイム。
    メールチェックしない時間。
    休まないと判断力、記憶力が低下。
    睡眠でメモリリセット。

  • 人はずっと走り続けることはできない。幸せに生きていくためには、いかに休みを大切にするかを学ぶことができる書。残業をした日の翌日は定時に帰るなど、メリハリをつけて働くことや、間あいだに休憩を入れることのメリットが科学的に記されており説得力がある。できるビジネスマンは、先に自分の休憩時間や帰宅時間を手帳にか書き込んでいる事が多いので、なるほどなと納得させられた。「仕事のために休日を使う」のではなく、「人生のために休日を使う」ようにしていきたい。

  • 休むことの大切さや、休みの過ごし方、休みに対する考え方などをいくつもの心理研究を参考にしながら学べる本。技術、というタイトルだけに、書かれてるいることは一見簡単ながら「わかってはいるけどできないよなぁ」という、習得するには鍛錬が必要なものが多い印象。

  • 2016年12月07日読了。

  • 肩の力が少し抜けた。

  • わかっていることだけれど、なかなか実行できないこと。

    そういうものを文章で再確認するのは大切だ。

  • 新鮮な内容はなかったです。。。

  • 3

全53件中 1 - 10件を表示

西多昌規の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊賀 泰代
松下 幸之助
ロバート キヨサ...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

休む技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

休む技術の作品紹介

休憩か?仕事か?と迷ったら?やることがありすぎて「今、何をすればいいんだっけ」と混乱したら?大失敗のダメージにくじけそうになったら?休んでも休んだ気がしなくなったら?そんなときこそ、上手に休んで切り替えよう。こころもからだも人間関係も「やらなきゃダメ」も…かしこいオフで効率アップ。

ツイートする