フランス人は年をとるほど美しい

  • 119人登録
  • 3.41評価
    • (8)
    • (8)
    • (11)
    • (4)
    • (3)
  • 14レビュー
  • 大和書房 (2015年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479783305

フランス人は年をとるほど美しいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆2 女であり続ける
    ・女は一生セクシー

    ・魅せたいポイントを一つに絞る
    デコルテ、胸、肩

    ・女には贅沢が必要
    マッサージで体のメンテナンス

  • 聞いたことがある話ばかり。買って読む本ではない。

  • 前向きになれる。素敵な生き方。

  • 軽く読めるし、今はこういう本の方が楽しく読めたな。

    フランス人が、未婚率は高くても、出生率が上がってるっていうのが衝撃。
    やっぱり、日本も政府が支援していかないと、お金なさすぎて不安だもんねー。

    あと、週末は妻がベッドでまどろんでる時に、旦那さんがクロワッサンを買って来て、2人でゆったりとベッドの上で食べるっていうのはなんか、いかにもフランスっぽいなって思った!
    でも、実際やるってなったら、ベッドの上がパンくずだらけになるからやらないけど笑
    でも、夫婦の時間を大切にするっていうのは見習いたいな。
    日本は、妹とか姉とか年齢とかで、小さいころから役割を与えてその枠の中で人を判断するっていうのは、すごく納得がいったなー。


    ●愛してると日々伝えること
    ●食事はゆっくりと時間をかけて楽しむ
    ●年齢に関係なく、やりたいことをやって自分らしく生きること。やりたくないことはやらないこと。

  • 自分のことを好きになろうと思え、前向きにしてくれる。違う文化から見た日本人てこんな感じなんだな。
    批判されている訳ではないけど、日本人にももっといいとこあるよ。それを自信をもって言っていいってことなのかな。

  • 本を読む前までは、年齢を重ねると、年相応にわきまえなければいけない事が沢山あるように思っていて、窮屈でつまらないなあと思っていたが、ドラさんの本を読んで、自由に自分らしく生きても良いんだと、解放されたような爽やかな気分になりました
    ただ、フランス人のようには行かない部分もあるので、そこは踏まえて取り入れたいなと思いました

  • envie;やりたいこと と en vie;生きている は発音が全く同じ

  • (笑)が多かったけど、元気がもらえた本です。
    もっとわがままに生きていいんだ!と思えました。

  • ■自由に生きる。自分らしく生きる。我慢しない。わがままになる。いつまでも女であり続ける。おいしいものを食べる。アムールを忘れない。
    ■フランス語のオンヴィ(envie やりたいこと)とオンヴィ(en vie 生きている)という単語がある。発音同じ。やりたいこと=生きていること
    ■やりたいこと、好きなこと、それをしている時に幸せを感じることがあれば、それをすればいい。
    ■立ち直れないときは、自分をあまやかしていい、慰めていい。「どうしたい?」と聞いてみる。内なる声に耳を傾ける。
    ■「うらやましい」より「憧れ」を
    ■自分が幸せだから、人の幸せも願う。
    ■努力しても目標が達成できるかどうかわからない。好奇心や興味とワクワクする気持ちと、ほんの少しの勇気でトライしてみる。
    ■ユーモアとは、日常生活の中で常に笑いを取り入れること
    ■見られることを意識することで、美しく振舞おうとする
    ■「新しい×古い」「高い×安い」のMIXスタイル。
    ■フレンチ パラドックス=脂肪の多い食べ物を食べているのに心臓疾患が少ない。赤ワインのポリフェノール効果。
    ■いつもしないファッションにトライするだけで気分は変わる。帽子をかぶるなど
    ■お金のために人生を犠牲にしない。お金持ちがからと尊敬されない。貧乏はアーティストのほうが尊敬される。
    ■明日でない今を大切にすること。おいしいものを食べること。旅すること。恋すること。それがパリジェンヌ

  • 【最終レビュー・一部修正有】

    予約著書・図書館貸出。

    キッカケは、前略プロフ(既に閉鎖)で、既読前、配信コラムで紹介されていた

    以下のタイトル・後半部分。この紹介著書が紹介されていたのを通してでした。

    《日本人が生きづらいのは…フランス人ジャーナリストが指摘する、日本の難点 》

    私自身を含め、既読済:新津春子さんご自身が持っている『生きる姿勢等のスタンスそのもの』

    を、トーザンさんが遠くから

    『ハッキリお見通し!間違ってないんですよ!』といった印象をヒシヒシと感じ取りながら

    〈『キッパリ鮮明に「肯定」』〉していただけてるようで、感謝しつつ、涙を浮かべながら読み進めてました。

    加えて『文化・ライフスタイル・身近なあれこれ・今、置かれている「日本・フランス=それぞれの現実味」』

    にも偏らず、バランスのよい『率直に感じ取ったままの「目線」』を通して

    《〈飾らない、自然体な『謙虚さ』も懐にしっかり『自分軸』として〈一人の人間として持っていること〉》

    輝き放つトーザンさんの

    〈内面=外見の『微笑ましい「笑顔」』〉が

    〈内容全体から、顕著に表れていたことの『証』〉として、存分に溢れ出ているかのようでした。

    《『いろんな角度から物事を見ること』の『重要性』》

    この著書から、改めて自分の中で、認識し直す『とてつもない貴重な著書』であったこと。

    確かな実感として伝わってきました。

    〈既読した、ミゾイキクコさん・新津春子さん・トーザンさん=彼女達から放たれた『3冊の著書』〉

    一女性として生きること・自身と同性の立場柄として

    《これから先、生きていく中で、本当に心強く、元気かつ優しく暖かい想いを『ポンと』強く背中を押していただけた、大人世代を生きる女性達への『メッセージの数々』》

    自分の中でしっかりと刻み込みながら、日々を過ごしていこうと…

    トーザンさんの優しく暖かい、時には厳しい『メッセージの数々』

    今回は引用が可能なので、大ざっぱですが、特に自分の中でインパクトが高かった内容

    後は

    [HP・好きなメッセージ欄]にて、ピックアップしながら、レビューを終えます…

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
エラ・フランシス...
佐々木 圭一
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

フランス人は年をとるほど美しいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フランス人は年をとるほど美しいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フランス人は年をとるほど美しいを本棚に「積読」で登録しているひと

フランス人は年をとるほど美しいの作品紹介

成熟することで女性は磨かれる。もっとわがままに生きていい。東京在住パリジェンヌの"美"の教科書。

フランス人は年をとるほど美しいはこんな本です

フランス人は年をとるほど美しいのKindle版

ツイートする