「日本人の依存」を精神分析する―健康な依存、病的な依存

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小田晋
  • 大和書房 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479790549

「日本人の依存」を精神分析する―健康な依存、病的な依存の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 行き過ぎた依存も、行き過ぎた自立も病的である、という話だったのですが、思うに(物理的にはともかく)精神的に何かに依存などしない方が楽ちんな人生なので、色んな人にすこしずつ依存して生きるっていうのは大変難易度が高いわけです。

    腹筋で言えば、体を40°くらいにキープし続けるような苦しさがあると思うのです。

    少なくとも私の場合、全く何にも依存しないで済むところでひっそり生きるか、誰かにもたれかかるか、どちらかになりがちです。

    「誰にも依存しない俺かっこいい!」みたいな風潮はおかしい。改めてそう思う一冊でした。

    適度に依存できる能力を身に着ける修業をしたいと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

小田晋の作品

「日本人の依存」を精神分析する―健康な依存、病的な依存はこんな本です

ツイートする