冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになる

  • 51人登録
  • 3.73評価
    • (9)
    • (5)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 小阪裕司
  • 大和書房 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479790969

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生の冒険について。人はちらっとみてしまったその先に、行ってみたくてしょうがなくなるというフレーズに納得。
    私も先を見てしまったり、上のポジションの生活をみてしまったら、そこへ行きたくなるもんなぁ。

  • 【資料ID】94425
    【分類】159/Ko82

  • なんかワクワクしてきたwwwww
    もっと目標を明確に!!


  • 「天職の作法」に続く2部作目

    天職を生きながら、

    当然のようにやってくる数々の難関にぶちあたったら・・・


    一気に読んじゃってください

    すっきりしますよ!

  • 「冒険」
    この言葉を聞くと何故だか、心が沸き立ち胸が高鳴る。

    この本は人生を冒険と捉えており、またタイトルどおり「冒険の作法」というものを教えてくれることで、同時に人生というテーマについても多くのことを教えてくれている。

    あなたは冒険の招きに応じますか?
    日常を破ることはできますか?

    冒険には作法があるように、人生にも作法があります。

    人生の冒険に出る前に、まずはこの本を。

  • …人生は冒険だ!道は開ける。冒険には作法がある。自分の人生はこうして経営をする。…と言う話を、「スターウォーズ」「指輪物語」などの例もまじえつつ、現実世界と照らし合わせつつ。

     <strong>すごい、なるほど!</strong>と思った話を一つ。
     ある会社で新プロジェクトを始めるとき、会社のスタッフを集めて「○○を始めようと思う」「目的地はこの島だ。以上」→みんなざわざわ、不安。
     →これを「船を出してある島へいく冒険」に例えると、町の人たちを集めて唐突に「冒険のたびに出ようと思う」「どこを目指しているかというと・・・」「あとは各自、人員と備品をそろえて計画するように」→町人はとまどっちゃう。

    <strong>  ⇒冒険の旅への誘い方には順番が大切!
         1.相手に敬意と信頼と愛情を表する(言葉・態度)
         2.なぜ冒険にでなければならないのかを語る
         3.冒険から無事帰還すると世界はどうなるのかを語る
         4.冒険に出たいかどうかきく
         5.冒険の為に具体的に何をするか、プランを語る</strong>

    むむぅ。小阪さんすごいっす。私は唐突に用件のみ言っちゃう方だな・・・(^_^;)今度冒険風に言ってみよう。

    他にも、
    -----
    強いから人が集まるのではない。
    小さく、弱いにも関わらず、「私には役割がある」と言える人、
    そこに人がついてくるのです。
    -----
    いずれにしても、試練にはきちんと立ち向かうことです。きちんと立ち向かうというのは何を意味するかと言うと、試練の意味するところを質問するということです。

    そうすればそれ以上、本質的にその試練があなたの人生の邪魔をすることはないのです。
    -----
    とか、色々心にメモりたい事、多し。

  • 「天職の作法」につづく第二弾。ほんと冒険しないと人生は面白くないですね。

全8件中 1 - 8件を表示

小阪裕司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
神田 昌典
ジェームズ アレ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるを本棚に登録しているひと

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるを本棚に「積読」で登録しているひと

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるの作品紹介

人生は冒険。道は開ける。ワクワク系マーケティングの創始者が明かす世の中のしくみ、生き方のコツ。自分の人生はこうして経営する。

冒険の作法―仕事と人生がもっと豊かになるはこんな本です

ツイートする