会社とことん活用術

  • 28人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 大和書房 (2006年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479791577

会社とことん活用術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【No.72】「上司や同僚の生き方・・・なりたくない人生の見本があるからこそ、自分らしい人生とは何かを定義できる。自分の人生にとっての参考材料の一つとして活用する」「人から評価されるためには、”高い技術力を持つこと”はもちろん、それ以上に”人としての魅力”を備えていなければならない」「仕事ができる人は、仕事を定型化している。それによってミスを少なくして、時間を節約しているので、やがて人の何倍もの仕事をこなせるようになる。それが会社で活躍するということ」

  • サラリーマンは会社にある人材や会社の教育制度などをとことん
    使いつくせっという指南書。
    誰からなにを学ぶか?嫌な人は参考資料のひとつと考える。
    何故やりたいことができないのか。
    それは本当は何もやりたくないから。会社にいる時間を使って好きなことを見つけたり、マニュアルを作ったりしてみよう。
    そして習慣化が一番大事。

    こういった本を読みすぎてしまったのか、あまり驚くような内容ではなかった。ただし、まず会社についたら家計簿をつけるとか、
    ちょっと勉強するとかを習慣化するという点を取り入れて行こうと思う。

  • 成功者=独立起業じゃない!

    自己啓発セミナーに参加すると、社長ばっかり。
    『そんなに向上心があるなら、独立か転職すれば良いのに』
    と言われて、違和感を感じていました。

    会社員でありながら、自分の能力を活かし、
    会社や社会に貢献していく事も出来るはず。

    『会社活用術』というタイトルから、会社側は眉をひそめそうですが、
    結局は、社員が学ぼう!成長しよう!と思って働く事が、会社にとってもプラスになるはず。

    『あ~あ、会社行きたくないな~』
    と言っている同僚を横目に、ニヤリとできるようになりますよ(笑)

  • 来年就職するので一応読んでおいた。
    内容はまぁまぁかな。

全4件中 1 - 4件を表示

大和賢一郎の作品

ツイートする