和田裕美の運命の仕事に出会う本

  • 177人登録
  • 3.77評価
    • (19)
    • (23)
    • (33)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 和田裕美
  • 大和書房 (2006年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479791607

和田裕美の運命の仕事に出会う本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一気に読んでしまいました。自分に合った仕事とは?自分にはやりたい事も夢もない。私もそのうちの一人です。そんな時この本を見つけました。特に印象に残ったのは、なにも行動しなくてはやりたい事を見つける事も出来ないし、機会もない。その運命の出会いを作るためにもじっとしないで、目の前の事にひたすら向き合うこと、諦めないでやる事。そして自分の視野を広くする。そうすることで色々な可能性が広がり、自分に合った仕事が見えてくる。和田さんの「弱さ」を持っている人間を否定しない包容力、そしてポジティブな考え方にとても共感しました。その人間性が営業でも活かさてているのだと思います。

  • 星4つ

  • 英語を必要としてない人は英語を必要としない仕事を選ぶしかなく、出来るようになったら世界が広がる。前向きに生きている人には次のステージは用意されている。チャンスは動きながら待て。できるかできないかより、できるようになりたいか。ルーティンワークでもキャリアを積める。やりがいは1、お金2、タイトル3、人からの感謝。仕事は自分にチャレンジできるチャンス。楽をするとしんどくなる。仕事を好きになる努力をする。結果が出ないのは他の人より1、勉強不足なのか2、行動量が少ないのか3、元気がなさそうに見えてしまうのか。

  • この本転職するときに読んだはずだけど、
    内容は良く覚えてない。
    けど、こういう本こそきっと
    自分の中に活きている物があるはず。
    実際運命の仕事に出会ったしね。

  • 人生のわくわくステージに立とう!

    この本を読んで非常に励まされました。
    スキルとか、そういうことじゃなくて
    考え方次第で人生は変わっていく。

    無駄なことは何一つなくて
    全てが何かに繋がっていくんだよって教えてくれる本です。

  • この本大好き。後輩にも勧めたことがあります。

    もともとはFeBeでオーディオブックとして購入しましたが、初めて聴いたときすごく元気が出た覚えがあります。
    繰り返し何度も聴き、ついには本も買ってしまいました。

    本作は、私が初めて読んだ(聴いた)和田裕美さんの本だったのですが、
    第1章の最初のほうに出てくるM社長のくだりのところ、
    -----------------------------------------------------------------------
    私がこの言葉を聞いたら、「どうやったら真ん中に行けるかな?」とわくわくします。
    -----------------------------------------------------------------------
    この考え方がとっても素敵だなと思って、一気に和田裕美ワールド引きこまれました。

  • やりたい仕事はどう見つけるのか?


    職務経歴書を作ってみる
    過去の出来事を振り返り、今の自分で捉え直す

  • 仕事の中で悩むこと、やめようかなって思うことを認めてくれる本。

    そうやって「問題」を見つけることや、自分を見つめることが、きっとよりよい人生につながる。

    「わくわく」できるように、自分の考え方を変えよう。

    好き、ありがとう、幸せをいっぱい感じて、いっぱい伝えていきたい。

  • 和田氏のサクセスストーリーだったような気がする。

  • 今の仕事を一生懸命にやる。小さなステージだけど、その真ん中に立とうと努力する。それが出来ると必ず次のステージが用意されている。そのステージは前より大きいステージ。

全29件中 1 - 10件を表示

和田裕美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
デール カーネギ...
フィリップ・マグ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

和田裕美の運命の仕事に出会う本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

和田裕美の運命の仕事に出会う本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

和田裕美の運命の仕事に出会う本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

和田裕美の運命の仕事に出会う本を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする