自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 6806人登録
  • 4.15評価
    • (1082)
    • (740)
    • (500)
    • (68)
    • (29)
  • 896レビュー
  • 大和書房 (2006年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479791775

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
ジェームズ アレ...
トニー・ブザン
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の小さな「箱」から脱出する方法の感想・レビュー・書評

  • いかに今まで自分が自分勝手で、この本のいう「箱に入った」状態だったか、反省しきり。

    自分が思ってる以上に、自分の思ってることは口に出してなくても相手に伝わっている。

    つまり人間は、相手が自分のことをどう感じているかを察知する能力があるらしい。
    言葉でいくらおじょうずを言ってても、ほんと気持ちは伝わっている。

    自分の感情、純粋な思い、相手に対しての思いやりを裏切ることによって、いかに今まで自分を正当化するのに必死で無駄なエネルギーを使っていたか、を思い知った。

    自己正当化のイメージ、そして自分が勝手に作ってしまっている思考の枠、この本では箱の中にいるから、まわりに対して批判的だったのかがわかった。

    なにより箱の外に出るには、自分が箱の中に入っているということを認識して、単純にこの箱の外に出たいと願うこと。
    それには目の前にいる人をありのまま受け入れ、尊重すること。

    人間関係をよくするには、やり方ではなくて、やはり日頃の自分のあり方の問題だと思えた。

  • 人間というのは、常に他の人々に対して、箱の中にいるか外にいるかのどちらかである。箱の中に入っていようと外にいようと、外から見た行動は変わらないが、他の人々に及ぼす影響は大いに違ってくる。組織における成功は、その人が箱の中にいるか外にいるかによって決まり、リーダーとしての影響力も、やはり箱の中にいるか外にいるかによって決まってくる。
    自分がこうすべきだ、ということに逆らって行動する、このような行為を自分への裏切りと呼ぶ。自分への裏切りが、自分自身を箱の中に追い込む。一旦自分の感情に背くと、周りの世界を自分を正当化する視点から見るようになり、現実を見る目がゆがめられる。ときが経つと、いくつかの箱を自分の性格とみなすようになり、それを持ち歩くようになる。自分が箱の中にいることによって、他の人たちも箱の中に入れてしまう。箱の中にいると、互いに相手を攻撃し、互いに自分を正当化する。共謀して、互いに箱の中にいる口実を与え合う。
    箱の中にいると、①相手を変える、②相手と全力で張り合う、③その状況から離れる、④コミュニケーションを取る、⑤新しいテクニックを使う、⑥自分の行動を変える、ように行動することは、しても無駄である。
    箱から出るためには、①相手に逆らうのをやめ、②自分が間違っているかもしれないと考え、③相手のために行動する、必要がある。

  • 知人に紹介してもらって読んだ本ですが、
    非常に興味深い内容でした。

    「箱」とは「殻」みたいなもの。

    一度自分の「箱」に入ってしまうと、
    自分を正当化して、現実を正しく見ることが出来なくなる。
    この状態を本書では「自己欺瞞」と呼んでいた。
    その「箱」の中から何をやっても変わらないので、
    何よりもまず、「箱」から外に出て物事を見つめたり、
    新しい行動に移したりといったことをする必要がある。

    相手のためにと言うが、「箱」の中にいるときは、
    結局は自分を正当化することしか考えていないから、
    たとえ相手が自分の期待に応えたとしても、
    それに満足しないし、さらには感謝することも無い。
    その反応が相手に対して悪循環を生み、
    お互いがいがみ合うことになってしまう。

    まずは自分自身の考え方に誤りが無いかを見つめなおし、
    それから改善に向けてのアクションを取ることが大切。

    印象に残った内容(メモ):
    ・経験豊富、能力がある人が大勢集まっていたとしても、
     上手くいく会社と上手くいかない会社が存在する。
     その違いは、「自分をあるがままの人間として見てもらえているか」だ。
     あるがままの人間として見てもらえると、頭の切れる人は更に頭を
     働かせ、スキルを持った人はさらにそのスキルを発揮し、よく働く人は
     さらに懸命に働く。

    ・自分の感情に対して目をそむけたときに、人は「箱」の中に入る。
     一度箱に入ってしまうと、以下のような悪循環に陥る。
     1.いったん自分の感情に背くと、周りの世界を、
       自分への裏切りを正当化する視点から見るようになる。
     2.周りの世界を自分を正当化する視点から見るようになると、
       現実を見る目がゆがめられる。
     3.時間が経過すると、いくつかの箱を自分の性格と見なすようになり、
       それを持ち歩くようになる。
     4.自分が箱の中にいることによって、他の人たちも箱の中に入れてしまう。

    ・箱の中にいるときに、してもムダなこと
     1.相手を変えようとすること
     2.相手と全力で張り合うこと
     3.その状況から離れること
     4.コミュニケーションを取ろうとすること
     5.新しいテクニックを使おうとすること
     6.自分の行動を変えようとすること
     要するに何をやってもムダである。

    ・箱の外に出るためには、
     「自分が間違っているのではないか?と疑う」
     「相手のために何かしてあげたいと感じる」
     ことが大切で、特に1つ目が重要。

    ・完璧であろうと思うな、よくあろうと思え!

  •  もうずっと前に読んだ本なんだけど、思いついたことがあるので書く。
     人が箱に入りたがること、箱に入るとろくなことにならないこと、これはすごい納得なんだけれど、箱ってなんなのか、なぜ人は箱に入りたがるのか、それがどうしても分からなかった。続編を読んでもそうだった。だけど、それが分かったの。
     箱って言うのは「敵から身を守るための構え」なんだよ。箱に入るっていうのは、敵がいるっていうこと。そして、その敵から身を守る、または、自分の利益を横取りされないように、傷つけられないようにするための気持ちのありようが箱なんだ。で、ここで「敵」っていうのは、攻撃してくる相手だけじゃない。利益が競合する人、自分の利益を損なう人も敵なんだ。
     ところが、それは本当は敵じゃないんだよ。その人はあなたの同僚や家族や、あるいは特別な必要を持っている人なだけで、決してあなたの利益を横取りしようとしている訳じゃない。あなたはそれらの人々と、進んで利益を分かち合うことができる。それどころか、そういう心持ちで(=箱から出て)人と相対することで、箱に入っていた時よりももっと大きな利益を手に入れることができる。
     つまり、敵と見なして競合するか、味方と見なして協力するか、前者が箱に入った状態、後者が箱の外にいる状態。相手が本当に敵ならば自分を守る必要はあるけれど、そうじゃない時にも敵と見なしがちで、だから、すぐに箱に入っちゃうんだ。でも、実際はそうじゃなくて(家族や秘書の人は、主人公の敵ではなかったよね)味方なんだから、協力したほうが良いよ、そのほうが物事うまく行くし会社も儲かるよ、っていうことなんだよ。
     で、これはキリスト教の愛の話だよね。自分自身や身内に向ける愛を、すべての人に向けなさいよっていうのが聖書に書いてあると思うんだけれど、これは逆に見ると、人はほっとくと自分や身内は愛するけど他人は愛さないってこと。愛さないっていうのは、利益を分かち合わないっていうことだよね。で、人はすぐに箱に入って自分の利益を守ろうとしがちなんだけれど、そうじゃなくて、誰だって敵ではなくて隣人なんだから協力しなさいよ、それが幸せにつながるんだよってなことなんじゃないか。つまり、善きサマリア人は箱の外に出てるけど、祭司やレビ人は箱の中にいる、ということ。
     とりあえず、なんかそんな感じ。

  • <特に印象に残ったこと>
    *自分を欺いているときには、わたしたちは「箱の中」にいるというわけだ
    *自己欺瞞に冒されえいる人ほど問題が見えない
    *自分が他の人のためにすべきだと感じたことに背く行動を自分への裏切りと呼ぶ
    *周りの世界を自分を正当化する視点から見るようになると、現実を見る目がゆがめられる(good)
    *したがって、人は自分の感情に背いたときに、箱に入る
    *自分が箱の中にいることによって、他の被とたちも箱の中にいれてしまう。
    *他の人々に抵抗するのをやめたとき、箱の外に出ることができる
    *完璧であろうと思うな。よりよくなろうと思え
    *他の人が間違ったことをしているという点に注目するのではなく、どのような正しいことをすればその人に手を貸せるかを、よく考えろ
    *他の人々が手を貸してくれるかどうかを気に病むのはやめろ。自分が他の人に力を貸せているかどうかに気をつけろ(good)

  • ■自分の箱

    1.自分への裏切りは、自己欺瞞へ、さらには箱へとつながっていく。

    2.箱の中に入ると、業績向上に気持ちを集中することができなくなる。

    3.自分が人にどのような影響を及ぼすか、成功できるかどうかは、すべて箱の外にでているか否かにかかっかている。

    4.他の人に抵抗するのをやめたとき、箱の外に出ることができる。

    5.他の人が間違ったことをしているという点に注目するのではなく、どのような正しいことをすればその人に手を貸せるかを、よく考えろ。

    6.他の人々が手を貸してくれるかどうかを気に病むのはやめろ。自分が他の人に力を貸せているかどうかに気をつけろ。

    7.相手を一つの集団として見てはいけない。一人ひとりについて考えるんだ。

  • 2016.4.5-4.13
    •人は、「人」として見られているか、「もの」として見られているか感じることができる。心の中でどう思ってるかが問題。こちらが外見上何をしているかが重要ではない。心の中でどう思ってるかに反応する。
    •ものとして見る=邪魔、障害、道具、無関心
    •自分をあるがままの人間としてみてもらえるとなると、頭の切れる人は更に頭を働かせ、スキルを持っている人は更にそのスキルを発揮し、よく働く人は更に懸命に働くという事実を知らない
    • 目の前の相手は「人」か「物」か
    •「経営陣は入社した人の写真を全て受け取り顔や名前を覚えようと努力する」→人を「人」として見るために。人を「物」としてみないように。相手の名前に関心がないということは、1人の人間としての相手に関心がないといこと。名前を覚えているかどうかは基本的なリトマス試験紙。
    •人間というのは常に他の人々に対して箱の中にいるか外にいるかどちらかである。
    •箱の中にいようが外にいようが、「行動」は変わらないが他の人々に及ぼす影響は大いに違ってくる
    •組織における成功はその人が箱の中にいるか外にいるかによって決まり、リーダーとしての影響力も箱の中にいるか外にいるかによって決まってくる
    ■自分への裏切り:
    1.自分が他の人の為にすべきだと感じたことに背く行動を自分への裏切りと呼ぶ。自分への裏切りは箱の中に追い込む行為。
    2.いったん自分の感情に背くと周りの世界を自分への裏切りを正当化する視点から見るようになる
    3.周りの世界を自分を正当化する視点から見るようになると現実を見る目がゆがめられる
    4. 自分が箱の中にいることによって他の人たちをも箱の中に入れてしまう
    ■箱の中にいるときにしても無駄なこと
    1.相手を変えようとすること
    2.相手と全力で張り合うこと
    3.その状況から離れること
    4.コミュニケーションを取ろうとすること
    5.新しいテクニックを使おうとすること
    6.自分の行動を変えようとすること
    •リーダーとしての成功は自分への裏切りからどれだけ自由でいられるかにかかっている。どれだけ箱の外にい続けられるか。そうなって初めてリーダーになれる。人々から信頼され、期待に応えようという気を起こさせ一緒に働きたいと思わせるリーダーになれる。
    •本気にならなければ人はついてこない
    【知っておくべきこと】
    ◇自分への裏切りは自己欺瞞に繋がり、さらには箱の中に入ることにつながる。
    ※箱の中に入った状態:周囲に抵抗、批判的になり、自分を正当化させる状態
    ◇箱の中にいると業績向上に気持ちを集中できなくなる。
    ◇自分が人にどのような影響を及ぼすか、成功できるかどうかは全て箱の外に出ているか否かにかかっている
    ◇他の人々に抵抗するのをやめたとき、箱の外に出ることができる
    【知ったことに即して生きること】
    ◇完璧であろうと思うな、より良くなろうと思え
    ◇すでにそのことを知っている人以外には箱などの言葉を使うな。自分自身の生活にこの原則を生かせ
    ◇他の人々の箱を見つけようとするのではなく自分の箱を探せ
    ◇箱の中に入っているといって他人を責めるな。自分自身が箱の外に留まるようにしろ
    ◇自分が箱の中にいることがわかっても諦めるな。努力を続けろ
    ◇自分が箱の中にいた場合、箱の中にいたということを否定するな。誤った上で更に前に進め。これから先、もっと他の人の役に立つよう努力しろ。
    ◇他の人が間違ったことをしているという点に着目するのではなく、どのような正しいことをすればその人に手を貸せるかをよく考えろ
    ◇他の人々が手を貸してくれるかどうかを気にやむのは辞めろ。自分が他の人に力を貸せているかどうかに気をつけろ

    父を息子から引き離し、夫を妻から引き離し、隣人と隣人を隔てるもの、それと同じものが同僚と同僚を隔てている。会社が... 続きを読む

  • 考え方を変えるきっかけとなる本。そういう意味で、最近読んでいる本は当たりが多い。意識が変わると、気持ちが楽になるなぁと読み終わってからここ数週間で実感しているところ。
    一度に変わらなくても、そのことに気がつき意識をする努力はできると思うので、これからの人間関係に活用していきたいと思います。寄藤文平さんかな?イラストレーションも可愛い。ストーリー形式なので読みやすく誰もが陥りやすいシチュエーションで語られているので、引き込まれました。

  • 自分の考えの中に陥ってしまうこと、またその状態を「箱」と表現している。自分中心の考え方を修正していることを箱から「出る」と言っている。まず、自己中である状態を説明して、その状態を確認すること。自分をあざむくことから、問題が発生する。自分は気付いていない、自己欺瞞が発生源であることを説明する。問題が見えない人ほど深くはまる。自分への裏切り⇒あいてのするべきことを責める⇒被害者の自分を正当化。箱の中は居心地がいい(相手も)箱の中に入るように仕向ける。箱から出るためには、「素直な自分を引き出す。楽な人間関係を選択。他の本でも同様の事柄の説明をしていたものがあるが、本書の説明が自分にはあっていたようでよく分かった。
    時々読み直す必要があると考える。

  • どうすればコミュニケーション能力が上がるのか?どうすれば人とうまく関われるのか?そんなことを求めて取った一冊目の本。

    ある管理職のわたし、トムがザグラム社に入社、バド・ジェファーソンによる丸一日をかけた1対1のミーティングをすることに。

    バドは冷静に、的確に、理路整然と、例え話や過去談を交えながら問題提起をする。

    話の根底は「自己欺瞞」この本の題名にもある「箱」である。ザグラムではこの状態に陥っていることを「箱の中に入っている」という。この「箱」について学んで行く物語である。

    人を励まし、導き成果を上げさせることのできるバドの言わば師である昔の会長ルー・ハーバード。それとは正反対のトムの前上司チャック・スターリー。この、人に与える影響力の違いはどこからくるのだろうか?

    それが先に言った自己欺瞞、箱であり言い換えれば「箱の外にいるか中にいるか」である。

    【箱の外】他の人や自分をあるがままの人間として見ている
    【箱の中】ゆがんだ目で、いわば物としてみている

    ニーズや望みを持った自分と同じ人間として見ているか、単なる物、驚異や厄介者、問題として見ているか。そこで人に対する行動が変わってくる。

    そして「人は相手が自分をどう見ているかを感じ取り、それに対して反応する」のである。(人はあるがままの人間として見てもらえるとなると、それに応えようと、例えば頭の切れる人はさらに頭を働かせたりする)

    人は相手の行動ではなく相手のありよう、相手が自分に対して箱の中にいるか外にいるかに対して反応する。

    ならば(叱る時など)ソフトな行動にせよハードな行動にせよやり方に二つの方法が出てくる。箱の外でハードな態度をとるか、箱の中でハードな態度をとるか...[第一章]

    会話で物語が進んで行くので読みやすい。バドのしゃべり方も人を惹きつけるものでこういうのが話術といった技術なんだろう。バドは必ず一度トムに考えさせるのでまさにキャッチボールのような会話。うーん本当に頭が良さそう(笑)すごいカッコいいなこれ...鈴木さんや今城さんに似たものを感じる...目標が見えてきた!←
    疑問を一つ。何でもわかっているような、常に策略を張り巡らせているような会話のテクニックや掌握術を心得ていそうな吉田先生に対して僕はやり辛さを感じていた。(汚さはないけどまるでチャックのよう...)箱の中でなく外に出ないといい関係は気づけないというのはわかったけども、例えば打算的なものしかない人に対して外に出ると相手の壺なのではなかろうか?こちらがいい関係を築きたくても、うまく手のひらで転がされることになる...?いや、こちらが外に出ていればハードの例の如く相手に強く出ることもいい方向へ繋がるのか...?(掌握術などは相手を自分に引き込むというか、関係を円滑にするために管理職なら誰でも得ている技術だろう。いわば擬似的に箱の外に出ていると見せる(関係を円滑にするため)もの...とするとそういう人はチャックのようになるわけでバドのいう言う通りルーのように本当に外に出ている人が持つからこその技術...チャックのような者に当たらないことを祈る?笑)
    しかし箱の外、中ってのは面白い。自分が外でたまに周りを気にせずする行動の原因は周りの人を物と見てるからなのかな?

    上にあげた打算的な人の例はつまりは相手が箱の中に入ってる場合はどうするんだ?バドのいうことはちょっと小綺麗な話なのではないか?という話に繋がるらしい。ここからが第二章

  • 人とのコミュニケーションのあり方の根本を説いた本。
    いくら最新の技術や方法を身につけても、
    もっと本質的な部分で自分自身の心の在り方がよくなければ
    その効果はうまく顕在化しないということ。
    それを「箱」という概念を用いて平易に解説されています。
    いろんな場面で役立ちそうな概念です。
    自分自身を振り返っても反省すべき点は多く。
    「箱」からの脱出目指してチャレンジあるのみですね。

  • 電車の座席に座っていると、ふと自分の前に年配の方が立つ。
    にもかかわらず、眠っているふりをしてやり過ごした事はないだろうか。

    その時、私のこころの中では「自己欺瞞」が起こっている。

    自分の隣りにいる若者も席を譲らないじゃないか。だいいち僕は今、仕事で疲れている。自分が席を譲ったら、もしかしたらこのおじいさんは怒りはじめるかもしれない。いつもだったらちゃん譲るし、今日は仕方がない日なんだ。それにこんだけ考えてるし、気を使ってるんだから僕はむしろ、いい人なんだ。

    つまり、自分偽ろうとすると、自分の行為を正当化する為に自分を擁護する理由を考え始め、相手を貶す方向に物事を考え始める。つまり、自分の「箱」に籠ってしまう。

    他人のことは行動で判断するが、自分の事は想いで評価する。

    そんな人間関係の不思議が分かりやすくまとめられた一冊です。

  • なぜ自分は「箱」に入ってしまうのか、どうすれば「箱」から脱出できるのかを
    小説形式でわかりやすく教えてくれる本。

    この本の良いところは、無暗に他人を原因としないところにある。
    自分の心を裏切ることを原因としているから、改善するときも比較的スムーズに移行できる。

    そして、この本から真に学ぶべきは主人公の「行動力」。
    方法は実践を伴って初めて意味のあるものとなる。

  • 人のせいにせず、いつも問題は自分の中にある。
    そんなことをずっと説明してくれてます。読んでて初めての人には分かりやすい印象でした。
    自己啓発を沢山読んできた人には、説明がくどいと思うかもしれないです。
    最後まで文章を読む前に言いたいことは分かるので、飛ばして結論だけ読む箇所が何度もありましたが、
    そこは人それぞれ、本の言いたいことはとても良かったです。

  • 箱の中は、心地よく、なかなか出れないなあ。

  • 読むだけで、毎日の過ごし方が変わる。そんな力を持つ本です。

  • 私みたいに、周りがみんなバカに見えている人は読んで欲しい。
    よく言われる「バカと言う奴がバカ」ということに気付かされます。

  • 自己啓発本だけど、物語になっているので読みやすかったです。
    最初はピンと来なくても、読めば読むほど自分がしてきたことに気づいて衝撃が走りました。
    まさにこの話の主人公と同じような感覚。
    絶対相手が悪いと思ってたのが、違うのかも!に変わった時の感覚は覚えていたいと思いました。
    読んでよかったです。

  • 雰囲気のいい表紙を見るとついつい欲しくなってしまいます。

    人間関係において、なんの偏見もなく、素直な気持ちで相手と向き合うことは非常に難しいことである。
    自分やほかの人たちをゆがんだ目で見ており、ほかの人々をモノとしか見ていない状態を本書では『箱』に入っていると表現している。
    『箱』に入っている状態では、両親や恋人、友だちやビジネスパーソンなど、多種多様な人々との交流において問題が噴出し、自分だけでなく周囲の人々にもつらい思いをさせることになる。
    本書では、『箱』から出る方法を、とある会社勤めの男性とその上司とのやりとりを通して紹介している。
    あなたが『箱』から出て、『箱』に入らないために必要なことはなんなのか、あなたに寄り添って歩む一冊。

    本書を読み終わってから気が付いたのですが、こういった自己啓発本にしては珍しく、頁に折り目を付けていませんでした。
    これは、あとで読み返したい箇所がなかった、というわけではなく、一冊通して読んでこそ意味のある本である、という認識に基づいています。
    自分の失敗や誤りを他人に指摘されることは、決して愉快なことではありません。
    正論だからといって、正面切って「あなたは間違っている」と告げるだけでは、人は変わろうと思えないばかりでなく、意地でもこのままでいてやろうと思う人も出てくることでしょう。
    絡まった心をそっと解きほぐし、一緒に考えようとしてくれている著者の意図が伝わってくるからこそ、この本はこんなにも素直に読むことができるのだと思います。
    …ザグラムって会社、本当にあるのかな。

  • 自分の本心に反しているのを知りながら無理に正当化すること: Meet Up 大阪 @ blog
    http://meetuposaka.seesaa.net/article/417146008.html

  • 「箱」にまつわる事例、特にその中でも、箱に入った状態における感情の発生の仕方、順序は、目から鱗の気づきを与えてくれる。相手を歪んだ視点で見てしまうということ、それゆえに本来の望みと真逆に動くよう相手を仕向けてしまうという話は驚きだった。とても論理的で納得できるメカニズム。ただし、ケースによっては箱から出る方法はとても難解で、特に箱の外に居続けることが難しいということも、しみじみ理解出来た。実践的なことをよりわかりやすく学びたいので、続編を読もうと思う。

  • 再読…のはずなんだけど、箱にまた入ってたことに気づけた

  • 「自己欺瞞」に陥るプロセスを分かりやすく解説した本。だれもが一度はこの本のいう「箱に入る」状態を経験したことがあるのではないでしょうか。
    書いていること通りのことを過去に自分がやっていて、なかなか耳が痛い本でした。

    この本を読んでから、自分が「箱に入っている」状態なのかどうか自分で判断できるようになった気がします。
    それだけでもこの本を読んだ価値がありました。

  • 「君には問題がある。それを周りの全員が知っている」といきなり言われたらどんな気分になるか。たぶん不愉快になる人の方が多いと思う。でも読み終わるころには、その言葉の意味の捉え方が180度変わっていた。
    自分には問題があるし周りの全員がそれを知っている。

    人の感情の動きをつぶさに見て、どこから人の見方がゆがんでいて何を変えれば物事が良くなるのかを、冷静に見つめる本。「人は変えられない。自分が変わるかどうか」というようなことはよく言われることだけど、なぜそれが必要なのか、それをやった結果どうなるのかをすごく丁寧に書いてある。
    物語形式で読みやすいし、反論したくなるポイントへの回答が細かいところまできっちりおさえてあって納得感がある。
    朝読むのがオススメ。すがすがしい気持ちになれます。

  • この本で言う箱の中、それは自我に囚われてる状態。
    箱の中に入っている状態と言うのは主観でしか物事を見れず、1つの価値観だけの小さい枠組みだけに留まっている、視野の狭い状態と言うこと。
    箱の外に出ると言うのは、自分に嘘をつかない、心の底から自分以外の立場に立って物事を冷静に考えられる状態で、その箱の外に出るにはどうすればいいのかと言うことが、ストーリー方式で書かれている。


    箱の中と外と言う基本的な考え方と言うのはあるけど、ある人に対して箱の中に入っていたとしても、ある人に対しては箱の外と言うことはある。
    その時、自分から見て箱の外にいる人のお陰で、箱の中にいる時の状況から抜け出せるんだと言うことがあるらしい。

    人間関係はもちろん、ビジネスの根幹にあるものが、この箱の外にいるか中にいるかで大きく変わるんだということを知った。


    ・他の人が間違ったことをしているという点に注目するのではなく、どのように正しいことをすればその人に手を貸せるかを、よく考える

    ・完璧であろうと思うな、より良くなろうと思え

全896件中 1 - 25件を表示

金森重樹の作品一覧

金森重樹の作品ランキング・新刊情報

自分の小さな「箱」から脱出する方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする