サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法

  • 241人登録
  • 2.91評価
    • (4)
    • (18)
    • (35)
    • (22)
    • (6)
  • 28レビュー
著者 : 島居里至
  • 大和書房 (2009年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479792826

サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不動産投資の成功例。
    知識習得とかなりの時間を割く必要がある。

  • ・お金の入り口を複数作る
    ・良い借金をして、時間を短縮する
    ・成功例をまねする

  • サラリーマンで不動産投資家の著者が、株式投資・不動産投資・飲食店経営について述べた本です。負債額が書かれていないのでミスリーディングですね。

    株については、証券会社に手数料を多く落としてIPOをたくさんもらうスタイルで、正直あまり効率的だとは思えません。不動産については、都心部駅近で利便性のよい立地を買って賃貸に回すスタイルで、銀行からいかに資金を引いてくるかがポイントのようです。飲食店経営については、不動産経営に付加価値をつける(利回り20%を狙う)ことを目的にバーの経営を行い自分は働かず他の人を店長にするというスタイルで、優秀な人材をいかに確保するかがポイントのようです。

  • ・銀行から融資を受ける前に定期預金や積立預金をして信用を作る

  • 『サラリーマンの僕が〜』的な本ってめちゃくちゃありますが、これからの時代「サラリーマンじゃない僕が〜」という人が増えてくると思われる。しかし、そういう人こそ、お金の知識や投資について知り、資産を適切に運用していく事が大切な時代になってくる。ただ、何事にも種銭が必要で、生活費を使ったうえで、種銭を作る必要がある。本書では、給料の一部を株式にまわし、運良くIPO銘柄で金儲けをし、その金で比較的安定している不動産を買い、勉強して飲食店のオーナーになるという話。IPO銘柄を紹介してもらうコツ等も書いてある。

  • 非公開

  • 株→不動産投資→バー経営のサクセス指南本。
    複利で儲ける考えは正しいと思いますがとっかかりの株の資金は用意できないとダメでしょうね。

  • p26
    72の法則とは、72を年利で割れば、元金が2倍になるまでのおおよその年数がわかる便利な法則です。

    p36
    すぐに銀行口座を造り、お金を預け、「クレジットヒストリー」を作ること

    p52
    お金持ちは、お金を一気に増やそうとしません。
    ①一気に増やしたお金は、無目的に使ってしまう可能性が高い
    ②一気に増やすと、複利効果が得られない

    p60
    1億円の元手があれば、金利で年収(600万円)を稼げる

    p65
    お金持ちは次の2つを実行しています。
    ①給料だけではなく、複数のお金の入り口をつくること
    ②お金の出口を絞るということ

    p68 「投資」
    ①時間を得られるもの
    ②お金(資産、資源)を得られるもの
    ③情報を得られるもの
    ④人脈を得られるもの
    ⑤ノウハウを得られるもの

    p105
    不動産投資にはセオリーが確立されており、成功パターンや失敗パターンを分析すれば、不動産投資におけるほとんどのリスクを回避できる

    p121 不動産を買うときの、絶対はずせない条件5つ
    1.都心からアクセスのよい全国的に有名なリッチ
     代官山、恵比寿、品川、横浜元町、
    2.駅から徒歩5分以内の超駅近物件
     電車の騒音もあるので地下鉄の駅から5分位内の物件を狙う。
    3.周辺にスーパー、コンビニエンスストア、クリーニング店などがある。
    4,高速道路の脇や、大街道沿いではない。
    5.投資用マンションが飽和しているエリアではない
    東京都内の西新宿5丁目、水天宮

    p130
    借金は払い終えるよりも、借りなおしたほうがよいのです。

    p159
    住宅管理は管理会社に一任したほうがラク

    p161
    僕がかけている管理費用は、契約更新が行われた月や入居者が決まった月は1ヶ月分の家賃をある会社に支払うのみで、毎月ゼロ円です。
    「え?なにそれ?」と思われた方は個別にご連絡ください。ご紹介します(笑)。

  • 著者のルールは単純明快、「お金の入り口を複数にする」「お金の出口を絞る」。
    情報は若干古いのと、「セオリーに乗れ」「不動産」「良い借金」と焼き直し情報も多いが、
    銀行融資や飲食店経営のノウハウまで出てくる、入門には好著。




    以下、読書メモ。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    複利運用で2倍にする「72」の法則

    「投資」とは?
    ・時間を得られるもの
    ・お金(資産・資源)を得られるもの
    ・情報を得られるもの
    ・人脈を得られるもの
    ・ノウハウを得られるもの

    「消費」とはこの逆

    ※「資産」「資源」とは「自分のポケットにお金を入れてくれるもの」(金持ち父さんより)

    ・銀行に提出する事業計画書
    自己紹介・経営理念・会社概要・事業内容・返済計画・銀行の取引メリット
    ・銀行融資の判断ポイント
    資金用途・返済原資・担保・銀行側のメリット

  • 市立図書館。読みなおす必要なし。バーテンダー専門学校というものがあると初めて知った。

全28件中 1 - 10件を表示

島居里至の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法を本棚に登録しているひと

サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サラリーマンの僕が35歳で資産3億円つくった方法はこんな本です

ツイートする