25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~

  • 425人登録
  • 3.36評価
    • (12)
    • (52)
    • (54)
    • (19)
    • (3)
  • 66レビュー
  • 大和書房 (2012年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793373

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんでもやってみよう!僕たちは死ぬんですよ!

    自分の仕事を多角化して、複業をしていくことを提唱。

    副業ではなく複業と著者が記しているのは、コアの仕事(会社員)とその他の仕事が個別に存在しているのではなく、それぞれが相互作用してプラスの影響を与えているという理由からである。

    経営学では、多角化戦略と呼ばれるものがある。コアのビジネスをいくつも打ち出し成長させていく経営である。

    例えば、フジフィルムはカメラ業というコアビジネスを医療や化粧品など、新しいコアビジネスを確立させ生き残っている。

    その際、新しいコアビジネスは今までフィルムビジネスで培った技術を応用させて医療や化粧品に応用させている。

    本書でも新たな複業はコアビジネスを応用して相互作用させるものであるべきという。

    ボクは金融業がコアビジネスだ。趣味は、海外旅行、とくに台湾旅行。金融業を台湾をうまくコングロマリットさせていきたい。

    具体的には、台湾を極めるということだろう。
    台湾旅行を趣味という枠組みから脱皮させ、例えば、台湾ビジネスや台湾学を自分の中で確立させていくとか・・・。

    とにかく、僕らはいつか死ぬのだ。
    ワークスタイルをどうするかで、ボクの人生も大きく変わる。
    この本を読んだときから、ボクの心は色々と動き出している。

    まずは、毎日の習慣をかえて、コアビジネスをゆるぎないものに極めつつ、複業を確立させていきたい。

  • チェック項目8箇所。かけがえのない、限りのある自分の人生、見ず知らずの誰かが作った常識に従う必要はないし、自分の生き方を人に何と言われようと関係ないのです。「コングロマリット」とは、一言で言うと、まったく異なる性格をもつ事業を組み合わせて展開している企業のことです、ひとりコングロマリットは、特殊な才能がなくても、どんな人でも自分次第で実現できます、ランチの時間に限らず、似たようなことは他にもたくさんあります、「規則だから」「常識だから」と無条件に受け入れるのではなく、「このルールは何のためにあるのか? 誰が決めたのか?」と一度心の中で疑ってみる、そういう思考を習慣づけることが、会社に依存しない新しいワークスタイルを築くための第一歩になるはずです。モチベーションというのは人に上げてもらうものではありません、「それを何のためにやっているか」というところから生まれるものです。会社に勤めながらいくつか仕事を持っていたとしても、ひとりコングロマリットの場合、それらは「本業と副業」ではなく、全部まとめて「複業」なのです、他の人にはない付加価値が生まれれば、必ず誰かから声がかかり、広がりが出てきます。自己管理は、会社に依存している状態を長く続けていると、だんだん苦手になっていきます、逆に言うと、会社という守ってくれる存在があるので、依存していてもなんとかなってしまうわけです。コングロマリットを形成していく上でありがちな失敗が2つあります、まず、絶対にやってはいけないのは、「何かがイヤで、これをやめたいからほかのことをしよう」という発想で動くことです、もうひとつやってはいけないのは、最初からお金を追ってしまうことです。ひとつの場所でひとつのことだけどをやっていると、「これだけやっていればいい」というルーティンが固まってきます、そうすると、新しいものを生み出さなくてすみます、これはある意味ラクな生き方だと言えるでしょう。

  • サラリーマンが複数のビジネスを持つことの本質的なメリットが語られている一冊。

    軽い感じで読めます。
    あまり本を読む習慣のない人にもさっと読めると思います。

    将来に対する不安をあおるものではなく、価値観を見直すことでピンチをチャンスに変える視点が得られます。

  • 読みやすい本です。今回参考になったポイントは以下の3つ
    ⒈親の言う事は聞かないほうがいい
    時代が違う価値観が違うから土台納 得させるのは無理と言う事
    ⒉自分の看板をもっと全面に出す
    ○○会社の部長の○○です‼という時代は終わった。自分の興味のある事、得意な事からマルチに展開。自分のブランドを作るという事。
    ⒊子供にパパは何やってるひとかわからないけど楽しそう
    10年後はそういう人が増えるとの事です。
    毎日残業遅くまでやって頑張ってる‼は自慢では無く恥ずかしい時代になるでしょう。

  • 読了

  • 全く参考にならなかったとは言わないけれど、25歳さいからのという位だから、25歳位の人が読んだらさぞかし為になるだろう。
    コングロマリットという働き方を否定するわけでもないし(そうでなければ本書を読まなかっただろう)、著者らもその他の働き方を否定こそしていないが、なんとなくそこには彼らの働き方(コングロマリット)の方が優位であるという上から目線を感じた。
    だから、若者たちが読んで著者たちに心酔してしまう危険性を感じた。
    これも一つの働き方、他の働き方もあるけれど、要は選択で、どれが一番でどれが劣るという話ではない。
    そこら辺を踏まえて、色々な肩書を持つというコングロマリットな働き方をしたいのであれば、参考にはなるだろう。

  • 【No.23】「会社に文句を言う人ほど、会社に依存している。自立した人なら、本当に嫌だと思えばとっくにやめている」「忙しいのを人に自慢するのは恥ずかしいことである。要するに、効率が悪いから忙しくなるわけで、それを自慢するのは”私は時間の使い方が下手です”と告白しているようなもの」「納得できる環境は、誰かが与えてくれるものではなく、自分の力で作るもの」「できる人は何も言われなくてもとっくに複数の収入源を確保している」「人が出した結果をただ羨むよりも、その裏にある地道な努力を学ぶことが成功の秘訣」「何がやってくるかわからない状況の中、自分が作れる受け皿はどういうもので、どんなものが入るのか。そこをしっかり考えて自分のスタイルを作っていくことで、思いがけない仕事にも対応できる力がつくはず」

  • コングロマリットという、一つの仕事だけではなく、複数の仕事をすることでシナジー効果を生むという新しい働き方の提案。
    確かにおちさんていろいろやっているイメージがあったけど、定年までひとつの会社にしがみつかず、複業をすることでいくつかの収入源をもっておくことは大切なんだなと感じる。
    単によるコンビニでアルバイトをするのはただの副業。
    ではなく、今ある仕事や特技を生かし、全てを本業とすることが複業。
    たとえにトライアスロンを上げているがわかりやすい。

    仕事だって家だってひとつじゃなくていい。
    芸能人だって野球選手だっていつ仕事がなくなるかわからないから複業をするのと同様、会社員だって常識や古い固定概念ににとらわれず、自分なりのスタイルを持つこともありなんだという意識を変えてくれる一冊。

  • 働き方も現代に合わせて変えていかなければならない。
    会社に属している限り、完全なひとりコングロマリットは不可能かもしれない。
    けれど考え方として、ひとりコングロマリットを実践することはメリットが大きい。
    収入が少なく、一生をひとつの会社で過ごすことが少ない現代の若者が読むべき1冊。
    枠から外れることができない人が読むと目からウロコかも。

  • 印象的だったフレーズ。
    ・モチベーションは人に上げてもらうものではない
    ・あのね、君らは死ぬんですよ?

    当てにならない何かを待ってるだけの生き方は、もう金輪際やめにしよう、そんな風に捉えました。

全66件中 1 - 10件を表示

おちまさとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジョン・キム
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~を本棚に「積読」で登録しているひと

25歳からのひとりコングロマリットという働き方 ~仕事も肩書きもひとつじゃなくていい.~はこんな本です

ツイートする