情熱のスイッチ

  • 63人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 齋藤孝
  • 大和書房 (2012年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793571

情熱のスイッチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 熱いね。いつもの齋藤孝の本ではないカンジでした。

  • 「熱さを失った日本人」への、著者の熱いメッセージ。大学教授として教壇に立つ中、若者の草食的態度に、将来の日本に危機感を感じ、訴えかけている。「もっと熱くなれ。大切なのは才能ではない、情熱だ」と。仕事でも勉強でも、スポーツでも芸術でも、なんでもいい。こうありたい、こうなりたい、と強く思うことが大切だ。情熱の強さは精神の強さも養っていく。感情に出さず心に秘めた情熱の強さこそが、日本人の精神。各分野で活躍されている方たちの奮闘記が紹介されている。諦めない、それは、芯の強さ、情熱の強さ。好きこそものの上手なれだ。

  • 色々な著名人の「言葉」から人生への情熱をONにしようとする
    自分自身を見つめ直し、もっと熱く、もっと楽しくガムシャラに人生を過ごしていくことで…自分も社会も変わっていく、かもしれない
    やっぱり世の中で「成功」してると言われる方達は、自分の情熱にまっすぐなんだなぁと…その方々の本やお話をまた読みたくなる内容でした

  • 好きこそものの上手なれ

  • 日本を代表する著名人たちの、その道を進む心的決め手に焦点を当て、当人の言葉などを引用して紹介。失敗や悔しさも大切なのだな。「腕一本、パリの横顔」藤田嗣治、「私の個人主義」夏目漱石、「宇比山踏」本居宣長…読んでみよう。メモ「少なくとも、及び腰の成功者は存在しないのである」。

  • 話したことのうち3~4分の1しか相手に伝わらない
    仮面をつけたままのコミュニケーションも必要
    心に美しい怒りをもつ

    いろんな言葉が満載です

  • 詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=9159

全7件中 1 - 7件を表示

齋藤孝の作品

情熱のスイッチを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

情熱のスイッチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

情熱のスイッチの作品紹介

はっきりした"とっかかり"がほしい人へ-一般論からはみ出た「ほんとうの考え」が詰まったどこから読んでも「動きたくなる」本。

情熱のスイッチはこんな本です

情熱のスイッチのKindle版

ツイートする