きみたちはどう迷うか ~これからキャリアを築くために必要なこと~

  • 143人登録
  • 3.71評価
    • (8)
    • (18)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 酒井穣
  • 大和書房 (2012年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793595

きみたちはどう迷うか ~これからキャリアを築くために必要なこと~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生の迷いかた
    迷うのはいいことだと思う。

  • 著者であるメンターと架空の学生が
    就職やキャリアや転職などについて、
    本音を交えたコーチング形式の対話で
    進んでいくので、読みやすく頭にすっと入る。

    それぞれのテーマはある意味答えがないので、
    お互いに悩みながら答えを探していくのが
    リアリティがあった。

  • キャリア形成について。
    筆者に対しある青年がキャリア形成について相談するという対話形式で話が構成されている。就職活動にはじまり、内定、入社、昇進など会社内でのキャリア形成の節目ごとに約10年が綴られている。
    話としては現実的な折り合いをつけながら、それらを前向きにとらえていこうという結論で締めくくられている。この本の本題はそこではなく、その結論に至るまでの経緯を10年というスパンの中でシミュレーションしていることだ。タイトルどおり"どう迷うか"の一事例を見ているようだ。

  • <閲覧スタッフより>
    「キャリア」は「人生」ではない。キャリアを見つめながら人生について考えてほしい、と筆者は言います。大学生「A君」と「私」の対話形式でキャリアと人生、その成長の過程を綴っています。
    --------------------------------------
    所在番号:159.4||サカ
    資料番号:10216825
    --------------------------------------

  • どんな生き方を選んだとしても、最初から最後まで順風な人生なんてありえない。人生は入口ではなく、選んだ道でどう生きていくかで決まる。
    自分の考えた通りに生きなければならない。そうでないと、自分が生きた通りに考えてしまう。

  • モチベーションの低い後輩と勤務する今、彼に対してどういう言葉をかけて発奮させようか、と考えながら書店の棚を眺めていたときに見つけた本です。

    大学生から社会人としてキャリアを積んでいくAくんと著者との対話を通じて、成功の定義、会社の選び方、転職を決めるに当たって考えるべきこと、MBAについて、等のテーマで論を展開する本です。

    なかなか難しいテーマで二人の話が展開されています。社会人になって10年以上経つ私ですが、話に加われそうになりほど解をみつけることが難しいテーマです。

    そもそも解を見つけられない、個々人がこうやるというビジョンを設定するための手助け、という感じで各章締めくくられているので、これぞ経営学系の展開だと思いました。

    ハッ!とする言葉が随所にちりばめられていて、この書を購入してよかったなぁ、と感じました。

  • 請求記号:159/Sak
    資料ID:50068667
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 一対一の会話形式で進められていて読みやすかった。
    漠然と自分の将来について不安を感じた時に
    この本を読めば、考えるきっかけになって良いかも。
    日頃からキャリアについて興味があって考える習慣がある人にとっては
    少し物足りない内容かもしれない。

  • 教員からのリクエスト

全19件中 1 - 10件を表示

酒井穣の作品

きみたちはどう迷うか ~これからキャリアを築くために必要なこと~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きみたちはどう迷うか ~これからキャリアを築くために必要なこと~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみたちはどう迷うか ~これからキャリアを築くために必要なこと~を本棚に「積読」で登録しているひと

きみたちはどう迷うか ~これからキャリアを築くために必要なこと~はこんな本です

ツイートする