ハーバード流宴会術

  • 1154人登録
  • 3.43評価
    • (44)
    • (123)
    • (119)
    • (42)
    • (11)
  • 146レビュー
著者 : 児玉教仁
  • 大和書房 (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479793670

ハーバード流宴会術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハーバードを出た人の宴会流儀。すなわちおもてなしの姿勢。営業としての精神が書かれていると感じました。

    ・いくら頭が良くても、仕事ができても、「やさしさ」がない人とは、本気で一緒に何かをやってみたいとは思えない
    ・ビジネスパーソンたるもの常に9000円は財布に入れておくのが正解です。
    ・強いグリップの握手と堂々としたキスで場を掌握しろ
    ・最初の挨拶
    ・空いたグラスを見逃すな
    ・さんまさんはあまり自分の話をせずに笑いを取っている
    ・自分のポジションを良くするために笑うのではない。周りが働きやすい環境を作るために笑うのである

  • ハーバード流と銘打ちつつ、ほぼ宴会ノウハウといった内容で、「商社マンの宴会術」と題した方が読者を裏切らなかっただろう。要諦を心配りと主張する点には頷けるが、頻出する著者の宴会エピソードなどは実にくだらなく、時間を損した気分になる。表紙を見て興味を持った人には、まず中身をざっと確認する事を強くおすすめする。

  • 読了。これぞ最高のおもてなしか!?

  • 本書は『ハーバード流』と銘打たれておりますが、内容にはそんな深くは関係ないと思われます。宴会などで幹事を引き受ける機会がよくある方は、本書を読んで参考になされてはいかがでしょうか?としか言えません。

    本書はまぁ、なんというのか。『宴会術』をキーワードに様々なテクニックを用いて『成功』に導いてもらうためのノウハウが凝縮されております。個人的にはここで言う所の『宴会弱者』なので、ここに出ていることのほとんどは、全くこころに響いてきませんでした。学生時代から現在に至るまで、一時期、特殊な環境に身をおいていたことがあるので、ほとんど最低限度の『気配り』くらいはどうにかこうにかできるようになりましたが、ここしばらくは酒を飲む機会も一切なくなっているため、それを使うこともなくなりつつあります。

    『ハーバード流』とは銘打たれていても、あまり関係はないのかもしれません。筆者は総合商社に入社後、『東京の夜の怪物くん』という異名を持つ先輩社員に師事し、『宴会術』を極めていったそうで、それに磨きをかけ、整理体系化していくきっかけとなったのはハーバード・ビジネススクールで学んだ『経営学』だったとおっしゃっているのですが…。僕にはよく分かりません。

    ここに書かれているテクニックを使いこなすことができれば『幹事』として認められてはいくのでしょう。それ以外の事は正直、よく分かりませんでした。どこか、ここに書かれているのは『違う世界』のこととして捉えているせいなのかもしれません。

  • 前作が非常に面白かったため手に取りました。
    本書も勉強になる点があり、改めて自分の甘さを実感しました。。仕事柄、所謂宴会はそこまで多くはないですが、 常にビジネスマインドを持って行動することが公私問わず重要だと感じた次第です。

    So, let me ask you....
    What do you mean?
    Why?
    How do you feel?

    語尾を笑いでしめる。

  • 前著「パンツを脱ぐ勇気」でその行動力と面白さに一気に魅せられたため、2冊目が出たら絶対買うと決めていました。

    前著ではハーバード同期100数名を日本に招待したとさらっと書かれていましたが、本書では著者が商社時代から大事にされてきた宴会術、姿勢、心構えなどが紹介されています。

    本書が特徴的なのは、単なるハウツー本で終わらせることなく、ハーバードで学んだ、リーダーシップ、マーケティング、戦略、ファイナンス、組織論、人材育成などと絡めながら宴会術を紹介しているところで、これらの分野の知識も吸収しつつ、有益な宴会術が学べる点は素晴らしいです。

    ファシリテーターは練習次第で誰でも出来ると本書を読んで自信が持てました。これから海外で仕事をするので、その点でも参考になる点が多かったです。日本の宴会術を用いて少しでも働きやすい環境を作りたい。

  • 宴を仕切るうえで大切なことが、ハーバードビジネススクールの教えにある。
    「心のパンツ」を脱がせる宴会術。

    「ハーバード」流とつく書籍は結構あるけれど宴会術ときたかー!と思ってその切り口に引かれてよんでみました。
    内容としては。。。うーん、ハーバード流ってのはむりくりだなーという感じ。
    あーーー、こういう人いるよな。。。体育会系ノリの。。。。オヤジっぽいというか。

    著者自身がやっている宴会術、体験談が色々載ってますが、目の前でやられると正直ドン引きします、私というものもあります。
    ホストとしての心得という意味では参考になりますが、そんなん部活動の上下関係あたりで割りと学ぶし、ハーバードとは関係ないんちゃう?が感想。

    ただ国際的なパーティで何が受けるか、という件は参考になりました、まあ機会に乏しいですが。
    ピンポンパンゲームかあ。。。最後にやったのいつかな。

    言ってるTipisはちょっと昭和の香りが漂う、ホストの基本の心得としてはベーシックな本、と言えるでしょうか。
    でも、もーこういうTHE宴会には参加しようと思わないわー私。

  • 宴会前に上司からこれを読まされる気にもなってほしい。。

  • なんか高評価にする人が多いから期待していたんだが、そんな大したこと言ってるとは思えなかった。

    非MBA修士としてはMBAってパーティーばっかして遊んでるイメージだったがやっぱそうなんだな〜って思わされる内容だった。

    序盤は頑張ってHBSで学んだことも内容に織り込んでいたが、中盤以降はただの合コン・宴会の(割りと基本的な)心得ばかりで、果たしてこの人はHBSで何をまなんだんだろう・・・って思ってしまった。

    なんでもいいけど、ハーバードやスタンフォード出てる人が書いたというだけで「◯◯大学流」とかいう詐欺タイトルつけるのやめてほしい。別にこの本だってハーバード関係ないやん

    以下、建設的批判

    1)ハーバード流とか言いながら基本的に三菱商事の先輩のアドバイスを体系的にまとめた内容。「ハーバード流」って書けば読者が釣れると思ったんだろうが「三菱商事流」とでも書いてたほうがよっぽど内容として正しい。

    2)やたらHBSの同級生を日本に招待して連日連夜宴会でおもてなしした〜とかいてあるくせに、何をどう工夫して楽しませたのかという具体的な内容が書いてない。「みんな楽しんでくれて、日本のおもてなし文化を堪能〜」なんて自画自賛してるだけ。

    3)ところどころ、場が盛り上がらないのは性悪女のせい、ビッチとの合コンは早めに切り上げろなど、盛り上がれば俺のおかげ、盛り下がってるのは参加者が悪いっていうクソみたいな責任転嫁してるのがなんとも言えない器の小ささというかなんというか・・・そこをどう楽しませるのかって内容ではないのか・・・(白目)

    まあ小学生の夏の読書感想文に最適なレベルの文字の大きさと内容の薄さなので気楽に読むぶんにはいいんじゃないですか?2時間くらいで読み終わるし

  • ◆きっかけ
    夫の本棚より。2017/5/31
    ◆感想
    なんとなく手に取ったが、今の私はいまいち好かず、ざっと読み。2017/6/5
    ◆引用
    ・皆、さまざまな分野で活躍してきた実務家だけあって、なにか集団で事をなすために一番重要なことは、頭でっかちな理屈でも、格好いい外見でもなく、「人間同士の信頼関係」だとよくわかっている…p3
    ・僕は「本当にデキる」といわれる人を何人も見てきました。彼らに共通していることは「優しさ」です。(中略)人に対する優しさに欠ける人間は二流でしかありません。(中略)人としての心の温かさ、愛。それらを持っている人は、周囲の人間を動かし、大きなことを達成し、感動さえもつくり出します。いくら頭が良くても、仕事ができても、「優しさ」がない人とは、本気で一緒になにかをやってみたいと思えないものです。

全146件中 1 - 10件を表示

児玉教仁の作品

ハーバード流宴会術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハーバード流宴会術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハーバード流宴会術を本棚に「積読」で登録しているひと

ハーバード流宴会術の作品紹介

ハーバードで一番有名な日本人が教える若手社員もベテラン社員も役立つ仕事のやり方、お付き合い、おもてなしの行動。

ツイートする