人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~

  • 157人登録
  • 3.62評価
    • (7)
    • (13)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 前刀禎明
  • 大和書房 (2013年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479794080

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ●数値に現れないところに本当に面白いものがある
    数字やデータは過去の姿を表すもの=後ろ向きのマーケティング。大量のデータから何をつかむか、感じ取るかという「洞察力」が大切。それを養うのは、観察力であったり、仮設設定の力。データに頼るだけではなく、自分で見たこと、感じたことのリアリティが大切。

    ●成功体験に縛られず、失敗体験に怯えない
    失敗における最大のリスクは、実は相手の信用をなくしたり、会社に損失を与えることではありません。自分自身の成長のチャンスを逃すことです。本当の失敗とは、失敗だと気づいたあと、1)何もせず、ただ時間が過ぎるのを待つ 2)失敗から何も学ばない 3)一度や二度の失敗で挑戦するのをやめてしまう この3パターンだけです。言い換えれば、これ以外はすべて自分の資産になる、成功に転じる可能性を秘めているのです。

    ●既存の平均点だけを追っていると、ある日突然落ちこぼれになる可能性がある。ルールや基準が変わってしまうと、それまでのものが一気に陳腐化することがある。

    ●チャンスを待つのは、自分で探すより難しい
    チャンスは自分で探すもの。自分が進む道にチャンスがないと気づいたら、方向を変えて探すのです。
    「同じことを何度も繰り返して、違う結果を期待するのは狂気だ」byアインシュタイン
    大多数の人は先頭を行く人が世の中を変えてくれるのを待っているだけ。周りを自分色に染めるのではなく、自分が誰かの色に染められるのを待っているのです。
    「成功の秘密などない。好奇心を持って前に進んでいくことだ。前進することで、新しい扉が開くのだ。」byウォルト・ディズニー

    ●人生を左右するのは「正解かどうか」ではない
    人と同じことさえすれば必ず幸せになれるという確証はありません。むしろ、人と同じことばかりしてきた後悔がものすごく大きくなる可能性もあるわけです。人に追従することは、成功するチャンスも、成功の元となり得る失敗のチャンスも、自らの手で奪っているということになります。成功も失敗も、ある日ガラッとすべて入れ替わります。自分が選んだ結果を「正解にする」。

    ●感動を呼ぶのは、感動を伝えるしかない。
    自分が本気で信じていること、感動したことを、自分の言葉で率直にまっすぐに伝えることでしか、感動を呼ぶことはありません。人の心を本質的に動かすには、まずは自分が日常生活のなかで好奇心をふくらませ、物事をさまざまな角度から感じ取ってみる、自分の心で「感じる力」を高める、縦横無尽に想像力を働かせ、創造的な思考をすることです。

  • セルフイノベーションを起こすためには、どんな行動や発想を持ったら良いのかが、非常に分かりやすく述べられている。セルフイノベーションに必要な土台3つは「感じる」「考える」「行動する」。日々の生活の中で、感じ、考え、行動するということを繰り返していけば、自分が見えてくることが分かった。

    心に留まった箇所
    ①チャンスは自分で探すもの。自分でチャンスをつかみ取る。
    ②自分の強みをひたすら伸ばす。自分が既に持っているもの、自分の中にあるものを最大限に活かしていく。

  • マイナス1プラスi(自分らしさという意味のi)
    視点を変える

    1回読んだの忘れて、また手に取ってしまった。

  • 企業理念に深く共感して会社選びをされているような人の本だったので、感情移入がしやすく、やはり自分は「仕事の意義」を大事にしてしたいなと改めて思った。

  • 自分が本気で信じていること、感動したことを自分の言葉で率直にまっすぐに伝えることでしか感動を呼ぶことはない。この本を通して感じたことを自分で体験し、考えていく。

  • 私は大変好きな本でした。
    自分の気持ちを大切にし、自分が決めた道を信じて諦めずにやり抜くことの大切さを説いていると思いました。
    読みやすくやる気を出させてくれる本です。

  • 色んな気づきを得ました。
    「So what?」と問いかけることで本質を突き詰めていくこと。
    「期待を超える」に徹する。潜在的に求めている事を感じとり、期待以上の結果を提供する。
    情熱が人を動かす。

  • 出てくる例が一つの場所からは出ていないから、私にはぱっとこなかった。

  • 2013年12月
    三省堂書店で衝動買い

    内容全体を通してというより、所々に出てくる考え方(とそれを表現する言葉)が明確でわかりやすい。

    モメンタム・デマンド・デザイア
    -1+α
    など、いまでも忘れずに覚えていられるし、考えるときにふと浮かんでくる。

  • ★多くの企業を渡り歩いた著者の言葉から、組織に属さない「自分」というものの大切さが伝わる。

全16件中 1 - 10件を表示

前刀禎明の作品

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~を本棚に登録しているひと

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~を本棚に「積読」で登録しているひと

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~の作品紹介

30年間、価値創造の本質と向き合ってきた著者がまとめたワクワクする働きかたを始めるために必要なこと。心に留めておきたい32の提言と行動指針。

人を感動させる仕事 ~僕がソニー、ディズニー、アップルで学んだこと~はこんな本です

ツイートする