東大現代文で思考力を鍛える

  • 363人登録
  • 3.40評価
    • (5)
    • (21)
    • (18)
    • (6)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 出口汪
  • 大和書房 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479794202

東大現代文で思考力を鍛えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 解説ってこんなんでいいんかい、って思ってしまいますけどでも現代文てのは難解な部分を紐解いてみると意外と容易く、てことはままあったのでこんなものかもしれません。あまりに平たく書いてあるんでなんか納得できないですけど。それにしても「東大とは…」って時に脳科学の人はけちょんけちょんだし、あと他にもそんな感じなのは雁屋哲でしたか?元東大の人が東大をディスったりね…問題になった本を紹介してます、体にとらえるのが程よいと思います。

  • 【選書者コメント】もし君の中に、東大コンプレックス、なるものが潜んでいるのならこの本を読んでみるんだな。
    [請求記号]8100:1227

  •  過去を顧みればあれもこれも夢のようである。桶狭間ののちにあって成すべき事業もまた夢のようで、すべてを成してもそれらはたちまち過去となり物となり無時間の混沌とした塊となるだろう。敦盛よ、あなたの哀れな生涯も、わたしには現実の一種の反映でしかないけれど、わたしは現実が夢のかたちで映し出すものを信じているから、出陣を前に現実の重みを舞う。

  • ○東進ハイスクールで現代文の講師を務める出口氏の著作。
    ○東大の現代文の問題をベースに、その出題趣旨や論点、考え方を解説しつつ、なぜ現代文が入試科目なのか、論理とは、日本語とはといった、独自の解説を行ったもの。
    ○考え方も含め、解説が丁寧で好感が持てる。そして、とても勉強になった。

  • 参考書?なのか
    本なのか…

    出口先生好きなので読んでみました

    東大の国語って そんな意図があって
    こんな設問があったり 本が選定されてるんだなぁと

    東大受ける人は 問題がとけるようにもあるけど 今!大学はこんな学生を求めているという 挑戦状なのかなと

    他の本からの引用的な部分も多く
    幅広い知識がないと 文章読んだだけじゃ
    解答できないんだよなぁ
    なんか意地悪な気もした

    たまーーに 面白い本も
    採択されてるけど
    あんまり面白くないなぁ

    面白い本が よく選択される
    大学ってどこなんですかね?!

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:141.5||D
    資料ID:95140283

    勉強アレルギーの方は、1つの文章でも読むべし。人生が変わる。内容はものすごく濃い。
    (生化学研究室 大塚先生推薦)

  • ★良文をまとめて読める。問いに答えることで理解が深まる。著者の試みは成功している。

  • 東大の入試に使われた現代文を解説した本。問題の解き方も書いてあるが、そもそもの著者の主張といくらかの背景について詳しく書かれていて面白い。

    東大の入試だというキーワードでくくったのも面白い。

  • 入試でこんなに幅のある問題を出すことにびっくり。今思えば現代文の試験問題は普段馴染のないような文章もいろいろつまみ食いできて楽しかったな。

全23件中 1 - 10件を表示

出口汪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする