しないことリスト

  • 890人登録
  • 3.60評価
    • (38)
    • (62)
    • (59)
    • (15)
    • (7)
  • 90レビュー
著者 : pha
  • 大和書房 (2015年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479794776

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
スティーヴン・ガ...
村田 沙耶香
平野 啓一郎
植本一子
恩田 陸
三谷 宏治
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

しないことリストの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろかったー。
    これはオレにとって「幸せに生きる方法」だ。

    あまりに面白いので、PCで、メモしながら、読んだ。
    以下、自分なりに分かりやすいように言葉を変えたりしてるから、引用ではなく、メモ。

    今の世は「これしなきゃ!」で溢れてる。
    テレビも、ネットも、CMでも、いつも「これしなきゃ」と潜在意識に強迫観念を刷り込んでくる。
    p1p2  (電通的な広告戦略によって無意識のうちに)

    しかし巷にあふれる「これしなきゃ」の99%は、実は、しなくても良い。
    p6

    よく分からないけど「しなきゃいけないからしてる」ことは、もう止めよう。
    (TVでやってるから、しないと時代に取り残されてしまうから、しないと仲間に入れないから・・・・・。)
    自分が「本当にしたいと実感できることだけ」を、しよう。
    p7

    1.世間の目を気にして行動を決めるのではなく、自分なりの価値観に従おう
    2.世間のペースにムリして付いて行くのではなく、自分のペースを掴もう
    p8

    第1章 所有しないリスト
    第2章 努力しないリスト
    第3章 自分のせいにしないリスト
    第4章 期待しないリスト

    何かを得ようとするなら、今持っているものを捨てるといい。
    p21

    鬱病治療の認知療法
    認知療法の基本は自分の気分や考えていることを紙に書きだしてみるだけ。
    p39

    ネガティヴな思考を頭から出して紙に書いてみるだけで、少し客観的に見ることができるようになって、「認知のゆがみ」に気づくことがある。
    p40

    「高校で習う数学や古典なんて、社会に出たら役立たない」という人もいるが、そういうものを勉強する利点は、自分で何かを調べて知識を得る方法を身につけること。
    勉強のやり方さえ身につけておけば、将来何かを覚える必要が出てきた時に困らない。
    p44

    読みたい本は、殆ど図書館で借りる。

    どうしても、手元にもっておきたい本だけ、買う。
    そういう本は100冊に1冊くらいだけど。
    p45

    重要度なし:ブクログに記録だけして忘れる。
    重要度低い:おもしろかった所だけブクログに引用しておく。
    重要度中 :要点を自分なりにまとめておく。
    重要度高い:知らない人にも、良さが分かるように、工夫して説明する。
          人に伝える文章にすることで、自分自身の理解も深まる。
    p48

    単なる情報でしか無いものを、血肉化するためには、他人に読まれることを意識しながら文章化してアウトプットするのが有効。
    p49

    コンコルドの誤謬
    イギリスとフランスの共同開発で莫大な予算をかけて開発された超音速旅客機コンコルドは、完成前にすでに「将来にわたって収益が見込めない」ことが分かっていたのに、それまでに投資した資金や労力を無駄にできないという理由で開発は継続され、結果的に、商業的に失敗に終わった。
    株の投資でも「損切りが一番重要」と言われる。

    間違った方向に進み続けるより、早めに方向転換したほうが傷が浅くてすむ。
    p57

    過去に固執しない。
    人は、たとえ失敗でも、過去に積み重ねてきたものに固執するあまり、捨てることができない。損切りに失敗する投資家のように。
    ましてや、成功した過去なら、余計に捨て去ることが難しい。
    だが、成功であっても、積み上げすぎると息苦しくなる。
    時々は、捨てたり壊したりして、リセットしてみる。
    p63

    昔のドイツの軍人ハンマーシュタインの言葉。

    有能な怠け者は指揮官にせよ。
    有能な働き者は参謀にせよ。
    無能な怠け者にはルーティンワークンをやらせよ。
    無能な働き者には一切責任を与えるな。


    面白いのは、有能な働き者よりも、有能な怠け者を最高責任者に選んでいるところ。

    有能な怠け者は、他人にできることは他人に任せて、些細なことは気にせず、自分がやるべき大きな決断だけをする。だから人の上に立つのに向いている。

    逆に、一番悪いのは、無能な働き者。
    何もせずにじっとしておけば良いのに、やらなくて良いことをやって、事態を悪化させるから。
    p68

    仕事をするために人生があるわけじゃなくて
    人生を充実させるための一つの手段が仕事であるに過ぎない。
    p69


    だるいときは積極的に「だるい」と言う。
    口に出すことで、だるさが、少し和らぐから。

    昔は、炭鉱に入るときにはカナリアを持って行った。
    有毒ガスに触れると、グッタリして鳴き止むから。

    人間社会も同じで、体力や忍耐力がある人間は、会社がおかしくなっても、がんばってしまうが、ストレスに弱い人は、すぐに状況の悪化を素早く察知する。
    p72

    他人に対して、自分を大きく見せようとしない。
    他人から期待されないほうが、自分の好きなように行動しやすいから。
    他人から「こいつはダメだ」と思われてるほうが、楽。
    p78

    特に、ネットでは、自分を大きく見せないこと。
    「オレはダメだ」「何も分からん」と言ってるほうが、炎上を、回避できる。
    p79

    能ある鷹は、
    「海外旅行が楽しい」「こんなに幸せなことがあった」というのを、友人だけが見れるフェイスブックなどクローズドなSNSに書いて
    「仕事が行き詰まった」「財布を落とした」などのつらいこと、イヤなことは、ツイッターやブログなど不特定多数が見れる場所に書く。

    (そのほうが、好感を持たれるし、妬みや恨みをかわなくて済むから。)
    p79

    関西人的なコミュニケーションでは、ネガティヴなことから言って、他者との壁をできるだけ低くする。
    自分のことを「俺ほんまアホやわ」
    身内を紹介するときに「こいつほんまアホやし」
    「最近どう?」「どうもあかんなあ」
    それは、ほんとうにダメなのではなく、自分を低く見せることで、相手をリラックスさせるワザなのだ。
    p80

    自慢しない方が、他人の反感や妬みをかわないので結果的に得する、という計算。
    p80

    他人から見下されることを恐れる必要はない。
    Aさんから見れば、世界の中心はAさんだから、自分と関係ない人の存在など取るに足らないものに見える。
    誰にとっても、世界の中心はその人自身だから、他人の存在は、自分より下に見える。
    だから、自分が、他人の世界の中で、下の存在であっても、取るに足らない存在であっても、気にする必要なんかない。

    他人の評価なんかどうでもいい。
    自分が自分の世界の中で評価できる存在であれば、それで良い。
    p81

    睡眠が大事。
    手塚治虫と石ノ森章太郎がパーティーで話していた。
    「私は徹夜2日めです」
    「僕なんか3日めです」
    その2人に向かって、水木しげるが言った。
    「自分はどんなに忙しくても10時間は寝てます」
    「そりゃあ、うらやましいなあ」
    という2人に対して、水木しげるは
    「睡眠こそが長生きや幸せの全ての源だ」
    と力説するけど、2人はあまり真剣に取り合おうとはしない。

    結局、手塚と石ノ森は60歳で死亡。
    水木は93歳まで生きた。
    p83

    眠りを大事にしよう。

    できるだけ、自分でしないで、他人にやらせる。
    p86

    人は、意外と、何かを頼まれたがっている。
    よっぽど余裕がないとき以外は、誰かに声をかけられたり、頼りにされたがっている。

    頼んだり頼まれたりすることでコミュニケーションが広がる。

    ①低姿勢でお願いする
    「やってくれたら、助かるし、とてもうれしいんだけど」みたいに柔らかく頼む。
    ②やってもらったら、お礼を言う。
    お礼を言うのはタダだから、必ず、丁寧に、お礼しよう。
    ③自分が頼まれた時には、引き受ける。

    直接の見返りがなくても、「なんとなく貸しを作った」というだけで人は満足する。
    p89

    いやなことはしない。
    p94

    土日だけを特別視しない。
    平日に行動すれば、空いてるから、楽。
    旅行だって、オフシーズンで行けば、安くて楽。
    世間の休日とズラして行動するのは快適。

    朝晩の満員電車や正月お盆ゴールデンウィークの渋滞は地獄。
    p99

    1箇所にとどまらない。
    大前研一の言葉

    人間が変わる方法は3つしかない

    ①時間配分を変える
    ②住む場所を変える
    ③つきあう人を変える
    p102

    何かに行き詰まったり、何かを変えたいと思うときは、「キモチを入れ替えて頑張ろう!」と精神論で頑張るより、まわりの環境を変えたほうが良い。
    p103

    家から離れた場所へ行くと、自分の普段の生活について、ちょっと客観的に見れる。
    普段からモヤモヤしてた何かがはっきりと浮かび上がる。

    人は、何かを考えるとき、自分がどこにいるのかという地理的な条件に、結構左右されているものなのだ。
    ひとつの場所に留まらず、ときどき、移動しよう。
    p104

    人の発言はすべて、その人の立ち位置からの意見に過ぎない。
    立場によって、見え方、考え方が異なってくる。
    物事なんて、目線の位置によって、丸にも四角にも三角にも見える。

    それぞれの立ち位置から見た、それぞれに偏った見方を、肯定的に捉える。
    それが他者の存在を肯定することだ。
    p113

    孤立しない。
    phaさんが会社員のときは、会社で仲の良い人がいなかったし、仕事が忙しくて、会社以外の人と合う機会も少なかったので、毎日、孤独を感じていた。

    会社を辞めて、ネットで知り合った人と会い、オフ会にも参加してるうちに、趣味が合うひとをたくさん見つけることができて、会社勤めの時よりも、友達が増えた。
    p122

    ダメなやつでも集まっていれば、少しだけ死ににくくなる。
    p124

    少数派の感覚を持つ人は、自分と話が合う人に出会うためには、ネットなどのツールを利用するのが一番良い。

    社会のシステムやルールの多くは、多数派のために作られている。
    でも、力のない人間でも集まっていれば、互いのダメな部分を補い合える。
    弱い人間や少数派の人間こそ、孤立せずにつながりを作るようにしよう。
    p125

    感情を殺さない。
    すごく気分が落ち込んだとき、「もう何もかもダメだ」「死にたい」という気分になったとき、床に寝転んで手足をバタバタさせたり、髪の毛を両手で掻きむしったりしながら「ウオーゥ、俺はもうダメだー、どうすれば良いんだー」と何回も口に出す。
    泣きわめくことを、時々やったほうが良い。

    ツイッターで、メインのアカウントとは別に、「疲れた」「もうダメだ」とネガティブなことばかり書き込むアカウントを持っている。誰も見てないかもしれないけど、見てるかもしないアカウント。「王様の耳はロバの耳」みたいに。
    p146

    できるだけ正確に現実を認識して、妄想を膨らませすぎないようにしよう。
    ブッダの話。ひとり子を亡くした母親の悲劇の話。
    でも、みんながブッダ並に悟ってしまったら、人類が滅びる気もする。
    ただ、人生の中で、少しだけ諦めを取り入れると、ラクになる、という効果がある。
    p157

    家族とか宗教とか、閉じた人間関係が嫌い。
    閉じた人間関係はおかしくなりやすい。
    閉ざされた空間では、外から見たらおかしな行為が、その中でだけは普通に行われたりする。いじめや、カルト教団や、家庭内暴力や。
    外部の人が、出入りするようになれば、風通しの良い健全なコミュニティになるのに。
    p161

    ただし、「流動性が高い」にも一長一短がある。
    家族は流動性が低いコミュニティであるがゆえに10年も20年も、絆が切れないという効果が期待できる。
    p163


    何かをするときは、「それが何に役立つか」よりも、そのこと自体を楽しむことが健全。
    p165

    タルコット・パーソンズの提案したコンサマトリー。
    目的のために何かを犠牲にしてそれをする、のではなく、それをすること自体を楽しむ。
    p167

    三田紀房『インベスターZ』
    投資部の新入部員が、一人で映画館に入らされる。
    ところが、その映画は、つまらない内容だった。主人公は途中で映画館から出る。
    すると、先輩たちが待っている。
    それは「つまらない映画をいかに早く見限って、出てこれるか」というテストだった。
    投資における「損切り」がいかに早くできるかを試したわけだ。
    失敗した場合、今までにつぎ込んだ時間やお金を惜しんで、惰性でそこに留まってしまってはいけない。できるだけ早く切り上げて、被害を最小限に抑えることが大事。
    p171

    ネットでは「大好きな人と結婚できてうれしいです」と素直な気持ちを書き込んでも「結婚したくてもできない人がそれを読んだらどう思うか考えてみてください」とか「結婚制度で無視されている社会的マイノリティの問題について考えたことがるのでしょうか」とか、妬みや予想外の銃弾が飛んで来ることがある。

    「ファミレスのゴハンがおいしい」と書いたら、「ファミレスしか行けない貧乏人は可哀想」という中傷や「ファミレスに行けるなんて贅沢で、ほんものの貧しさを知らないのだ」という中傷など、両方向から銃弾が飛んできたりする。
    だから、他人の意見は気にしない。
    p177

    モーツァルト36歳

    Phaさんは30歳位から「もうこれからは余生」と思って生きている。
    知人は「義務教育を終えたら、もう余生」と思って生きている。
    「よく、こんな年まで生きたものだ。偉い」というカンジで生きている。
    p189

    「いつ死ぬか分からない」と思えば、意識がクリアーになる。
    「もっと早く死んでたはずだった。今の人生は、オマケのようなものだ」と思えば、どんなに厄介な出来事があっても、心に余裕が出てくる。
    人はどうせ必ず死ぬし、宇宙や地球の何十億年という時間から見れば、長生きしても早死しても、変わらない。
    p190

    突き詰めない。
    妥協とか、仕方ないとか、適当さをある程度導入した方が良い。
    p194


    人間は、出来事に、意味や理由を求めてしまいがちな生物だけど、本当は、出来事に意味などない。他の動物みたいに、なぜだか分からないけど生まれてきて、何かの拍子に死ぬ、という、そうだけだ。
    だとすれば「これしなきゃ」とか「あれしなきゃ」とかコマーシャルやマスメディアから垂れ流される脅迫じみた「しなきゃリスト」に囚われず、自分の正直な気持ちに従って、好きなように生きた方が良い。
    人生の「したいことリスト」は自分で作っていこう。
    p196





    福本伸行p60とか三田紀房p170とか、呼び捨てなのに、大前研一さんp102だけ「さん」づけなのが気になる。マンガ家をナメてる?

  • 日本一有名なニートというキャッチコピーに惹かれて手に取った。

    自分はニートになれない人種なので(無職の経験もあるが、社会との接点が切れた途端、底知れぬキョーフを感じ、耐えられず猛烈に転職活動した過去がある)たまには違う価値観の人に触れてみるかー、という感じ。

    しかしフタを開けてみると、意外に共感できるポイントがあって驚いた。

    この方も『社会とつながる』事は一切あきらめておらず(というかとても大切にしている)ただ、つながる手段をひとつの企業に全託するんじゃなくて、インターネットを駆使してさまざまにゆるく行っている。

    企業に雇われたい!と思う私よりも、よっぽどちゃんと思考してる感じがして、素敵だなと思った。

    共感できないところは、お金を捨てたり焼いたりするとワクワク?するところ?物をぞんざいにする人は罰当たりだなぁと思う。

    今、手元に本がないまま感想を書いてるのでぼんやりした感想です。

  • 多数派の「こうするのが一人前、幸せだ」という考えに乗れない人が、自分なりに生きるための考え方を載せた本。小さな考えの羅列に過ぎないのだけど、読んでいて頷くこと多数。「あれもこれもしなきゃ」という固定観念を手放して、残った物について考えよう。読了後は、自分が本当にしたいことに集中したくなった。

  • 人生をラクに生きるための考え方を提供してくれる本。
    この社会が生きづらいなーと思ってる人にはぜひ読んでほしい。
    そうじゃなくてもこの本は程よいバランスで世界を眺める感覚を養ってくれるんじゃないかと思う。

    作者は社会に対する適応能力が低いらしく、そうしたマイノリティの視点で世界を捉えている。自分はありがたいことにたまたま割と社会に適応できる人間に育ったので、そうした視点からの意見を改めて知れたことは大きかった。これからは他者にもう少し寛容になれるような気がする。

    また、普段なんとなく感じていることを納得できる形でうまく言語化してくれるところがあり、共感もできた。

  • いろんなことに悩みを抱えている人は、これを読めばすっきりするはずです。
    胸のつかえが降りていくような感じで。
    もっと楽に考えて、きっちりきっちりしなくてもいいのだと思います。
    いくつか、とても共感できるところもあったので、やっていこう(いや、やらないでいこう)かと思っています。

  • 義務教育を終えたらもうそこは余生
    情報をオープンにしなければ、自分が進む速度以上には進めない。これは人に会うことをはじめたときと一緒。いろいろな人の力が加わって何倍にもなる。知能増殖装置! はてなブログ近藤さん
    思考を頭の中でグルグル回すだけじゃなく、アウトプットしてみて私
    人の意見を気にしない。むしろ賛同コメントばかりついていた方が気持ち悪い

  • 肩書きが元ニートになった。

    しなきゃいけないことに追われるのは、情報が多すぎるから、その方が儲かるから。
    全てを実践するのは無理。
    しなきゃいけないことの99%は本当は別にしなくて良いこと。
    →自分なりの価値観を持ち、自分のペースを把握すること。

    抜粋
    ・お金で解決しない
    ・独占しない
    ・頭の中だけで考えない
    ・読みっぱなしにしない
    ・過去に固執しない コンコルド
    ・だるさを無視しない
    ・睡眠を削らない
    ・自分でしない
    ・二択にしない
    ・感情を殺さない
    ・仕事に身を捧げない
    ・人の意見を気にしない
    ・突き詰めない

    自分のやりたいことを自分のペースでやる
    ゆるく外に開いておく
    インターネットは知能増殖装置(はてな近藤淳也)
    認知の歪み 他人にはよくある話
    自己責任は50% 自分ではどうしようもないこと・運もある
    頑張らないでなんとかする
    嫌なことをしない
    自分が何について知りたいかという動機(検索ワード)を持つためにはリアルな体験が必要(東浩紀)
    少数のたまたま上手くいった成功例を一般化してはいけない。
    コンサマトリー(自己充足的) そのことを楽しむ。それがなんの役に立つのかを考えない。
    なんかビミョーと思ったら早めに抜け出す
    丹田はいくら力んでも力が入らない場所(齋藤孝)
    全身から上手く力を抜くためにいくら意識しても力が入らない場所を集中して意識する。

  • こういうユルさを容認してくれる世界にならないものかしら。怠惰に行こうぜ。

  • 図書館に置いてなかった。

    (2016.05.16.)

  • 本の内容も良かったけれど、それよりも作者のテンションや姿勢の心地良さの方が印象に残っている。友達でも、「この人と一緒にいる時の自分が好き」という感覚があるように、この本に向かっている時の自分が嫌いじゃないなって思った。

全90件中 1 - 10件を表示

しないことリストに関連する談話室の質問

しないことリストを本棚に登録しているひと

しないことリストを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しないことリストを本棚に「積読」で登録しているひと

しないことリストの作品紹介

仕事と家庭を両立して、家も買って、運動もして、流行も追って…それができる人はそうしたらいい。でも、そういうのが「うまくできる人間」ばかりじゃない。本当はしなくてもいいことを手放して、「自分の人生」を取り戻そう。

しないことリストのKindle版

ツイートする