1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法

  • 60人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 鳥谷朝代
  • 大和書房 (2016年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795193

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事で千人を超える聴衆の前に登壇せねばならなくなり、読んだ本。
    著者と同じく、極度のあがり症で会議での発言などに苦労する私。自己紹介は、前もって話す内容を作っておいて、使い回すという方法をとってきた。

    この本では、話すテクニック、緊張の解き方、本番に強くなる方法、場面ごとに「あがらずに話す方法」が順を追って語られている。
    事前の入念は準備と努力で、苦手分野は克服できるということを説いた本。
    再読し、テクニックを使いこなせるようになろう。。

  • 比較的人前で話すことに慣れてきたものの、やはり早口になったり、事前練習が不十分であるためこちらを参考に。外郎売りは必須!

  • 仕事で、人前で話さなければならなくなって買った本。

    著者は、元重度の「あがり症」で、「職場で講師や司会が当たるとわかっている日の朝は、仮病を使って休む」くらいの筋金入りだったそう。
    そのため、精神内科を受診したり、催眠療法を受けたりと20万円近く払ったのに改善せず。
    しかし、「話し方講座」を受講して、そこから「あがり」を克服し、話し方講座を開講するに至るという経歴の持ち主とのことである。

    このような経歴の持ち主なので、一つ一つのエピソードが面白く読めた。また、上記のように「苦手なことを克服するために、(諦めるのではなく)何でも利用する」という発想には大いに感銘を受けた次第である。

    以下、自分にとって参考になった「話し方」について3つ書いておく。
    ①自己紹介等は、短ければ短いほど良い。
    →自己紹介や朝礼なら1分程度。乾杯なら30秒でOK。

    ②前置き(言い訳)を短くする。
    →「準備不足」とか「自信がない」とかの前置きを言わない。話し手の都合は、聞き手にはどうでもいい。

    ③自分が話している姿を録画して見返す。
    →人の印象を大きく左右するのは「視覚情報」。自分を客観的に見る。他の人にも見てもらうとよい。

    他にも、効果的なストレッチ法や、腹式呼吸法、発声・滑舌トレーニング用の教材(「外郎売」含む)も載っているので、本気で自分のスピーチやプレゼンを改善したい人の助けとなるはずである。

  • 図書館検索にて現地読了。

    だれになにをどう伝えるのか、準備から文章の構成法、相手との距離を縮める雑談ネタ探しまで。

    日本語の発声の基本、朗読トレーニングは本書のタイトルから期待していなかっただけにとてもハッピーな気分に。
    また巻末の敬語・謙譲語まとめ、クッション言葉まとめも参考になりそう。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50107163

  • 待ち緊張をほぐすために、待っている間は別のことに集中するというのは納得感があった。

  • 人前であがらず話せる方法、主にテクニックが書かれている。

    体の緊張をほぐすストレッチ(3首ユルユル)、筋肉弛緩方(手、全身、顔)、壁立ち。吐く息を伸ばすと震えが止まる(腹式呼吸)。待ち緊張には前の人の話を聞くこと。セミナー講師の裏技(水、歩く、ホワイトボード、持ち手)。

    人前を恐れず堂々と話せる=そんな人生は「パラダイス」。まさにそう思う。

全7件中 1 - 7件を表示

鳥谷朝代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
池井戸 潤
落合博満
三浦 しをん
吉田 修一
有効な右矢印 無効な右矢印

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法を本棚に「積読」で登録しているひと

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法はこんな本です

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法のKindle版

ツイートする