マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

  • 656人登録
  • 3.53評価
    • (11)
    • (28)
    • (29)
    • (6)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 前田安正
  • 大和書房 (2017年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795865

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 就活中の女子大生を主人公に、物語を織り交ぜながら、文章の書き方を基礎から教えてくれる。タイトルも内容も、考えて作り込まれた実用書かと。

    ただ、登場人物二人に対して、手書きの文字が同じだった事は少し残念。

    さらっと読んだので、途中に出てくる問題を解きながら再読したいなぁ。

  • 【わかりやすい】
    ひと通り読むと、目次だけで内容がスラスラ浮かぶ本。
    シンプルかつ親しみやすい良書です♪
    ・1文、1要素。
    ・Whyをとことん使う。
    ・箇条書きで文を繋いでいく。
    ・読点の位置。
    ・写生で客観表現に
    ・過去系に現在系を入れるとライブ感が生まれる。
    ・対比や比喩の要素はあまり入っていないけれど、小説の書き方ではないのでそこはまた別ということで。

  • マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~ 2017/4/19 著:前田 安正

    文章を書くのが得意と言える人は、ほとんどいない。
    文章はどういうストーリーで作るかによって、説得力に大きな差が生まれる。そのストーリー作りこそが文章力である。

    本書の構成は以下の4章から成る。
    ①主語と述語について考える
    ②文と文章の構造を考える
    ③人の思考を意識する
    ④「WHY」を意識する

    難しいが勉強になる。
    難しいがわかりやすい。
    良い意味でギャップで構成されつくした本書。
    伝えたいことは教科書的ではあるものの題名に「マジ」を使っていたり、キモカワなキャラクターが登場したりと興味を持ちながら読み進めることが出来た。

    文章のプロが書いた本作において、もっとたくさんの言いたいことと言うべきことはあったとは思うものの、本質中の本質を厳選しそしてそれを最小限の言葉とわかりやすさで記されており、どの教科書よりも読み終わった後の得た活かせる知識量は多いのかもしれない。

    どうしてもえいや~と書いてしまう文章。
    基本に立ち戻り、少しでも本書のエッセンスを活用しながら書くということも意識していかないといけないのかもしれない。

  • 文章を書きたいと思える
    書くことの技術を学ぶには良い
    学校で学ぶことのできない本物の文章の書き方を知ることができた

  • これなら続けられそう。
    あとは黙々と書いて見て、指摘事項の通り分類して足りない部分の肉付けをすれば良い。
    一旦一通り読んだので、文章で足りない部分を確認するための辞書的扱いで読み返そうと思う。
    こうして書いている感想が、この本の指摘通りにかけてない気がする。。。

  • この本はESを書く女子大生すずが変な?おじさんの手ほどきで文章の達人に変化していくというストーリーで、文章を書く基本を教えてくれます。
    書いてあることは基本的な事項ですが、例文と改善例と具体的に示されると、自分でも陥りがちなミスに数多く気づかされます。
    スキルレベルでページが色分けされている点も後から読み直す時に、素早く探せて良いと思います。
    本自体はあっという間に読み終えることができますが、やはり文章を書きながら、ここで指摘されている悪い例になっていないか、書いていくと身につくと思いました。
    大学生だけでなく、全ての人にお薦めの一冊です。

  • ほんとに基本的な本。

  • 装丁が軽そうで嫌だったけど、内容は良かった。時々読んで確認したい。

  • 最初は言葉遣いがテキトーだった就活生が、謎のおじさんレクチャーを通してだんだん文章が上手くなっていくストーリー仕立て。
    おかげで読みやすい上に、書かれている内容もわかりやすい。
    内容としては平易なものが多いが、改めてルールとして知ることで意識しやすくなったように感じる。

  • 就職活動に役立つ、学生さん向け

    ですが。

    仕事で文章を書いている私も
    改めて参考になる点がありました。

    ふだんから
    きれいな日本語を話すように意識している人には
    とてもとても当たり前にことばかりです。

    けれど、
    無意識に使い分けている助詞や副詞の用法を
    改めて解説してもらうと
    「なるほど」
    と感じる部分がありました。

    「書き出しに前提はいらない」

    という点。ブログやSNSで使える文章スキルだと思います。

    学生さんや若手ビジネスマン向けですが、ベテラン社会人の方も一度読んでみては?

全39件中 1 - 10件を表示

前田安正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
恩田 陸
又吉 直樹
又吉 直樹
スティーヴン・ガ...
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~に関連するまとめ

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~を本棚に「積読」で登録しているひと

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~はこんな本です

ツイートする