マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~

  • 602人登録
  • 3.55評価
    • (6)
    • (24)
    • (20)
    • (4)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 前田安正
  • 大和書房 (2017年4月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795865

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
スティーヴン・ガ...
三浦 しをん
辻村 深月
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~の感想・レビュー・書評

  • 就活中の女子大生を主人公に、物語を織り交ぜながら、文章の書き方を基礎から教えてくれる。タイトルも内容も、考えて作り込まれた実用書かと。

    ただ、登場人物二人に対して、手書きの文字が同じだった事は少し残念。

    さらっと読んだので、途中に出てくる問題を解きながら再読したいなぁ。

  • 【わかりやすい】
    ひと通り読むと、目次だけで内容がスラスラ浮かぶ本。
    シンプルかつ親しみやすい良書です♪
    ・1文、1要素。
    ・Whyをとことん使う。
    ・箇条書きで文を繋いでいく。
    ・読点の位置。
    ・写生で客観表現に
    ・過去系に現在系を入れるとライブ感が生まれる。
    ・対比や比喩の要素はあまり入っていないけれど、小説の書き方ではないのでそこはまた別ということで。

  • マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~ 2017/4/19 著:前田 安正

    文章を書くのが得意と言える人は、ほとんどいない。
    文章はどういうストーリーで作るかによって、説得力に大きな差が生まれる。そのストーリー作りこそが文章力である。

    本書の構成は以下の4章から成る。
    ①主語と述語について考える
    ②文と文章の構造を考える
    ③人の思考を意識する
    ④「WHY」を意識する

    難しいが勉強になる。
    難しいがわかりやすい。
    良い意味でギャップで構成されつくした本書。
    伝えたいことは教科書的ではあるものの題名に「マジ」を使っていたり、キモカワなキャラクターが登場したりと興味を持ちながら読み進めることが出来た。

    文章のプロが書いた本作において、もっとたくさんの言いたいことと言うべきことはあったとは思うものの、本質中の本質を厳選しそしてそれを最小限の言葉とわかりやすさで記されており、どの教科書よりも読み終わった後の得た活かせる知識量は多いのかもしれない。

    どうしてもえいや~と書いてしまう文章。
    基本に立ち戻り、少しでも本書のエッセンスを活用しながら書くということも意識していかないといけないのかもしれない。

  • 文章を書きたいと思える
    書くことの技術を学ぶには良い
    学校で学ぶことのできない本物の文章の書き方を知ることができた


  • 文字が変わって、読みやすい。

    いっきには読めない。
    ちょこちょこ読み。

  • 本の構成に若干の抵抗があったものの、勇気を出して読んでみた。本の中では、伝えたい事が一つ二つに絞られているのでちょっと物足りなさを感じるが、本当に文章を書くのに必要なコツをおしえてくれている。今までに聞いた事ない内容なので勉強になった。
    後輩の論文指導にと思って読んだが、タメになった。
    約一時間で読破。

  • SNSに投稿はしている、でもマジ文章書けない。

    エントリーシートが書けなくて困っていた大学生のすずが、バイト先のカフェに現れる謎のおじさんから文章を習う日々を通じて、どうすれば伝わるのか、例を用いながら説明していく。主語と述語だとか、「は」と「が」とか、形容の整理とか、そこだけ見たら新鮮味はない。でも、実際に書きながら直していって、ちょっとずつ上達するしかない。

    「why=なぜ」を意識して、「状況」「行動」「変化」を書いていく。意識してやってみよう。

  • マジ文章書けないんだけど


    1.主語と述語


    述語:主語に対して、その動作、作用、性質、状態などを表す語。
    主語:述語に対し、それが表す動作、作用を持つものを表した語。
    例:
    〜は(主語)、〜だ(述語)
    〜が(主語)、〜した(述語)
    デザインが(主語)美しい(述語)




    文と文章の違いを意識する。文とは、最小の単位。文がつながったものを文章とよぶ。

    文とは主語と述語の組み合わせ。主語と述語がかみ合うようにする。
    そのためには、文を骨格と肉の要素に分解してみて、主語と述語がしっかりと対応できているかをチェックする。

    例: このバッグはブランドものなので、値段と人気が高く、品質とデザインが美しいブランドだ。

    分解㈰骨格部の分解:このバッグは(主語) ブランド物なので(述語) ブランドだ(述語)。
    分解㈪肉の部分の分解。「と」を&に置き換えてみる:値段が(主語)高く(述語)&人気が(主語)高く(述語)、品質(主語)が美しい(述語)&デザインが(主語)美しい(述語)

    改善例1:このバッグはブランドものなので、値段は高いが、若い女性に人気があり、品質がよくデザインが美しい

    ・骨格部:このバッグは(主語)ブランドものなので(述語)
    ・肉:値段は高いが、若い女性に人気があり、品質がよくデザインが美しい


    文は主語と述語の関係が明確になっているほうが分かりやすいため、文は短くする、ただし文章はある程度長くないといいたいことが伝わらない。
    短くて簡素な文をつないで文章にしていくとよい。
    文を短くするのを目的にするよりも、分かりやすい文にすれば必然的に短くなる。
    読む人に分かりやすく、言葉を整理する。
    同じ表現を繰り返さない:
    同じような表現を何回も使うと平板になってしまう




    改善例2:このバッグはブランドものなので値段が高い。しかし品質がよくデザインが美しいので、若い女性に人気がある。

    ・骨格部:このバッグは(主語)ブランドものなので(述語)値段が高い。(述語)
    ・肉:(このバッグは)品質がよく(述語)デザインが美しい(述語)ので、若い女性に人気がある(述語)。


    例:このモデルは背が高くて脚が長くスタイルがいいので顔が小さく、どんな服でもよく似合うモデルだ。
    ・骨格部の分解:このモデルは、モデルだ、となるのでおかしい。
    ・肉の分解:顔が小さく、どんな服でもよく似合う、なぜなら、背が高くて脚が長くスタイルがいい からとなるが理由になっていない。

    改善例:1つ1つの要素を分けてみる
    要素1:このモデルは、スタイルがいい、なぜなら背が高くて脚が長いから
    要素2:このモデルは、どんな服でもよく似合う、なぜなら顔が小さいから

    要素1:このモデルは(主語)背が高くて脚が長いのでスタイルがいい(述語)
    要素2:このモデルは(主語)顔が小さいのでどんな服でもよく似合う(述語)

    このモデルは(主語)背が高くて脚が長いのでスタイルがいい(述語)。加えて顔も小さいのでどんな服でもよく似合う(述語)。




    「が」と「は」の違い:
    「が」:主語にあたるものを示す格助詞。直後の述語にだけ影響する。
    「は」:主語を示す場合とそうでない場合がある格助詞。直後の述語だけでなく、遠くにある述語にまで影響する。

    例: 
    ・あなたが時計をみるたび、(私は)泣きそうな気分になる:
    あなた(主語)は「時計を見る」にしかかからない。「泣きそうになる」の主語は私。

    ・あなたは時計をみるたび、泣きそうな気分になる:あなた(主語)は「時計を見る」、かつ、「泣きそうになる」の両方の述語にかかる。



    係助詞「は」:多くの事柄から、一つのものを取り出して提示する。
    例:あの俳優は演技がうまい
    あの俳優は演技はうまい





    既知情報には「は」がつく。
    未知情報に... 続きを読む

  • 文章を書くポイントが凝縮されている。
    知らなかったこともいくつかあって、勉強になりました。
    仕事に役立ちそうです。

  • SNSでは、状況のみを書きがちだが、状況→行動→変化を書くと文章に深まりが出る。また、文には一要素というのも参考になった。句読点を打つ位置で、強調したいポイントを変えれるのも発見だった。

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    【内容紹介】
    朝日新聞のベテラン校閲記者が教える超新感覚な文章講座。
    文章の基礎の基礎から、物事を客観的に捉えてストーリーを練りあげる超実践的な文章術まで学べます。

    【キーワード】
    単行本・文章・国語


    ++++1

  • 読み進めるうちに、主人公(?)と一緒にステップアップできる感じです。
    理屈っぽくないのでライティングの一冊目に最適。2冊目以降からよりロジックを意識したライティングの本を読むといいのかなと思いました。

  • 「朝日新聞ベテラン校閲記者が教える」なんて言われると、なんだか小難しい感じがします。
    でも、安心してください。
    「この本は、大学3~4年生から社会人になって文書を書くことに戸惑いを感じている方に焦点を絞った文章本」とのことです。
    その頃の自分を思い返せば、「文章を書くことに戸惑い」どころか、嫌悪感さえ持っていたと思います。
    そんな昔の自分にも、読ませておきたい一冊です。

    まず、「ストーリー仕立てになっていて、ある謎のおじさんと就活を目の前にESが書けなずに焦っている大学生・浅嶋すずとの掛け合いで文章講座が進みます」(ES=エントリーシート)
    ストーリー仕立てでわかりやすく、絵も多いので、「まんがでわかる◯◯」の類の本と同じような感覚で読んでもいいでしょう。
    また、「謎のおじさん」のキャラを思いっきりコミカルにすることで、大変親しみやすいストーリーになっています。

    二人の掛け合いの中で、浅嶋すずさんが書いた文章と、謎のおじさんの改善例が示されます。
    このビフォーアフターを見ると、「一文を短くすること」「文言を並べ替えること」の2点が大きな方針であると感じました。
    これは、文章を書く際、文章を見直す際に必ず意識しておきたい点ではないでしょうか。
    謎のおじさんは、その作業に必要な文章術を教えているといったところです。
    また、ポイントごとに練習問題も用意されています。
    ストーリーを読み進めながら、練習問題に取り組むことで、読み終わったころには、文章術の基本的なことが身につくという流れでしょう。

    とはいえ、 実際にそれを身につけるには、とにかくたくさん書くしかありません。
    書いて、見直して、書いて、見直してを繰り返すことでしか文章は上手くなりません。
    この「書いて、見直す」の作業の参考になる文章術の本はたくさんあります。
    いろんな本を読めば、共通して書かれていることがあり、その点は確実に押さえておきたいところです。
    この本は、そんなたくさんの文章本の最初の一冊に適しているのではないでしょうか。

    なので、ある程度文章が書ける人には、物足りない内容でしょう。
    そういう方は、自分の文章力を確認するために、パラパラとめくってみるといいかもしれません。
    何と言っても「朝日新聞ベテラン校閲記者が教える」ですからね。

  • 若干、内容が初歩的過ぎた。
    もう少し文法的に詳しい解説がほしかったところ。

  • 就活生向けとは、、
    30を超えた社会人も役立つ要素はあるにはあるが、対象読者は、本当に文章が書けない人ではないかな、

  • 小ネタ挟みながら、国語の授業のような、一見つまらなさそうな話を読者に伝わるように解いてくれてる感じがとても良い。

    ステップ1と2が特に良かった。

  • 文法のポイントをいくつかと、すっきりしたわかりやすい文章にするためのこつと、エントリーシートを書くための話の盛り方の例という感じ。本当に文章が苦手な人向けの内容で、そういう人にもとっつきやすい雰囲気に作ろうというデザインコンセプトは理解できるものの、自分向きではなかったかなという印象。結論から先に書けとか、一文はなるべく短く、文章全体は短くすればいいというものじゃないとか、状況と行動と変化を書けとか、大事なことも書いてあるし、ここに書いてあるようなことはすべてとっくに出来ていると言い張れるほどの自信はないんだけども……帯コメントが、どれも「自分のためになった!」ではなく、「文章の苦手な若い人に読ませたい!」というスタンスの絶賛なのに苦笑。

  • ◯「状況」「行動」「変化」を意識して、その循環を書いていけばいい(153p)

    ◯5W1Hで一番大切なのが「why」なんだよ。「なぜ」「どうして」っていう問いに答えるように書いていかないと、読み手がフラストレーションを持ってしまうんだ。(166p)

    ★エントリーシートの書き方を題材にしていて、文章と同時に、就職の際の心構えも学べる。

  • 就活エントリーシートを書くという設定だったので、ちょっと思っていたものとは違った。
    が、感覚で読み書きしていた事に説明がついて勉強にもなった。
    よく文が説明過多になりがちなので短くとは思っていたが、場合によっては一文の長さをカットするよりきちんと説明することも大事と知った。
    とはいえ、やはり長くなりがちなので…一文一要素、を忘れないようにしなくては。
    ・一文一要素
    ・ホワイを大切に
    ・は、と、が、の違い
    ・文と文章

  • 8月17日 借ります。読みます。渡邊ます。 →返却しました
    8月1日 有田元則(かります)→返却しました
    6月26日 山下倫子(かります)→返却しました

  • 内容は分かりやすいんだが、イラストやフォントが多すぎて読みにくいのが難点です。

  • 外国語や高校古典では文法を学ぶけど、
    現代日本語の文法って学んだことなかったような?
    (中学でありましたっけ?笑)

    そんな気がして買ってみました。
    就活前の大学生は読んでもいいと思います。
    特に難しいことは何も書いてないです。
    2時間もあれば読み切れます。

    大人が読むと内容が薄いなと感じると思います。

  • 請求記号:816/Mae
    資料ID:50087424
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • ストーリー形式の文章講座。

    何気に書いている文にこんなルールがあるなんて驚き。

    このルールを意識出来れば文章の書き方が変わりそう。

    目からウロコで大変面白かったです。

全30件中 1 - 25件を表示

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~に関連するまとめ

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~を本棚に「積読」で登録しているひと

マジ文章書けないんだけど ~朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術~はこんな本です

ツイートする