先延ばしは1冊のノートでなくなる

  • 377人登録
  • 3.60評価
    • (4)
    • (10)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 大平信孝
  • 大和書房 (2017年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479795902

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
恩田 陸
佐々木 圭一
村田 沙耶香
三浦 しをん
スティーヴン・ガ...
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

先延ばしは1冊のノートでなくなるの感想・レビュー・書評

  • 思ったよりも抽象的かつ自己啓発色の強い内容が続き、具体的なメソッドは2章目から始まる。文章自体は平易で読みやすく、奇をてらった斬新な内容ではないが、納得間のある言葉で書かれているのが支持を受けている理由だろうか。内容をもっと凝縮すればもっとコンパクトにまとめられるような気がしたが、これくらい薄くのばしてまずは読者のモチベーションを高めていく仕掛けを作るのが大切なのかもしれない。あとは著者の人柄がにじみ出て、「やる気があるのにできない」人に寄り添っているのもポイントかも。

  • 先延ばしばかりの自分をやめられないかと思い購入してみたが自分を変えるって難しいよね。

  • 1日の嬉しかったこと、感謝したいこと、良かったことを3つ書く。さらにそれを見て、新たに感じたこと、気づいたことを書くっていうのはいいよなぁ。いいことを教えてもらったので5つ星。

  • 20170919 書店で何気なく立ち読みして、読みやすいので購入した。内容もわかりやすく説明されている。ポジティブ思考ですぐやる人をイメージできれば行動しやすいのではないだろうか。小さなことからコツコツと。大事だ。

  • 積み上げ思考と逆算思考

    先延ばしは、気合いと根性では難しい

    ぶっ飛んだ目標を設定する
    心のそこから思う目標

    ただし、注意が必要なのは
    目標は目的ではなく手段、ということ

    本当に得たいもの、が目的
    NLPでいう肯定的意図?

    目標を作ることに固執しない
    完璧グセを捨てる

    まずは必ずできる行動に落とし込む

    ダメな目標
    他人から与えられた数値目標
    ➡︎自分で考えて、決めた目標を設定する

    努力しなくても達成できそうな目標
    ➡︎努力が必要な目標を設定する

    世間一般でいいと言われている目標
    ➡︎自分が本当に欲しいものを目標に設定する

    、、、、、、、、、、
    目標が、平凡すぎてがっかりした

    そういう時の、アプローチ一例

    7つの質問
    目標が実現したら、次はどんなことを実現したいか
    その目標を実現することで、どんな価値を感じたい?
    絶対失敗しないとしたらどうしたい?
    絶対成功するとしたらどうしたい?
    もし今日が人生最後の日だとしたら何を後悔しそう?そうなりたくないなら本当はどうなっていたらいい?
    あなたの理想の人だったら、どうしていると思う?
    ぶっちゃけ、本当はどうしたい?

    この本も全体的に、NLPで学べることの一部を
    噛み砕いて書いていると感じた

    余談だが、NLPに初めて参加した際に、
    他の参加者がとても良い表情をしているなぁ
    と感じたのは、間違いではなかったと感じた

    NLPをきちんと実践していくと、自然とそうなっていく
    ものなのかもしれない

  • 今、ゲームで無駄な時間を過ごしている私を何とかしたくて買った本。
    でも、いらいらが続くと、ゲームが止まらない。

    ぶっとんだ目標、書いてみた。
    描いてみたが正しいかな?

    描くのはタダだ!

  • 読んだ後も先延ばししてしまう。
    なんとか習慣化したい。

  • <これから読みます>
    仕事のやり方を改善して、どんどん仕事ができるようになりたい。
    できるビジネスマンになりたい。
    日頃、毎日たくさん発生する仕事をこなすのが手一杯。
    こなせればよい方で、こなし切れずに溜まっていく一方。
    やりたくない仕事、気が向かない仕事は、特に先送りして溜まっていく。
    この本を読んで、先延ばし癖を治すところから改善に取り組んでみよう。

    <読み終えて>
    「ぶっとんだ目標」を立てて、ノートに書き出し、その目標を毎日見返す。
    そして、前日にできたことを振り返り、今日、目標を達成するために何をするかをノートに書き出し、アクションする。
    アクションは、10秒。
    この繰り返しで、少しずつ変わっていく。
    まずは、「ぶっとんだ目標」を恥ずかしがらずに書いてみよう。

    3か月前に始めた「できたことノート」の取り組みと、この「行動イノベーションノート」を融合させよう。

  • 誰にでもできそうだけど、なかなかできないだろうな。

    内容的にはもの凄くライト。で、読みやすい文章。

  • 目標を書く
    1,仕事・社会貢献
    →PJの遂行。人工知能のネクストPJにつなげる

    2,お金・モノ
    →仮想通貨で20万儲ける

    3,時間
    →有給10日消化

    4,人間関係
    →社外メンター、宇治研との交流

    5,心身の健康
    →-5kg
    →ボルダリング

    6,学び・趣味

  • 【びっくりするほど似ていた!】
    「何が」かというと、今広めている「逆算手帳」のコンセプトと。お片づけのセオリーと同じように、紙に書き出すセオリーも、共通点が多分にあることを実感。
    実践していることのオンパレードで、「その方法で大丈夫!」と太鼓判を押していただいたような気分です。ありがとうございます!
    あえて星をひとつ削った理由は、7つの口癖の転換方法まで伝えていたらほぼパーフェクト!だと感じたから。
    とても読みやすいので、オススメです♪

  • タイトルに興味を持ち読んでみましたが、内容的には凄い事が書いてある訳でもなく、この手のジャンルに似たような印象を受けました。それでも、著者自らがその方法で変わったと言う事で、人によっては効能を感じられるかもしれません。個人的には後半は読み飛ばしするほど、あまりメリットを感じませんでした。

全15件中 1 - 15件を表示

先延ばしは1冊のノートでなくなるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

先延ばしは1冊のノートでなくなるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

先延ばしは1冊のノートでなくなるを本棚に「積読」で登録しているひと

先延ばしは1冊のノートでなくなるの作品紹介

のべ7800人が劇的に人生を変えた行動イノベーションノートで本当にやるべきことを後回ししなくなる。達成したいこともどんどん実現できる。

ツイートする