卵のように軽やかに―サティによるサティ (筑摩叢書)

  • 13人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Erik Satie  秋山 邦晴  岩佐 鉄男 
  • 筑摩書房 (1992年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480013620

卵のように軽やかに―サティによるサティ (筑摩叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ≪県立図書館≫

    サティが好きで読みだしたけれど、途中で飽きてしまった。
    すごい皮肉屋さん。
    おそらく人に読ませるために書いたものではないメモ的なものもたくさんあった。
    サティのつぶやきが聞こえてくる思いがした。
    音楽喜劇なんて、私にはさっぱりわからん。
    でも、メデュースの惑う心は伝わってくる気がした。

  • サティによる文章集。断片や詩のようなものなど。サティの音楽を聴きながらぱらぱら見ていると雰囲気が良い。サティによるイラストも少し入っている。家の絵がいい。ときどきぱらぱらめくりたくなるかんじ。

  • サティの書いた変な文章を集めた本。おもしろい。

  • 「私をすきな人は私の犬が好きなのだ」 E.Satie

全5件中 1 - 5件を表示

エリック・サティの作品

卵のように軽やかに―サティによるサティ (筑摩叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

卵のように軽やかに―サティによるサティ (筑摩叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

卵のように軽やかに―サティによるサティ (筑摩叢書)の作品紹介

長いあいだ音楽史のページからはみだし者のように扱われながらも、J.ケージ、B.イーノら現代音楽の旗手たちに多大な影響を与え、多くの愛聴者をえるようになったその音楽の謎を、サティ自身が書き残したことば-膨大な断片、書簡、講演原稿、音楽論、詩、音楽劇の中に探る。

卵のように軽やかに―サティによるサティ (筑摩叢書)はこんな本です

ツイートする