「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)

  • 47人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 浜本隆志
  • 筑摩書房 (2011年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480015297

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宮沢賢治に関する箇所

  • 深夜テンションというのも助けてなのか、おもしろすぎて死にそう。

  • レビューはブログにて
    http://ameblo.jp/w92-3/entry-11151480648.html

  • すごくザックリ言うと、ヨーロッパの窓は外敵を意識した閉じる窓、日本の窓は自然に開放した広い窓。ヨーロッパは押す、日本は引く。ヨーロッパは発信、日本は受信。窓だけでなくて、いろんなことにその思想が染み込んでいると。
    窓という建築のパーツそのものの本ではなく、窓を通した民俗的背景にだいぶページが割かれています。
    導入部は非常に楽しく読めたのですが、終盤はウインドウズ(OS)とかモバイル機も窓だ、などという話に展開してしまって、強引さを感じました。日本が頑張れるぞ、ということを伝えたかったのかもしれませんが、本書の趣旨としては9章で終わってしまってよかったのでは。

全4件中 1 - 4件を表示

浜本隆志の作品

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)に関連するまとめ

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)の作品紹介

建築物に欠かせない「窓」。この身近な建築表象を歴史的にふりかえってみたとき、どのような相貌があらわれてくるのだろうか。日本とヨーロッパの様々な文物を織り交ぜながら、その土地に住まう人々が窓の造形に込めた感情と思想の来歴、文化構造の相違と影響関係、そして文明的意味を探る。

「窓」の思想史: 日本とヨーロッパの建築表象論 (筑摩選書)はこんな本です

ツイートする