世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)

  • 72人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Liaquat Ahamed  吉田 利子 
  • 筑摩書房 (2013年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480015792

世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20150304-0331 第一次世界大戦直前から戦後にかけての欧州の状況を、金融経済を軸にして生き生きと描いている。4人の中銀総裁、特に英ノーマンと米ストロングが魅力的、ケインズも若手の論客といった感じで登場人物の造詣が丁寧なのが良い。読み進むうちに、金本位制に限界が来ていることや当時の中央銀行システムが旧態依然としていることなどがわかってくる。下巻はついに金融恐慌直前から第二次大戦直後まで。

  • とても読みやすいのです。
    判り易いのです。
    世界を単純に理解できます。
    その分、うそ臭さが漂います。

  • 337.99||Ah||1

全4件中 1 - 4件を表示

ライアカット・アハメドの作品

世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)に関連するまとめ

世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界恐慌(上): 経済を破綻させた4人の中央銀行総裁 (筑摩選書)はこんな本です

ツイートする