文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)

  • 15人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 芳賀徹
  • 筑摩書房 (2017年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480016461

文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代の天下泰平が生んだ文化について幅広い見地から論じた本。
    それはそれでいろいろと教えられるものはあったが、タイトルから予想していたものとは少々違っている印象。それがやや評価が低めの理由。思い込みだけで本を読んではいけない。

全1件中 1 - 1件を表示

芳賀徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)を本棚に登録しているひと

文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

文明としての徳川日本: 一六〇三―一八五三年 (筑摩選書)はこんな本です

ツイートする