新編 洛中生息 (ちくま文庫)

  • 15人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 杉本秀太郎
  • 筑摩書房 (1987年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480021830

新編 洛中生息 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012/2/7購入

  • みすず書房から出た「洛中生息」に「続・洛中生息」からも数篇を加え文庫化されたものですが、もとは、ようは京都新聞に載ったもの。いまや財団となった杉本家について書かれたものはおセレブすぎで、よそのこと、ですが、これは歩く杉本先生なので、同じ道を歩くことができます。それももうなくなった道を。いまや山も町も荒廃してしまった、と言いながらある京都を幻視しつつ歩く、その無残な姿を晒した町こそが、ちょうど70年代、幼い、物心つくまえの私が見た町なので。そしてこうやって、解説で二重映しといわれる京都は、読むもの(京都新聞購読者)によって、三重に四重にと重ねられ、失われ。鮮やかに、やはり聢としかなりようがないのでした。

全2件中 1 - 2件を表示

杉本秀太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新編 洛中生息 (ちくま文庫)の作品紹介

洛中の町家の、二百余年伝来の旧家に生まれ育ち、ヨーロッパの文物にも通暁した著者にして、はじめてとらえられた京都の日常生活の姿が、ここにはある。名著『洛中生息』『続・洛中生息』を新たに編み直した真の京都案内の書。

新編 洛中生息 (ちくま文庫)はこんな本です

ツイートする