太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)

  • 103人登録
  • 3.69評価
    • (10)
    • (9)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 太宰治
  • 筑摩書房 (1988年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480022523

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「富嶽百景」混乱から立ち直りつつある安堵感と倦怠感が面白い。月夜の青い富士山が見てみたくなった。この作品以降から、もううんざりの「死んじゃおうか」話もだんだん読める物になってくる。

    「葉桜と魔笛」でも「新樹の言葉」でも、この人が「よいもの」として書く若者って、黒目がちで色が白くてほっぺが赤そう。なにかみずみずしくて良い。

  • 2000.01.01

  • 歌をうたっているような文章が心地よい。しかし、まったくおもしろくない、または意味がわからない作品が多かった。特に前半はつらかった。とりあえず、私小説および心中物の太宰はもううんざり。

    別の短編集で読んでいてすでにお気に入りの「満願」「富嶽百景」「女生徒」以外では、「燈籠」「I can speak」「葉桜と魔笛」「愛と美について」がよかった。なんとなく、自分に合う太宰のジャンルがわかってきた。おそらく、太宰好きを称する人が好むと思われる「創生記」「喝采」「二十世紀旗手」などは好きになれない。

  • 本当の太宰は明るい太宰だという人があるけれど、私は違うと断言するね。絶望でこそ太宰、この真実が一極集中する境に明るさが見えるだけよ。綺麗な名作が多い本書だったが「女生徒」や「姥捨」がやっぱり好きだね。

  • 創生記、喝采、二十世紀旗手、あさましきもの、HUMAN LOST、燈籠、満願、姥捨、I can speak、富嶽百景、黄金風景、女生徒、懶惰の歌留多、葉桜と魔笛、愛と美について(5篇)

  • だから難しいのだ、太宰治orz

    生きづらさの中にもがく感じ、何なんだろうか…。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。

    http://nestle.jp/entertain/cafe/

    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!という
    このコーナー。

    第6回目に紹介されたのは、太宰治の「女生徒」に登場するロココ料理。

    ―お皿ひとつひとつに、それぞれ、ハムや、卵や、パセリや、キャベツ、
    ほうれんそう
    お台所に残って在るもの一切合切、いろとりどりに、
    美しく配合させて、手際よく並べて出すのであって、

    たいへん贅沢な
    ご馳走のように見えるのだ。

    卵のかげに、パセリの青草、その傍に、ハムの赤い珊瑚礁がちらと顔を
    出していて、
    キャベツの黄色い葉は、牡丹の花弁のように、鳥の羽の
    扇子のようにお皿に敷かれて、
    緑したたる菠薐草は、牧場か湖水か。

    料理は見かけが第一である。―

    原宿ブックカフェ公式サイト

    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html

    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 『HUMAN LOST』が読みたくて購入。……が、序盤が兎に角読みづらくて苦悩したのでよっぽど諦めようと思ったけど、途中から突然読みやすくなってビビった(笑)。『富嶽百景』は地元なので要所要所でニヤニヤさせてもらった。女学生目線で書かれた『女生徒』は「この人こんなのも書けるんだ!」と驚いた。『愛と美について』の5兄弟はめんどくさそうだなぁ…と思いながら読んでいたら最後のお母様の大オチに爆笑。『火の鳥』が未完なのが惜しい。そんな感じで、結構楽しんでたみたい、私。

  • あさましきものー
    立ち話から得たエピソーソ3つ。タバコ屋の娘とシネマ俳優/禁酒すると宣言し、その3日後に飲酒して娘に謝りに行くが娘は「約束したんだからwそんなお芝居やめてwww」と。彼女のピュアさに俳優はちょっと悪い思いをする。
    結婚詐欺で懲役五年/肺を病んでいる彼の罪を軽くしてやろうかと検事が思ってるときにリアル咳を3回、その後に嘘の咳を2回。その時の検事の苦笑が忘れられないと。これはいごこちがわるいに違いないwww

  • 青空文庫にて「火の鳥」読了。未完が惜しい。さちよの考え方や仕草は太宰の理想だったのかな。

全15件中 1 - 10件を表示

太宰治の作品

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)を本棚に登録しているひと

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)はこんな本です

太宰治全集〈2〉 (ちくま文庫)のKindle版

ツイートする