ピクウィック・クラブ〈上〉 (ちくま文庫)

  • 23人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 北川 悌二 
  • 筑摩書房 (1990年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (515ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480023834

ピクウィック・クラブ〈上〉 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『実業界を引退したゆたかな紳士ピクウィック氏は、素朴な人柄で、人間愛に満ちた人である。彼は行く先々で人を助け、悪をこらしめようと力をつくす。しかし、人がよすぎて、かえって失敗ばかり……。明るく楽しい笑いの底に人間回復の願いを託す、ディケンズ最初の長篇小説』展開の妙。描写も的確。伏線もしっかり効いており、これによってディケンズは二十代半ばにして圧倒的人気を獲得することになる。

  • サミー、ステキ☆
    サミー登場で部数が100倍になったらしい。

全2件中 1 - 2件を表示

チャールズ・ディケンズの作品

ピクウィック・クラブ〈上〉 (ちくま文庫)の作品紹介

実業界を引退したゆたかな紳士ピクウィック氏は、素朴な人柄で、人間愛に満ちた人である。彼は行く先々で人を助け、悪をこらしめようと力をつくす。しかし、人がよすぎて、かえって失敗ばかり…。明るく楽しい笑いの底に人間回復の願いを託す、ディケンズ最初の長篇小説。

ピクウィック・クラブ〈上〉 (ちくま文庫)はこんな本です

ピクウィック・クラブ〈上〉 (ちくま文庫)のKindle版

ツイートする