ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 土岐 恒二 
  • 筑摩書房 (1990年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (490ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480024886

ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “精神”分析に興味のある方には、得るものが多くあります。
    著者ペータースはもちろん、「序文」のアナイス・ニン、解説者の富島氏の文章にも、その道への造詣の深さがはっきりと読み取れ、ルーの波乱に満ちた人生の上部だけをすくい上げたものではなく、その‟意味”にきちんと光を当てた、厚みのある内容となっています。
    女性の自己実現の一モデルとしても、学びと勇気を与えられる、貴重な資料です。

  • 一般的には悪女として認識されているルー・サロメだが、著者H.F.ペータースが愛情をもって書き上げた評伝。
    ニーチェ、リルケ、フロイトとのエピソードはもちろん、ロシアで過ごした少女時代に体験したギロートとの逸話も魅力的だった。
    この世に生を受けるのが早すぎたために、自己探求の欲求が追いつかなかったのではと思わされた。
    このような生き方ができないだけに、何度も大切に読み直したい1冊である。

  • \105

全3件中 1 - 3件を表示

H.F.ペータースの作品

ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)はこんな本です

ルー・サロメ 愛と生涯 (ちくま文庫)の単行本

ツイートする