ケルト民話集 (ちくま文庫)

  • 75人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (6)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 荒俣 宏 
  • 筑摩書房 (1991年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480025647

ケルト民話集 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「罪を喰う人」にとりわけ惹かれる。「オミサマノナサケガココロニシミルヨ」という老婆のぬくいささやきと、黒々とした荒波にかき消える<罪を喰う人>のまっ白い顔とが、トラウマ相当に異郷的な臭いを放つ。

  • 特にスカンジナビアのケルト。ゲルマンが入ってしまうとキリスト教義が入って来てしまって秩序だってるので、あんまり面白くないです。個人的な話。

  • 民話やおとぎ話とかは世界中にある。が、ここまで希望のないお話は珍しいんじゃなかろうか。ケルトの人々を狂死するのが好きな民族って誤解しそうだ。なので現在イロイロ調べ中。
    ゲール語がちょこちょこ出てるのが口惜しい。知ってるゲール語は「シューラ・ルーン」だけなのだよ。意味は「道中ご無事で」です。

全3件中 1 - 3件を表示

フィオナ・マクラウドの作品

ケルト民話集 (ちくま文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ケルト民話集 (ちくま文庫)の作品紹介

謎の女性作家が紡ぎ出した、スコットランドケルトの、想像力と魔法とロマンス溢れる物語。満ち潮のとき静かな狂気に身をまかす、生者と死者の間で太古の呪文を唱える巫女、悲しみの岩の影で不死の愛を誓い合う恋人たち。よるべない荒涼とした小島イオナを舞台にくり広げられる、ケルト的な哀しみのすべて。

ツイートする