ママがプールを洗う日 (ちくま文庫)

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 筑摩書房 (1992年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480026606

ママがプールを洗う日 (ちくま文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男性にとって、女性の突拍子の無い言動は理解しがたいのかもしれないが、あれにもちゃんと動機はある。この短編集に出てくる女性たちは女性が読んでもチンプンカンプンなレベルで動機が曖昧模糊としている。強いて言うなら「数のおけいこ」が一番ましだった。

  • 短編集。収められた作品はそのその殆どが夏を舞台にしていて、どれも倦怠感が漂う。
    んー、正直合わなかった。読み終えた後、殆ど記憶に残らなかった。
    中で印象に残ったのは「大移動」「深夜興行」。

  • ミランダジュライに通ずるものがある。みんな、誰かを愛してるようでいて愛していないような、あやふやな感じが心地いい。

  • 表題作が好き。

全4件中 1 - 4件を表示

ピーター・キャメロンの作品

ママがプールを洗う日 (ちくま文庫)はこんな本です

ママがプールを洗う日 (ちくま文庫)の単行本

ツイートする